« ディープインパクト | トップページ | 最近 »

2005年10月26日 (水)

日本シリーズ

もちろんスワローズは出てないわけですが。。。。

4の0と圧勝で千葉ロッテマリーンズが日本一に、まずはおめでとー(^^)

結果論なのを承知で言うと、3戦目のタイガースの投手リレーがねぇ。。。
JFKの一角、藤川をビハインドで投入したまでは良かった。その藤川が打ち込まれ、差が4点に広がった場面で桟原。うーーん、ファンもブーイング気味だったけど、ここでウイリアムスを投入しなかったところでなんかシリーズの形勢が決まってしまったような。「まだ諦めない」という姿勢を見せて士気を高めることと、ウイリアムス・久保田という日本一の救援陣を試運転させるという意味でも3戦目は負けていてもJFKを投入すべきだった。
 このシリーズ、似たもの同士の対戦と言われ、ここまで一方的になる展開は予想されていなかった。ただ、決定的だったのはバレンタインと岡田のベンチワークの違いではなかったか。ってか、岡田監督何もしなさすぎ。1、2、3戦と岡田はただ負けただけだった。短期決戦では、どんなに点差が開いたゲームでも次戦以降に活かせる何かを常に模索しなくてはならない。どの投手が相手に対して通用するのか、どの野手の調子がいいのか、どの作戦が有効なのかなど、点差が開いているからこそ試せることもあるだろう。敗戦処理のような投手起用、消化試合のような采配はしてはいけないのだ。我がスワローズの黄金時代を作った野村監督、80年代の名将ライオンズの森監督もそうだったし、前任の星野やおそらくバレンタインも展開が逆であればそういうことをしかけてきたはずだ。
 マリーンズは確かに強かった。その実力を存分に発揮し、見ているほうもあまりの勝ちっぷりに気持ち良いくらいだ。実はマリーンズのほうがかなり総合力が高かったのかもしれない。ただ、あっと驚く投手起用、意表をつく作戦、秘密兵器の投入など短期決戦ならではの化かしあい、一球一打に一喜一憂するような野球も見たかったなぁと思う。

 来年は古田vs野村で頼む(^_^;)

|

« ディープインパクト | トップページ | 最近 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/6645047

この記事へのトラックバック一覧です: 日本シリーズ:

« ディープインパクト | トップページ | 最近 »