« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

Love Songs

買うの忘れてた…。久々に、「聴かせる」フミヤのライブ。俺は「踊れる」フミヤのほうが好きなんだけど、世間一般のイメージはこっちの「バラードシンガーフミヤ」なんだろうな。「フミヤ見に行ってくる」って言うと「どこのディナーショー?」とか聞かれるもんな(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

岡田峰幸先生はOASYSで小説を書いている

これが「俺、いまだに手書きで小説書いてるんだぜ」ってんだったらそれはそれで「岡ちゃんかっこいいー、カッキーン(byオリラジ)」てこともあろうが、そこは富士通のワープロ専用機のOASYSYだ。正直この話、俺にとってはかなりツボで、ホント申し訳ないと思いながら、ウケまくってしまった(ごめんなさい岡田さんm(__)m)。「編集者が鼻で笑いながら、パソコン勧めるんだよ」と彼は言っていたが、その編集者の気持ちにはこれまた申し訳ないがかなり賛同してしまう。

ところが、彼は「OASYSは最高だ、ワードなんて使いづらくてやってらんねぇや、べらんめぇ」みたいな事を言う。ちょっぴり引っかかったので、OASYSのことを調べてみた。ちょっと長いが、Wikipedeiaを引用させてもらおう。

…………………………………………………………………………………………………………

特徴

OASYSは他社製品と比較して仕様の個性が強かった。強い個性の故ワープロを評する場合はOASYS対それ以外という視点になりがちで、シェア第一位にも関わらず、少数派という矛盾したイメージを抱く者もいた。

以下に特徴を列記する。

親指シフトキーボードの採用

OASYSでは親指シフトキーボードと呼ばれる独自開発のキーボードを採用した。他社も日本語ワープロ黎明期には様々な入力方法を模索したが、OASYS以外は速やかにJISキーボードに収束した。その中で親指シフトキーボードを採用し続けたOASYSは異彩を放っていた。

親指シフトキーボードについては独立した項目を立てて論じているのでそちらを参照されたい。

堅実な漢字変換機能

他社が文法処理の高度化・漢字変換の自動化を積極的に進めたのに対して、OASYSは消極的であった。

日本語ワープロの先駆けとなった東芝のJWシリーズでは世界初の日本語ワープロであるJW-10の時点ですでに単文節変換を実現していたのに対し、OASYSは後発にも関わらず一号機であるOASYS100では単語変換のみとし、その後の製品でも単文節変換を基本とした。後に他社との競合上複文節変換をサポートはしたものの、単文節変換のみに切り替える設定を残し続けた。

単文節変換では他社製品で起こりがちだった文節の区切り間違いが原理的に発生しなかった。また複雑な文法処理をしないことと相まって奇天烈な誤変換をしにくい利点をも生んだ。これを指して愛用者は「OASYSは日本語として無意味な変換をしない」と評した。しかし、使い込まなくては理解できない利点であり、カタログスペックでは見劣りした。

また、学習機能も単純で、単に直近に使用した語が第一候補になるものであった。他社製品では文脈や長期的な使用頻度への配慮が裏目に出て「先ほどと同じ語を変換したのになぜか違う漢字が出てくる」ことがあったが、OASYSではそのようなことは基本的に無かった。同音異義語がある語であっても「先ほど変換して正しい候補を選んだ」記憶があれば変換結果を確認する必要がなく、慣れればキーはおろか画面すら時々しか見ずに操作が可能であった。

後には複文節変換をサポートし、「AI辞書」と称する文法処理もするようになったが、積極的に宣伝することは無かった。カタログで高度な文法処理を誇らしげに謳う他社とは対照的であった。複文節変換は操作性が練り込まれておらず、他社との対抗上一応搭載しただけのように感じさせるものであったため、単文節変換に切り替えて使う者も多かった。

