« 今 羽ばたこう勝利の空へ | トップページ | 夏祭り »

2005年6月21日 (火)

「後肢の球節の骨片を摘出する手術をした」だとぉー

 母シアトルデライターに関する某雑誌の記述。

 実はドラフト前は大して研究していない。今回も「ラストだしサンデーだけ10頭取るぞ」とマイルールを作ってあとは、サンデー産駒107頭を順位付け。ドラフトではそのランキングの上位から機械的に指名するだけである。順位付けも吟味・考察するわけじゃなく、本や雑誌のレヴューの「まんま」。

 逆にドラフト後は取った馬の評価が気になりだし、買ったまま読んでなかったPOG本やドラフト後捨てられている雑誌なんかを漁って見たり…。するってぇとあるんだよね、こういう「ドラフト前に教えてくれよ」的なものがさ。まあ、俺の場合事前調査が不十分という意味で自己責任100%なんだが…。

 といっても「うっかり指名」は俺の専売特許なわけでもなく毎年毎年誰かしらやっちゃうんだよねぇ。例えば今年だと

 「サルール 喉鳴り手術で年内のデビューは厳しい」
だとか
 「エアグルーヴ03、デビューを前に競走馬を断念」
なんかを取っちゃってる方もいるわけで、「年内デビューが厳しい」程度ならまだしも、「競走馬を断念」ともなると、ヤッちゃった女が実はニューハーフでしたくらいのショックなんだろう、多分。

 そんなこんなでいろいろでてくる俺の馬達への好評・悪評を…

母グレースアドマイヤ デビューは遅くなる
母カートゥーン 際立った超大物、という感じではない
母ブロードアピール 比較的奥手、さらなる成長が待たれている
ギーニョ 比較的晩成
グランオマージュ 現状は少し弱い面がある
サンヴィクトワール 牝馬にしては重厚

 悪評ばっかり…、あまり期待しすぎるなという警鐘か…?

|

« 今 羽ばたこう勝利の空へ | トップページ | 夏祭り »

コメント

コメントいただきありがとうございます。
 母カトゥーンは骨折で全治4ヶ月以上。母ヤマパラも阪神デビュー見送りとあまり楽しみのないPOGの序盤を過ごしています。
 飽きやすく、ずぼらな性格なのでブログもどこまでやるの?という感じですがたまに見にきてやってください。では。

投稿: 義弟 | 2005年7月 8日 (金) 21時55分

以下、「フサイチネット」からの引用です。

■2005/02/23 昨年10/25に右後肢球節の骨片を取り除く手術を行い、術後の経過は順調。年明けより騎乗馴致をして現在は軽いキャンターの運動をしている状態。術後の患部も問題なく徐々にペースアップしていく。馬体重489キロ。

■ 2005年07月01日 コンスタントに15-15の調教メニューをこなしている。乗り馴らしのスタート時期が遅かったこともあり、秋の入厩を目指して夏は北海道でじっくり乗り込んでいく。
「牧場とも話をして『ゆっくりのほうがいい』ということで、秋くらいに栗東トレセンに入れてデビューを目指す予定です」と山内調教師。
馬体重は502キロ。

  私もこの馬のPOになりました。ギーニョと2頭かぶったね。「隣の芝生」という言葉もあります。お互い頑張って愛馬を応援しましょう。

投稿: とおりすがりの義兄 | 2005年7月 5日 (火) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/4654023

この記事へのトラックバック一覧です: 「後肢の球節の骨片を摘出する手術をした」だとぉー:

« 今 羽ばたこう勝利の空へ | トップページ | 夏祭り »