« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月27日 (日)

しかしデットーリという騎手は

凄いね。

昨日のJCDも良かったが、今日のJCは今年のベストレース。

直線、外に出し横綱相撲を見せようとするデザーモとゼンノロブロイ。
その後ろから内をものすごい脚で追い込むルメールとハーツクライ。
それらをハナ差押さえきるデットーリとアルカセット。
2.22.1は決して破られることがないだろうと思われていたホーリックスのレコード超え。

好タイムを演出したのはハイペースの逃げを見せたタップダンスシチーとストーミーカフェ。しかし彼らも決して自爆的な逃げをしたわけでなく、勝つための最善策だったはず。タップにいたってはあれだけのペースで逃げてなお10着に粘っている、あっぱれ!!そして日本騎手最先着はやはり!やはり!!やはり!!!この人はやってくれました、武豊と元PO馬リンカーン。大本命ゼンノロブロイを捕らえるかという大激走には正直ビックリ、久々にPO馬応援で手に汗握った(後で冷静になってみると、もしリンカーンがロブロイをかわしてたら馬券はハズレてた。結果オーライなような、残念なような…)。

1着デットーリ・2着ルメール・3着デザーモ・4着武豊・5着ファロンと、とにかく世界の一流騎手と実力馬がその実力を存分に発揮した好レース。レースを見ていて鳥肌が立ったのは今年初めて。このレースを超えるものをディープ見参のクリスマス有馬でもう一度見たい。頼むぜ、JRA!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメント&トラックバックで

「本田美奈子さん死去」の記事以降、面識の無い方たちからもコメントやTBを頂くようになった。非常にありがたい話である。そんなに多い数ではないのでできるだけコメント返し・TB返しをするように心がけているのだが、困るのは相手のブログにコメントする時にメアドの入力を求められるケースがあることだ。正直、その方たちとすぐにメールのやり取りを行う可能性は低く必要性を感じない上に、失礼な話だが見ず知らずの人に自分のメアドを告知するのはあまり気が進まない。かといって、せっかく付けてくれたコメントにはお返しもしたいし…。というジレンマをここ6時間ほどの間に2件ほど感じたので(^_^;)ヤフーでフリーのアドレスを作り、これでコメントを返すことにした、6時間も悩む話じゃないか。。。ちなみに俺のブログはコメントに対して何の制限も無い。メアドやURLどころか名前すら入力がなくてもコメントできてしまう、ってこれはこれでどーなのかという話なのだが、ぶっちゃけ名前やURLの入力を強制する方法がわからない(^_^;)今のところ名も無き発言者はいないが、さすがに名前とURLの入力くらいは必須にしたいところだ、でも多分しない、ってかできない(-_-;)。

ついでにブログの設定のへんをつついていたら、俺のプロフィールの名前が「あぶらず」だってことに気がついた。いやー、驚きましたねぇ(^_^;)。自分で自分の名前は「つばめ」にしたと思っていたので、コメントつけるときとか「管理人つばめ」って打ってたもんね。いないと思うけど混乱してた人がいたとしたらごめんなさいm(__)mここの管理人は「あぶらず」です。今後ともよろしくということで、どうかひとつm(__)mちなみに、「あぶらず」の語源は、言わずもがな、だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JC

JCDは当然のごとくはずれ(^_^;)、さぁJCだ。

今年は外国勢の鼻息が荒い。というより、海外通ジャーナリストの鼻息が荒い。
海外競馬と言えば…の合田直弘氏は「掲示板(5着以内)に外国馬が3頭以上乗らなかったら坊主にする」とぶちまけていたし、レーシングジャーナリストの奥野氏は「バゴは戦ってきたレースの格が日本のG1とは一段違うんですよ」と7番人気(15倍)に驚きの御様子だ。

 でも、でもでももう騙されないぞーーーっ!!!

