« 8/28 | トップページ | 駒大苫小牧部長の暴力騒ぎ »

2005年8月20日 (土)

アイビスSD

 右側のラチを見ながらでないと好走できないカルストンライトオ。ちなみに(右にラチの無い)左回りの成績は0-0-1-5だ。新潟直線のこのコースも勝った2戦はスタート後右ラチ(外側)にまっしぐら。特に昨年は5枠5番から大外へダッシュ(^_^;)それでも勝つんだから実力が断然なのは間違いない。

 ところが今年は1枠1番。てことでこのレースの見所&ポイント。
  「それでもカルストンライトオは大外を目指すのか?」

 能力断然のこの馬とはいえ、最内から大外まで斜めに走ったら直線1000mの超短距離レースではロスが大きすぎる。さらに自分の右側(外側)には残りの12頭がいるわけでそのどれよりも早くスタートを切り、どれよりも早く右ラチにたどり着かなければならない。ソルトレイクスターとかテイエムチュラサンとかウェディングバレーとかカフェボストニアンとかいかにも邪魔になりそうだ。ダービージョッキー大西がどうさばくのか、なんか楽しみな一戦である。

 これで普通に内枠をまっすぐ走ったりして、しかもそれで勝っちゃったりしたら今日のブログは削除だね(^_^;)



 

|

« 8/28 | トップページ | 駒大苫小牧部長の暴力騒ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/5559235

この記事へのトラックバック一覧です: アイビスSD:

« 8/28 | トップページ | 駒大苫小牧部長の暴力騒ぎ »