« お里紗 | トップページ | 見ざる、聞かざる、海猿 »

2005年7月 3日 (日)

幸福と幸福感

中村雅俊がラジオでそんなことを言っていたのを聞いた。

 例えば入試の話。一生懸命勉強して合格したとき幸福感がピークに達するのだが、いざ入学して数ヶ月・数年がたったとき、今も自分が求めていた幸福な状況にいるにもかかわらず幸福感は薄れていってしまっている。みたいな話だった。
 ♪試されてまでも ここにいることを決めたのに
    呪文のように 仕方ないと つぶやいてた
 とスキマスイッチ「全力少年」も唄っているが、どうも人間は自分が求めて今ここにある状況に満足できず、ともすれば逆に不満に感じたりすることが多いようだ。

 なんでもそうだけどね。

 結婚もそう。この人と一緒になりたいという一心で夫婦になったはずなのに、幸せを感じていられるのはせいぜい新婚旅行くらいまでとか。二人で生活という望んでいた状況は継続されているにもかかわらず…。
 就職もそう。必死で就職活動した結果入った会社なはずなのに、日々辞めることばかり考えてる。働き場所があるという状況は継続しているにもかかわらず…。
 あと、買い物なんかもそーかも。頑張ってお金ためて、吟味して買った商品なのに、ひと月もすると扱いがぞんざいになったり。欲しかったものが今も目の前にあるにもかかわらず…。

 幸福感を持続させるのは大変だ。なぜなら、幸福のインパクトは日に日に落ちていくためドキドキワクワク感は間違いなく失くなっていくから。むしろ幸福感を持続する必要はなくって、今の自分が過去の自分の思い描いていた状況のなかにいるのかどうかを振り返り、それでも今の自分は不幸で、今の状況に不満なのかを考えてみるのが大事なんだろう。
 わりと不当に自分の状況を悲観視してしまっているかも…。なんてことをちょっと考えた。

 それにしても、中村雅俊、乙葉の結婚に関するコメントくらいでこんな深い言葉を吐くとはさすが「夜逃げ屋」、人生の機微を知っているというか…。

 「はじめてディズニーを見たときの喜びを、はじめてギターを手にしたときの感動を、いつまでも忘れずにいたいと思います」と20年くらい前誰かも言っていたなぁ。

<今日の競馬>
G3函館スプリントS ◎シーイズトウショウ→1着
             ◎プレシャスカフェ→9着
G3ラジオたんぱ賞 ◎トップガンジョー→5着
             ◎ダブルティンパニー→9着
本日の収支  -5,410円
05年の収支-96,110円
 うーむ、一日部屋にいると無駄打ちが多いな。。。PAT口座残金は2800円。追加入金してよろしいでしょうか?(to妻from夫)

|

« お里紗 | トップページ | 見ざる、聞かざる、海猿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/4807505

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福と幸福感:

« お里紗 | トップページ | 見ざる、聞かざる、海猿 »