 軸はゼンノロブロイ&ハーツクライ。ハーツクライが2番人気ってのは人気しすぎてて嫌だが、天皇賞秋のようにバカみたいなスローペースにさえならなければこの2頭は必ず3着以内にくる!!合田さんの坊主宣言よりこっちのが自信ある!!!だから、タップとかストーミーとかビッグとか逃げ馬はきちんと逃げて、レースを作ってくれ!!頼むm(__)m
 とは言ってもこの2頭、勝ちきる感じではないので馬券は3連複で、相手は手広くアドマイヤジャパン・リンカーン・ウィジャボード・ベタートークナウ・バゴ・アルカセット・スズカマンボへと。特に武豊様、カネヒキリで頑張んなくていいので、リンカーンを何とかしてくれ!!!(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005年11月26日 (土)

JCD

JCDとかJBCとかJDDとかダートグレード競争はレース名がややこしい(^_^;)

で、今日は土曜日なのにG1のジャパンカップダート=JCDだ。

<ポイント>
1.3歳馬は本当に強いの?
  カネヒキリ1番人気、サンライズバッカス5番人気。正直ディープインパクト以外のこの世代が強いのか弱いのかまだ判然としないこの時期に世界を相手にこの人気?サンライズバッカスは消し、カネヒキリは押さえ。
2.外国馬は弱いの?
  ラヴァマン(米)7番人気・タップデイ(米)10番人気。この2頭は逆に評価が過小すぎる、アメリカのダート馬はとりあえず押さえなくちゃ。けど、さすがにエキセントリック(英)は無い、消し。
3.日本古馬の順列は?
  毎度おなじみの元PO馬パーソナルラッシュ。この馬はPO馬だったから追いかけているわけではなく、本当に強い。ダービーグランプリとかカネヒキリなんか目じゃないタイムで勝ってんだし。。。ただ7-0-1-8の総合成績が示すように勝つか掲示板の外かと言う極端なムラ馬。2・3着は無いので今回も馬単・三連単の頭だけで買う。軸としてはタイムパラドックス。実力・実績ナンバーワンなはずなのにこの大一番で武豊に振られてしまったことだけがどうでるか、今回はペリエに乗り替わり。もう一頭の軸がサカラート。馬の強さはもちろんだがなんといっても鞍上デットーリが魅力。

<結論>
まずはタイムパラドックスとサカラートを軸にラヴァマン・ユートピア・シーキングザダイヤ・タップデイ・カネヒキリまで三連複を5点。そして、パーソナルラッシュの狂走を頼りに、パーソナルラッシュ頭の馬単をタイムパラドックス・サカラート・ラヴァマン・ユートピア・シーキングザダイヤ・カネヒキリへ6点、さらにパーソナルラッシュ頭の3連単をタイムパラドックス・サカラートへ2点。これで勝負!!!

土曜日からなんかワクワクするなぁ(^^)1時間後は如何に。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

マイルCS

39度の熱がでた。

39度熱があっても6:30に出社して働いている。
39度熱があっても馬券は買っている。

アホだ。。。(-_-;)

3連単
1着 デュランダル
2着 ラインクラフト・ダンスインザムード
3着 ラインクラフト・ダンスインザムード・サイドワインダー・キネティクス

熱のせいかわりとマトモな予想(^_^;)元PO馬のウインラディウスは単複100円ずつで応援。あとは外国人が突っ込んでこなきゃ当たるっしょ!?実はその外国人が問題なんだけどね、ペリエとかルメールとかペリエとかルメールとかペリエとかルメールとか……。

<レース後追記>
1着ペリエ2着ルメール。。。(-_-;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

作業療法士

15歳も歳の離れた弟から、専門学校の試験に受かったと連絡があった。

本当に良かった。
作業療法士という自分の目指すべき道をはっきり定めて今まで活動してきたことが実ったと言う点でも喜ばしいし、おそらく人生で初であったろう面接のプレッシャーから開放されたであろう事も喜ばしい。学校推薦のための面接・本番での面接(どちらも相当な難関だったと聞いている)のため彼は父を相手に何度も何度も面接のロールプレイングをしたらしい、それこそ父がうんざりするほど…。このようにひとつのことを達成するために実直な努力を重ねるという姿勢は我が家族には全く見られなかった資質で、彼はまさに突然変異だとしか言いようがない。賞賛・驚愕・脱帽である。でも本当におめでとー(^^)

俺は職業には貴賤があるものだと思っている。俺がやってる問屋の内勤なんて「賤」の最たるものだが彼が目指す医療関係の特に療法士の仕事は間違いなく「貴」の仕事だ。彼の人生なので兄弟とはいえ口を挟む気はないが、せっかく、「貴」の方向へ進むチャンスを得たのだからドロップアウトすることなく、「職業には貴賤があるなぁ」なんて感じることのない人生を歩んでもらいたいものだ。

唯一の懸念はこれで、彼は大きな挫折を経験することなく10代を終えてしまうことが濃厚になったという点だ。うちのめされるような大きな壁にぶち当たったとき彼はそれをどう乗り越えるだろうか。そこがクリアできれば前途洋洋な人生が待っているはず、ちょっと褒めすぎか(^_^;)、ま、身内なんで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

女が会社で泣いている

「カカリチョー また○○さん(女)が××セールス(男)に泣かされてまーす。」

いや、愛人とかそーいうんじゃなくて。。。
ってかネタにするのもどーかと思うんだけどさ、でもね、やっぱ感じちゃうわけよ。
おいおい、ここは小学校の教室かよ。。。?てさ。

ただ、泣くほうも泣かすほうもいろいろあったんだろうなんて俺は考えない。どんな事情・背景があろうとも女は泣かせたら駄目でしょ。泣いた女が善、泣かせた男が悪、これが正解、常に、どんなときも。ましてや職場の同僚相手に、泣かすほどエキサイトする必要は皆無だしね。こんな事書くと「あんただって、いっつも私のこと不必要に泣かしてんじゃん」と妻から猛烈に突っ込まれそうだが、ごもっともでございます。泣かれたときは「あちゃー、やっちゃったー」と反省しているんだけどね、俺も今ひとつ学習能力が。。。。でも女を泣かす男のかっこ悪さみたいなのを目の当たりにしちゃうとマジで猛省するね、「人の振り見て・・・」ですな。改心した俺に期待してください→妻へ。

それはそうと、この件は本人から事情を聞いて何か対策を。。。って流れになるんだろうけど、対策って。。。。。?
「俺の部下をこれ以上いじめないで」って男に言うか、
「彼が優しい男になるまで我慢して」って女に言うか、
あー、頭痛ぇー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

TRICK 新作スペシャル

TRICK復活なのだ!

エリザベス女王杯もあるけど

TRICK復活なのだ!!

武豊エリ女5連覇がかかってるけど

TRICK復活なのだ!!!

プロ野球アジアシリーズ決勝戦もあるけど

TRICK復活なのだ!!!!

ロッテが初代チャンピオンになりそうだけど

TRICK復活なのだ!!!!!

今日は「あるある」や「ウルルン」なんて絶対見せないぞ、そっちを見るなんて言った日にゃあ、俺は。。。家出するね(^_^;)

一応エリザベス女王杯予想も。3連単フォーメーションで20点。
1着 スイープトウショウ エアメサイヤ サミットヴィル
2着 スイープトウショウ エアメサイヤ サミットヴィル
3着 サミットヴィル オースミハルカ アドマイヤグルーヴ ヤマニンアラバスタ
でも、14:00~16:00までTRICK特番やってるのでレースは見ない。。。(^_^;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

歯が痛い

正確には歯茎が痛いのがまだ直らない。処置から一週間たって、投薬も続けていたが「あまり良くなっていないようですね」と。わかるさ、痛ぇもん。で、今日は良くなさげな歯茎をレーザーで切るという物理的な処置をした。

ここ数時間の当面の問題は

①麻酔が切れると痛むらしい
②しばらく出血が続くらしい
③出血しててもうがいしてはいけない
④当然飲食もガマン

というところだが、とりあえず④がつらい。11:30の予約だから帰りに飯食うつもりで腹に何も入れてないんだよなぁ。しかも、麻酔が切れて痛み出したら何かを食おうという意欲が失せてしまいそうだし。。。

寝てろということだな。

PO馬サンウ゛ィクトワール(デビュー戦)は俺が歯医者行ってる間に負けたみたいだし、もう。。。(-_-;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