以上のように、OASYSの漢字変換機能は良く言えば素直で単純明快、悪く言えば技術的に遅れたものであった。しかし、愛用者にはその単純明快さを好む者も多かった。

レスポンスへのこだわり

上記のごとく複雑な文法処理をしない方針と併せて、変換キーを押さずともキー入力の時点で辞書を先読みすることにより、初期の製品でも十分に高いレスポンスを示した。キーに触れるたびに辞書の先読みのためにフロッピーディスクドライブが動作し、キーからアクセス音が聞こえてくるかのような錯覚を覚えるほどだった。どんなに速い操作をしても正しい操作である限り必ず追随してくることによりオペレータは安心して操作に専念できた。

…………………………………………………………………………………………………………

以上、読んでもらえるとわかるように、OASYSは明らかに他のワープロ専用機とは違った利点(もちろん使う側にゆだねられるもので、場合によっては欠点にもなるのだろうが)があり、それは、現在の「パソコンのワープロソフト」には基本的に(ソフトやハードで類似な状況を作り出すことは出来るらしい)継承されていないのだ。「俺、OASYSとじゃないとやっていけないんだよ~」という固定ユーザーがいるのは間違いないらしい。他人にはわかってもらえないかもしれない魅力を見つけ、それを長く愛で続ける、女性の扱いにも通じる岡田イズムがそこには流れている。パソコン購入と同時にNEC「文豪」を捨てた薄情な俺とはえらい違いだ。って、そんなたいそうな話じゃないか(^_^;)。

でも、岡田さん、「先生」と呼ばれる身になったんだから相手の仕事のことも考えて今後は「ワード」使っていきましょうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡田峰幸メジャーデビュー祝賀会

2/25 12:00 盛岡出発
15:00~18:00 珍満賓館にて1次会
18:30~20:30 月の花にて2次会
21:00~23:00 魚民にて3次会
23:00~24:00 人情屋台にて4次会
24:30~25:00 ラーメン屋にて5次会
25:30 福島出発
28:00 盛岡到着
2/26 AM8:30 出勤(予定)

いや~追い込んだねぇ俺ら、自分で自分を(^_^;)

メンバーや人数が把握してたのとだいぶ違ってたけど、それは、「フミヤのライブにおぎやはぎと猫ひろしが出演してくれた」ぐらいのサプライズ、良い意味でね。さすがに、平均年齢30代も半ばのおじさんおばさんの集合DSCF0069
は見た目も所作も落ち着いたもの、10年の経時変化が体感できた。ただ、3次会以降は主役の岡田さんが走り出したので前半とは打って変わってアップテンポなリズム(^_^;) 大人になった岡田さんと学生時代の岡田さんの2面が見れてかなり楽しかったなぁ、岡田節も健在だったし(^^) そうそう、帰りの車中で流れてた曲が「once upon a time」ってのもまたなんというか懐かしかった。

幹事の皆さんもお疲れ様でした。大満足できましたんで、次回は1年後くらいでどうかひとつ…、年に2回も3回もこのテンションは維持できそうにないので(^_^;)

そんなこんなで岡田さんの作品は8月に出版予定。さあ、みんなで岡田峰幸さんのデビューを盛り上げようじゃありませんか!!!

岡田峰幸作品は「馬とツバメとチェッカーズ」のブログから購入してね(^^)

リキ(はむつんサーブ)のDVD↓も引き続きよろしくですm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

ゼミの

=伊藤先生が4月から、昔でいう学部長(今は学類長、だったかな?)になることが決まったそうです。=

なんと、学生時代ゼミでお世話になった先生が学部長に。伊藤先生おめでとうございます。

それにしても、伊藤先生の学部長といい、岡田さんの最優秀賞受賞といい、リキのDVDデビューといい学生時代のゆかりの人達がどんどんブレイクする2006年。どうしたって言うんだろう、次は誰かが国会議員になるとか…あながち無い話でもないな。

俺もここらでブレイクしないかな、小さいところではPOG優勝とか。いや、妻と離婚ってのもあるな…ってブレイクの意味が違うか(^_^;)  ←妻よ、もちろん冗談なのでキレないでね。「キレてないっすよ」(by小力)な感じでどうかひとつm(__)m

とにかくみんなおめでとーーー!(^^)!

今日は久々福島だぜ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月24日 (金)

金メダル

やったねー荒川。圧巻だったもん。

トリノは全然見てなかったけどこのフィギュアだけはつい見ちゃったね、おかげで、会社には遅刻したけどな。

村主の演技もすごく良かった。ぶっちゃけ素人の俺には「スルツカヤ転倒したのに村主より上なの?」って素朴な疑問を持っちゃったけど、まぁそこはいろんな採点基準があるようなのでいいや。「武豊、斜行したけど降着無し」みたいなもんなんだろう、全然違うか(^_^;)

それにしても民放ももうちょっとアナウンスしてくれりゃぁいいのに、「ただ今NHKでは荒川の演技が始まろうとしています」みたいなさ。あぶなく「嵐の大野くん初ソロライブ」の芸ビズ一番で荒川・村主の演技見逃すとこだったよ。いっそのこと、大塚さんもあやパンも軽部アナもNHKのフィギュアを一緒に見て、そのNHKのフィギュアを見ている大塚さんたちの映像を放送すりゃいいんだよ。日本全国お茶の間感覚、ある意味もっとも臨場感ある映像になると思うんだけど。。。

遅刻した挙句こんなこと書いてる場合じゃないんだけど、まぁめでたいニュースということで、今日も一日がんばろう!!!かな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

試用期間って

試用期間2ヶ月すぎたけど、今ひとつ不適格な娘に対して「正社員としての採用は見送りたい」と上申したところ、会社の回答は「試用期間中の解雇は前例が無いので、認められない」って。じゃぁなんのための試用なんだっつ~話だよマジで。

「あえて言うなら本人から退職願が出れば…」ってことらしいんだが、「辞めて欲しいんだけど解雇できないんで退職願出してくんない」なんてストレートに言えないし…。

今までも何人か辞めていただいたけど、退職願出させるってのは並大抵じゃない、マジで胃が痛い思いをしてんだよ。解雇は法で認められた会社の権利(一ヶ月前の通告など定められた手順をもちろん踏まえていれば)なはずなのに、労基所の目が気になるからそれを意地でも行使させないって、じゃぁお前らが片付けろよ、人事課さん、現場は困ってんだぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

5本売れている(^^)

はむつんのDVD。

いやぁ正直微妙(^_^;) もちろん買ってくれた方には感謝感謝なんだけどさ。

5人でしょ。このブログを見てくれてて、かつ、はむつんに興味を持ってる集合って、ものすごく小さいんだろうけど、5人となるともうこれは誰が買ってくれたのか突き止めたいよね。あいつとあいつはきっとここから買ってくれたんだろうなぁって想像できるやつもいれば、逆に、あいつはここ見てるはずなのに買ってねぇんだろうなぁって想像できるやつもいるんだけど、もちろん確かめる術は無いし。10本くらい売れりゃあもう誰が買ってくれたかなんてめんどくさくて考えなくなるんだろうけどさ、でも今はモーレツに気になってたりする、誰が買ってくれたのーっ!?て。

もひとつ微妙なのは5本の売れ方。週に1本づつくらい売れていくんだよね、ポツ……ポツ……てさ。気が付くと、「あ、1本売れてる」みたいな。

なんにしてもこのレベルの宣伝部長でホント申し訳ないっす。もっともっと頑張るよ、リキ。何をどう頑張ればいいのか全くわからないけどさ(^_^;)

ちなみに買ってくれた5人のうち1人は俺自身だぜ、あははははー、ふぅーーー(-_-;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

フェブラリーステークス

ダート界のディープインパクト登場!!(byフジデレビ)って、大一番で負けちゃうってことかい(^_^;)?

ディープインパクト級かどうかは知らないが、正直言ってカネヒキリ以外の馬が結構すごいので、仮にカネヒキリが本当に強かったとしてもかなりの苦戦が予想される。しかも、カネヒキリの目標はこの先のドバイで今日はメイチの仕上げではないはず。なので、カネヒキリは紐の一頭。

リミットレスビット・タイキエニグマ・ユートピア・スターキングマン・アジュディミツオー・ヴァーミリアン・シーキングザダイヤ・メイショウボーラー・タイムパラドックス・サンライズバッカスなど、気になる馬大杉(^_^;)

馬券は3連複、軸はシーキングザダイヤ、相手は削って削ってリミット・ヴァーミリアン・メイショウ・サンライズそしてカネヒキリ。消した馬達での決着になりそうなのが怖い。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

クラブデビュー

。。。。。。できなかった。

今日は「はむつんサーブ」が盛岡のダンスイベントに来ているのだが、情報不足や準備不足や現金不足のため断念、リキごめんよ、行けなくてm(__)m

ちなみに会場は「ユーモアあるアメリカ人が経営する盛岡一広いクラブ」FACES。といっても行ったことは無いんだけど…、実はおいら「ですこ」も「くらぶ」も行ったことないんだよねぇ。正直ちょっぴり怖いような、でもちょっぴり興味あるような、今回は良いチャンスだったんだけどなぁ、33にしてクラブデビュー!!みたいな(^_^;)

次はむつんが来たら絶対に行くぞー!!おー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

ナンシー関

なぜ、今ナンシー関で騒いでいるのか。多分妻は不思議でならないだろう。いや、俺も不思議だ。

まぁ、「不世出のコラムニスト」「日本が生んだ最後の批評家」なんて言われるとどれほどのものか見てみたくなっただけではある、偉そうだけど。

で、「耳のこり」読み終わったけど、なにが残念ってやっぱりネタが5年前で止まってるってこと。「梅宮アンナ」とか「EE JUNP」とか「田島寧子」とか。。。「田島寧子」にいたっては「寧子」が読めないからね、「寧子」がさ。まぁ、執筆者がもうこの世にいないのでここをつっこんでも仕方ないんだけど、小嶋社長とか、ホリエモンとかをどう表現するのかはやっぱり見てみたいよなぁ。

今だと、長井秀和あたりがコラムを書くとこれに近い感じになるのではないかと思うのだが、どうだろう。

とりあえず「ザ・ベリー・ベスト・オブナンシー関の小耳にはさもう100」てのも読んどこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

サイレン

史上初「サウンド・サイコ・スリラー」
史上初「衝撃の3回転結末:トリプル・リバーサル・エンディング」

ぶっちゃけどちらもよくわからんかった(^_^;)

それにしても、
堤幸彦をもってしてもホラーの主人公は「恐怖に対しアグレッシブなヒロイン」という設定になってしまうのか。
堤幸彦をもってしてもゾンビは「引き裂かれた服を身にまとった色白・充血目の集団」で表現するしかなかったのか。

ホラーを見るたびに付きまとうこれらの引っ掛かりは堤幸彦をもってしても解消できなかった。。。

たまには、「マッチョで気の良い中年男性」の主人公が「ビシっとしたスーツを着たストレートロングヘアで眼鏡をかけたゾンビ」の集団に追いかけられるホラーとか見てみたい。誰も見たくないか、そんなの(^_^;)

そんな(どんな?)サイレン鑑賞だったんだけど、俺の右斜め前に座ったのが「堤幸彦監督」にそっくりだったのと、一緒にエレベーターに乗り合わせたのが「ナンシー関」にそっくりだったのが収穫。帰りにナンシー関の「耳のこり」を思わず買ってしまったさ。

堤幸彦監督、TRICK劇場版第2弾期待してますよ~。

で、犬はどうなったんだっけ。。。?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

ふえる野菜

fueyo新次元の冷凍野菜、ふえる野菜」。はっきり言って美味い(^^)食感と風味はフレッシュ物と変わらないよ。フレッシュ物を買って茎や芯を除いて下ゆでしてっていう手間とロスを考えたらこれを使用するメリットは(特に二人暮しな我が家では)価格以上のものがあると思う。ていうか、「お~増えとる増えとる」てのを見てるだけでも「21世紀を感じられる(^_^;)」1品です。

 ちなみに俺のオススメは洋風野菜ミックスをホールトマト・トマトジュースと煮込むだけの簡単スープ。うまいんだこれが(^^)

さすがにamazonでは取り扱っていないようなので、お近くのスーパーでお試しあれ(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

男だらけの新年会

男5人で泊まりで飲み会ともなると、当然話題は下のほうになるわけで。。。

とは言っても、平均年齢も30前後の集まりになると、面白い(リスキーな)実話ネタは出てこないんだよねぇ。「卓球の愛ちゃんとゴルフの藍ちゃんだったらどっちとやりたい」とか、「局アナクラスだったらキャバクラのほうが良い」とか、下は下なんだけど言ってることは妄想100%。ネタの質で言ったら中坊レベルに退行してる(^_^;)

それにしても、風俗に行くわけでもなく、コンパニオンを呼ぶわけでもなく、なんて健全な男達だろうとある意味感心な新年会でした。信じてね、奥様方(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

珍満賓館

=岡田峰幸くんのメジャーデビューを祝う会を開催します。2月**日(*)午後3時~、珍満賓館(福島市)、会費*,000円(予定)、普段着でお願いします。岡田くんは「第3回歴史小説コンテスト」(東京 碧天舎主催)で最優秀賞を受賞、今年の夏に出版されます。=

もちろん行きますとも。

ときに、この珍満賓館という会場は、われらがPOGの記念すべき第一回ドラフト会場。当時より競合抽選では「黒髭危機一髪」を飛ばしていたのだが、まあ、そこは中華料理屋。エビチリや酢豚の大皿につっこむつっこむ。あわれ黒髭はこの第一回限りで再起不能(実は紛失なんだけど)に。。。(^_^;)。だが、その遺志は2代目へと受け継がれ、POメンの運命を今もなおもてあそび続けているのだ。

そんな思い出深い珍満賓館での受賞記念パーティー、10年ぶりのそのたたずまいはあの時のままだろうか。まぁ、俺自身は10年たって随分ビジュアルも変わっちまったけどな、ゆっくり髪が抜けて、ゆっくり太っていってるんで。。。(-_-;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

POG新年会

毎年恒例のPOG新年会。

毎年この時期には俺のPO馬達は全くネタにならないわけで、結構肩身の狭い新年会だったりするわけだが、年に3回(ドラフト・南部杯・新年会)のオフ会でもあるし、風呂と飯があればまぁ満足だったりもするんで良いかと。

予定では、仕事を15:00くらいに撤収して現場へ向かうという感じだったのだが、京都10Rエルフィンステークスに俺も含めてPOメンの馬が5頭も出ていたので、仕事は明日死に物狂いでやることにした(^_^;)このレース見なかったらますます話題についていけなくなるもんね。できることなら、サンヴィクトワールに勝ってもらってオープン勝ち馬オーナーとして参加したいところだが、それはそれで「エルフィンSじゃマルターズヒートとかゴッドインチーフ級でしょ」とばっさり斬り捨てられそうだ(^_^;)、いや一応エアメサイヤとかもエルフィン勝ってるんだけどね、エアメサイヤとかエアメサイヤとか。。。

まぁ、サラブレ・サブラ・特選街持参でまったり佇んでますんでPOメンの皆様よろしくお願いいたします。

追記:
=サンウ゛ィクトワール は2月4日(土)京都10Rエルフィンステークスサラ3歳オープン(特指)(混)(牝)別定に出走し、1着 になりました。=

そうは言ってもちょっとうれしい(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

節分だった

実は2/3を10分ほど過ぎている。。。

今年は豆を撒かなかったなぁ、ちょっと後悔。恵方巻きは食ったけどね、南南東向いて無言でさ。

年中行事はしっかりやっていこうな、妻よ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

いろんなニュースがあるね

完徹明けだが眠れないので、ヤフトピなんぞを覗いてみる。結構面白いニュースがあるもんだ。

 まずは芸能。NEWS飲酒騒動も「またかよ!!」って感じで惹かれるが、やっぱり「黒木瞳&中森明菜の連ドラ」。ドラマのたびに共演者との確執が取りざたされるこの二人が組んで、きっと週刊誌なんかにゃ「明菜ぶち切れ!!もうやってらんない!!!」みたいな見出しが躍ることだろう。ドラマ終了まで誰も降板しないことを祈ります(^_^;)
 一方、「トリノ五輪ニュースセンターの床抜ける」。頑張って直してくださいとしか言いようが無い、なぜこれがニュースに?
 次、六本木のホリエモンは馬主から外れるんだけど高知のホリエモンは馬名を変えず(規定により変えられないらしい)現役続行。こっちのホリエモンは捕まってもそっちのホリエモンは走り続けるわけだ。今ちょっと休んでるみたいだけど復帰戦には注目が集まるか。
 最後、受験生のために止まらないはずの駅に止まったJR。何年か前に同じく遅刻しそうな受験生をパトカーが緊急走行状態で送ったという話もあったが、公共交通機関である電車でそれをやったJRの方がハードルは高かったはず、エライ!! が、どっちにしても電車の停車駅や試験会場はちゃんと確認しとこうよ、という気がしないでもない。。。
 詳しくは↓で。あー眠くなってきた。。。(-_-)zzz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoo!ニュース - スポーツニッポン - NEWSメンバー「飲酒否定」も自粛

リンク: Yahoo!ニュース - スポーツニッポン - NEWSメンバー「飲酒否定」も自粛.

NEWSメンバー「飲酒否定」も自粛  人気男性グループ「NEWS」で、新たに未成年メンバー1人が芸能活動を自粛することになった。このメンバーが飲酒していたとする内容が一部で報じられ、所属先のジャニーズ事務所は31日、「誤解を招く行動を起こした」として自粛処分を決めた。NEWSは昨年7月にも別の未成年メンバーが飲酒騒動を起こし、現在も謹慎している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoo!ニュース - 連続ドラマ

リンク: Yahoo!ニュース - 連続ドラマ.

ヘッドライン黒木瞳、バレエ教室舞台の日テレ系ドラマに主演…中森明菜と共演も 女優の黒木瞳(45)が4月スタートの日本テレビ系ドラマ「バレエやりたい!(仮題)」(水曜後10・0)に主演することが1日、分かった。街のバレエ教室を舞台にした明るく元気な主婦の“青春物語”。宝塚退団後、初めてクラシックバレエに挑戦する黒木は、「やる気まんまん!」と大張り切り。共演は7年ぶりのドラマ出演となる歌手の中森明菜(40)で、豪華な初顔合わせが実現する。(サンケイスポーツ) [記事全文]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoo!ニュース- 競馬

リンク: Yahoo!ニュース- 競馬.

ヘッドライン堀江容疑者が馬主外れる 高知競馬のホリエモン ライブドアグループの証券取引法違反事件で逮捕された前社長の堀江貴文容疑者(33)が、高知競馬(高知市)に所属する競走馬ホリエモン(牡馬4歳)とシェアハッピー(牝馬5歳)の共同馬主から外れたことが2日、分かった。(共同通信) [記事全文]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoo!ニュース- 2006トリノオリンピック

リンク: Yahoo!ニュース- 2006トリノオリンピック.

ヘッドライン放送センターの床抜ける 五輪組織委で原因調査 トリノ冬季五輪のアルペンスキー会場(セストリエール)に設置された放送センターの床の一部が1日、抜けた。けが人はなかった。(共同通信) [記事全文]

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Yahoo!ニュース - 大学入試

リンク: Yahoo!ニュース - 大学入試.

ヘッドライン乗り過ごし受験生“救助” JR東日本が温情停車 特急を乗り過ごし入学試験に遅刻しそうになった受験生を助けるため、JR東日本が2日、ダイヤでは通常止まらない駅に緊急停車した。(共同通信) [記事全文]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »