« サイレン | トップページ | クラブデビュー »

2006年2月12日 (日)

ナンシー関

なぜ、今ナンシー関で騒いでいるのか。多分妻は不思議でならないだろう。いや、俺も不思議だ。

まぁ、「不世出のコラムニスト」「日本が生んだ最後の批評家」なんて言われるとどれほどのものか見てみたくなっただけではある、偉そうだけど。

で、「耳のこり」読み終わったけど、なにが残念ってやっぱりネタが5年前で止まってるってこと。「梅宮アンナ」とか「EE JUNP」とか「田島寧子」とか。。。「田島寧子」にいたっては「寧子」が読めないからね、「寧子」がさ。まぁ、執筆者がもうこの世にいないのでここをつっこんでも仕方ないんだけど、小嶋社長とか、ホリエモンとかをどう表現するのかはやっぱり見てみたいよなぁ。

今だと、長井秀和あたりがコラムを書くとこれに近い感じになるのではないかと思うのだが、どうだろう。

とりあえず「ザ・ベリー・ベスト・オブナンシー関の小耳にはさもう100」てのも読んどこ。

|

« サイレン | トップページ | クラブデビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/8623815

この記事へのトラックバック一覧です: ナンシー関:

« サイレン | トップページ | クラブデビュー »