携帯バージン

実は携帯を持っていない(^_^;)持っていたことも無い(プリケーを期限付きで持たされたことはあるが)。今後も持つことは無いだろう。

と思い続けていたが、ついに会社は俺に首輪をつけることにしたらしい、突然携帯が支給された。会社からも、妻からももう逃れられないというものすごい拘束感(^_^;)なんか、すごく嫌だ。つーか使い方わかんねぇし。。。とりあえず電源切る方法とマナーモードにする方法だけでも覚えよう、じゃないと病院や映画にすら出かけられねぇよ(^_^;)

でもこれでデリヘルとか出会い系デビューできるなぁ、でへへへ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

本田美奈子死去から

通夜・告別式を見ても本当にみんなに好かれていたんだということ、本当にいろいろなことをがんばっていたんだということ、そして、本当に大変な闘病生活だったんだということがわかる。ホームページでの彼女のメッセージにはさすがにぐっと来た。
 人は必ずいつか死ぬ。今生きている世界中の人間は200年後には誰もいない。俺も、俺の周りの人間も明日死ぬかもわからない。人間は死に向かって生きている。だが、短かろうが長かろうが人は自分の人生を全うする義務と権利がある。彼女は短くはあったが、彼女の人生を最後まで生き抜いた、と思いたい。

生き死にについて考えてると
「他人を殺すな」
「他人に殺されるな」
「自ら死ぬな」
という言葉に帰結する。漫画「釣りバカ日誌」で浜ちゃんが自分の息子の小学校入学にあたり贈った言葉である。ギャグ漫画の一節ではあるが、人が生き抜いて死んでいく上で最低限の精神が表現されていないだろうか。

クロベエのときもそうだったが、本田美奈子の死に間接的にとはいえ触れ、自分が生きているということ、生きてきたということについてちょっと考えた。

「風のあたる幸せってわかる?」
無菌室での生活から一時帰宅を許された彼女が外で発した言葉だそうだ。

俺は今生きている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

君が僕を想う夜

作詞/小竹正人 作曲/遠藤慎吾 編曲/増本直樹 唄/藤井フミヤ

♪せつない痛みで 溢れるこの地球は
   澄み切った青さだけ 健気に守っている
  そっと哀しみ 胸に閉じ込めるなら
  いっそ泣けばいい 僕が隣にいるさ
  もしも君が僕の事を 想い出す時は
  笑った僕を 想い出して欲しい 瞳の奥で

「もしも君が僕の事を 想い出す時は
  笑った僕を 想い出して欲しい 瞳の奥で」
のフレーズが本田美奈子の死となんかリンクしてぐっときます。

半年振りのシングルです!!
昼ドラドラマ 「緋の十字架」 主題歌です!!
すごく綺麗なバラードです!!

いっぱい売れて(^_^;)いっぱい露出して(^_^;)
多くの人に耳に届くといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

本田美奈子さん死去

信じられない訃報。「1986年のマリリン」「One way Generation」「孤独なハリケーン」とか、当時すっげぇ聞いてたし、コンサートにも行った。アイドルとして一線を退いても、80年代のアイドルの中では断然歌がうまかった彼女はミュージカル等で活躍してた。白血病で入院・闘病生活と聞いても、きっと復活してくるよなぁって感じでニュースを見てた。まだ38歳。・・・死ぬって何なんだ?

ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (1) | トラックバック (21)

2005年11月 5日 (土)

歯槽膿漏と貫地谷しほりとNTT解約

なんの脈絡もないテーマ群ですが、あえて分割するほど中身もないので。。。

その1.よーーーーーーやっとNTTの固定電話を解約(正確には休止)した。ここ数ヶ月基本料金である1,680円だけを払い続けてきたが、さすがに気付いたさ、無駄だと(^_^;)お友達の皆さん今後は050-※※※※※※※※へ、って危ねぇ、全国に番号晒すとこだった。。。別途ご案内します、NTTの番号にかけると「現在使われておりません」と冷たくアナウンスされてしまいますのでご了承願いますm(__)m

その2.奥歯のさらに奥の歯茎が激しく痛い。散髪の予約を変更して歯科へかけこんだ。「歯槽膿漏かなぁ」とかなりショッキングな見立てをされたが、レントゲン等の結果、歯茎がただれていると言うことだった。ストレスとか、不規則な生活とかが原因らしい。最近、なにかっつうとストレスだとか、不規則な食生活とか、疲れてそうとかいわれるが全くもっておっしゃるとおりなので反論のしようがない。俺だって健全な生活をしたいさ、会社がさせてくれねぇんだよ!!!歯科の後にいつもの理容室で「今日はあまりしゃべりませんね」と言われたが、ごめん大沢さん、髭剃りが頬に当たっても激痛が走るんでトークは遠慮させていただきました。来月また行きますからm(__)m

