« ふえる野菜 | トップページ | ナンシー関 »

2006年2月11日 (土)

サイレン

史上初「サウンド・サイコ・スリラー」
史上初「衝撃の3回転結末:トリプル・リバーサル・エンディング」

ぶっちゃけどちらもよくわからんかった(^_^;)

それにしても、
堤幸彦をもってしてもホラーの主人公は「恐怖に対しアグレッシブなヒロイン」という設定になってしまうのか。
堤幸彦をもってしてもゾンビは「引き裂かれた服を身にまとった色白・充血目の集団」で表現するしかなかったのか。

ホラーを見るたびに付きまとうこれらの引っ掛かりは堤幸彦をもってしても解消できなかった。。。

たまには、「マッチョで気の良い中年男性」の主人公が「ビシっとしたスーツを着たストレートロングヘアで眼鏡をかけたゾンビ」の集団に追いかけられるホラーとか見てみたい。誰も見たくないか、そんなの(^_^;)

そんな(どんな?)サイレン鑑賞だったんだけど、俺の右斜め前に座ったのが「堤幸彦監督」にそっくりだったのと、一緒にエレベーターに乗り合わせたのが「ナンシー関」にそっくりだったのが収穫。帰りにナンシー関の「耳のこり」を思わず買ってしまったさ。

堤幸彦監督、TRICK劇場版第2弾期待してますよ~。

で、犬はどうなったんだっけ。。。?

|

« ふえる野菜 | トップページ | ナンシー関 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/8612626

この記事へのトラックバック一覧です: サイレン:

« ふえる野菜 | トップページ | ナンシー関 »