« 君が僕を想う夜 | トップページ | 携帯バージン »

2005年11月10日 (木)

本田美奈子死去から

通夜・告別式を見ても本当にみんなに好かれていたんだということ、本当にいろいろなことをがんばっていたんだということ、そして、本当に大変な闘病生活だったんだということがわかる。ホームページでの彼女のメッセージにはさすがにぐっと来た。
 人は必ずいつか死ぬ。今生きている世界中の人間は200年後には誰もいない。俺も、俺の周りの人間も明日死ぬかもわからない。人間は死に向かって生きている。だが、短かろうが長かろうが人は自分の人生を全うする義務と権利がある。彼女は短くはあったが、彼女の人生を最後まで生き抜いた、と思いたい。

生き死にについて考えてると
「他人を殺すな」
「他人に殺されるな」
「自ら死ぬな」
という言葉に帰結する。漫画「釣りバカ日誌」で浜ちゃんが自分の息子の小学校入学にあたり贈った言葉である。ギャグ漫画の一節ではあるが、人が生き抜いて死んでいく上で最低限の精神が表現されていないだろうか。

クロベエのときもそうだったが、本田美奈子の死に間接的にとはいえ触れ、自分が生きているということ、生きてきたということについてちょっと考えた。

「風のあたる幸せってわかる?」
無菌室での生活から一時帰宅を許された彼女が外で発した言葉だそうだ。

俺は今生きている。

|

« 君が僕を想う夜 | トップページ | 携帯バージン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/7046510

この記事へのトラックバック一覧です: 本田美奈子死去から:

« 君が僕を想う夜 | トップページ | 携帯バージン »