その3.スイングガールズを観た。感想、貫地谷しほりかわいぃ(^^)そういえばドラマH2にも出てたっけ。俺の中での大石里紗のシェアがちょっと下がった。どーでもいーか。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

で、JBC

JBCS
ハタノアドニス2着って。。。3連単393,070円、ハズレ。

JBCC
レイナワルツ3着って。。。3連単236,450円、これまたハズレ。
しかも、ナイキアディライトがゲートに入らず、発走が大幅に遅れ、スタートしたと思ったら「レースの途中ではありますがこの辺で名古屋競馬場からお別れいたします。」って、プロ野球中継かよ!!!

競馬中継が尻切れたので、フミヤカウントダウンライブのための宿をとりに行く。毎年、九段下とか飯田橋とか狙ってんだけど今年もソールドアウト。で、去年と同じ茅場町を予約。今年も31日12:00出発→1日21:00帰宅の33時間旅行だ、仕事が無ければもっとのんびりしたいんだが。。。ってかまだチケットすら取れてないがそっちは大丈夫なのか(^_^;)?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

さぁ、みんなでJBCを盛り上げようじゃあーりませんか

1ヶ月ぶりの24時間勤務シフトのおかげで目の周りのクマがすごい。。。。。。

さて、明日はJBCなのだ。
「え!?JBCって明日だっけ?」という方、及び、
「え!?JBCってなに?」という方、大丈夫。平均的な競馬ファンのリアクションです。

日本で唯一1日に二つのG1を行う競馬の祭典。
日本で唯一開催地を持ち回りで行う競馬の祭典。
なのにメディアへの露出はきわめて低い競馬の祭典。

知らなくて当然です。でも、今日は認知度の低さをどうこう言う気はありません。予想をアップする気もありません。競馬新聞すら手に入りませんから。。。(^_^;)

今日のネタはかなり今さらなんですが「え!?来年のJBCって盛岡じゃねぇの!?」です。最初に断っておきますが、私は地元民なので、多分にいわて競馬に肩入れした論調になるかもしれませんが、だからといって川崎競馬や名古屋競馬をどうこう言う気はこれっぽっちも無いので、その点ご理解願います。

 では、早速。先述したようにこのJBCは開催地持ち回りの競馬の祭典。ですが、スプリント(1200m)とクラシック(2000m)の距離を行える競馬場という前提があるので、正直、大井⇔盛岡を行ったりきたりするんだろうなぁという感じで(私見ですが)始まりました。事実、第一回大井→第2回盛岡→第3回大井とまさに行ったり来たりで行われていましたが、第4回はなんと大井の連続開催となりました。想像の域をでませんが、第2回で、興行収入的にコケた盛岡は岩手競馬廃止という政治的圧力のなかで誘致する余裕なんて無かったんでしょう。片輪走行となってしまったJBC、まさか、大井で3年連続行うわけにも行かなかったのでしょう、今年は名古屋で1400mと1900mと、微妙に距離を変化させ開催されることとなりました。ですが、距離は若干違えども12→14、20→19程度は(観戦する側から見れば)許容範囲、持ち回り開催をまがりなりにも貫いた点で妥当な判断と言えるでしょう。
 さて、問題は来年です。ソフトバンクの参入・条件つきながらも岩手競馬の存続という流れの中で、「ぼちぼち盛岡か」というのが、大方のファン・関係者の見方ではなかったでしょうか。ところが結果は内閣改造よりもサプライズな川崎開催、しかも距離は1600mと2100m、しかもしかも同日開催をやめ11/2(祝前日)のナイターと11/3(祝)の日中の2日間にわたり開催するというのです。 
 もう、つっこみどころ満載ですが、まずは、距離。日本のダート馬の層はそんなに厚くないんです。だから、芝馬と比べて距離適正はかなり曖昧なんです。例えば、明らかに長距離タイプなタイムパラドックスなんて馬も南部杯(1600m)で3着にきたりします。古いところではウイングアローなんて馬も、南部杯やフェブラリーS(これも16)やJCD(JBCではない、JRAのG1、2100m)で活躍したりしてました。特に長距離適正のあるダート馬は1600mでも守備範囲になってしまっているんです。ぶっちゃけ、同日開催じゃないんだったら、タイムパラドックスとか、パーソナルラッシュなんてG1連日連闘したっておかしくないくらいですよ。つまり、スプリント戦がマイルに引き上げられるってことは、クラシックに本来出走すべき馬達の選択肢を無駄に広げ、クラシックに出場する馬の全体のレベルを押し下げてしまううえに、それに伴い、本来スプリントに出たかった馬達が出走枠からはじかれてしまう可能性を作ってしまっているんです。まだあります。(なじみは無いかもしれませんが)ダートには交流重賞という制度が設けられ、距離体系によりグレード制が敷かれています。ところが、JBCのスプリントがマイルになると交流G1の古馬マイル戦はフェブラリーS・かしわ記念・南部杯+JBCマイルで年4戦(逆にG1のスプリント戦はゼロ)になってしまいます。アホか(^_^;)G1乱立が問題視されるJRAでさえマイルG1は安田とマイルCSしかないんですよ。年に4回マイルG1って。。。(ついでに言っとくとJBCの前週に行われるG3武蔵野Sもダートマイル戦。。。)少なくても、距離の面から考えると、川崎開催に固執するあまりダートグレード競争の距離体系は全く考慮されなかったということでしょう。
 次は開催日程です。競馬の祭典たるキモともいえる同一日複数G1開催を全否定ですか(^_^;)。興行収入面から見ればこれは苦渋の選択だったかもしれません。去年のJRAがそうでしたが、同一日にG1二つよりも、G1を二日に分けて行ったほうがトータルの売り上げは高くなるでしょうから。ただ、平日夜の開催はどうでしょう。関東近県の人たちは良いでしょうけど、我々地方で、仕事をしているファンが馬券を買える・レースを見れる環境がこの一年で整うんでしょうか。例えば、オーロパークとか、その他の場外の施設で、レース開始までちゃんと馬券を売ってくれるんでしょうか。D-netとかSーpatとか早朝からの馬券購入に対応してくれるんでしょうか。川崎で2日間開催することの意義はより売上を確保することにあることは間違いなく、また、盛岡ではなく川崎に決まった要因もその1点が大きかったのではないかと思います。ただ、そこには、「関東で二日やればより売上げが見込める」くらいの短絡的な結論が見え隠れします。私は、開催が2日間に分割されること、ナイターで行われることに対してそれほど否定的な気持ちはありません、ただ、より広く全国のファンに馬券を買ってもらう、レースを見てもらうための努力をこの一年ちゃんとしてもらえるかが不安なだけです、かなり。

 さてさて、ここからは何の根拠も無い深読みモードに入りますが。。。ソフトバンクが岩手競馬をはじめD-net側に参入したことにより、南関S-pat側との溝が大きくなっているってことはないでしょうか。「おたくらソフトバンクとやるんでしょ。いーよーだ。何かと理由つけてJBCは南関でやっちゃうもんねぇ。どうせそっちでやったって売上げ上がらないでしょ」みたいな。。。(^_^;)まあ、ここまでは冗談だとしても、なんとなく地方競馬って一体感がないんだよねぇ。距離の話に戻っちゃうけど、「うち(川崎)は1200mのレースできないんで、船橋さんでスプリントはやっていただけませんかねぇ、木曜日の夜はうちでG1、金曜日の昼はおたくでG1ってことで」ぐらいの調整できなかったのかなぁ。「来年は関東の川崎ね。距離取れないんで変更するから。売上げ厳しいんで2日間に分けて開催するから。はい、決まり!!」っていう川崎で開催するためなら何でもあり!!なゴリオシズムがどうも。。。。

 いずれJBCは今後のあり方を考える時期かもしれないですね、主催者も、そして地方競馬ファンも。。。

 そんなJBCは明日名古屋で開催。さあ、みんなでJBCを盛り上げようじゃあーりませんか\(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »