« Fumiya Fujii COUNTDOWN PARTY 2005-2006 | トップページ | Freaks »

2006年1月 1日 (日)

八景島シーパラダイス

今年の初遊びは八景島シーパダイス、いやシーパラダイス←わかる人だけわかって(^_^;)

 妻も私も水族館好きということで、年越し武道館→1月1日水族館という流れは2年連続。
とりあえず、俺は東京より西に行った事がないので(受験時に金沢まで行ったのとシンガポールに行ったのとで厳密に初めてではないが)まずは東京を出るということにドキドキした。
八景島の印象は一昔前のテーマパークといった感じ。岩手にマリンパークやまだというテーマパークがあった(確かもう閉鎖されていると思う)がそれとダブる感じだ。もちろん水族館としての規模はさすがにでかく、半日たっぷり楽しめた。そのなかでも……

 ①海の動物たちのショーに俺出演
  まあ、アシカに輪投げをしただけなんだけど(^_^;)客びっしりのなかで、選ばれたのが明らかに幼稚園児なガキ二人と俺。MCのねぇちゃんが「大人の方はちょっと遠くから投げてみましょうか」みたいなことを言うもんだから、他の客も「もっとさがれぇ!!(ステージから離れるように客席の上段のほうへのぼれということ)」とあおるあおる。(後で映像を確認したら)乗せられているうちに結構遠くまで上ってた。正直、アシカの行動範囲に届かないという最悪の事態が頭をよぎったが、結果はどんぴしゃのストライク!!喝采を受けて(喝采はアシカに向けられたものだろうが)気分良く席へ。本番に弱い俺にしちゃぁ上出来、いやぁ新年早々プレッシャーがかかったよ。武道館で紙飛行機をいっぱい飛ばした効果だな。

 ②泳ぐ熊
  北極熊のえさの時間に遭遇。普通に肉や魚を食べさせるのだが、中には水中のえさをとりに水にもぐるものも。これが着ぐるみを着せられた芸人が水槽に落とされたような滑稽さ。えさを見つけるまで結構長くもぐってるんだぜ。器用に水をかく姿が愛くるしくて癒された。

 その他、ラッコ・ペンギン・イルカ・鯨など水族館の王道達も堪能、大満足な半日となった。「水族館にハズレなし!!(俺談)」である。

 追記:水族館でいつも困るのがデジカメの撮影。基本館内はフラッシュ撮影禁止(随分フラッシュたいてる非常識者も多かったが…)、ただ、フラッシュたかないと手ブレがひどかったり、明るさが足りなかったりでうまく撮れない(俺の技術もあるんだろうが)んだよね。「思い出は自分の心に焼き付けるものさ」は一理あるけど、やっぱりねぇ。finepixF11とかcybershotT9のように高感度撮影できるデジカメ欲しいなぁと購買意欲が瞬間的に上昇した。とりあえず、うまく補正できたら写真もアップしよ。

|

« Fumiya Fujii COUNTDOWN PARTY 2005-2006 | トップページ | Freaks »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/7984634

この記事へのトラックバック一覧です: 八景島シーパラダイス:

« Fumiya Fujii COUNTDOWN PARTY 2005-2006 | トップページ | Freaks »