« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

古田ヤクルト白星発進!(^^)!

やったね(^^)

正直今年は広島・横浜と最下位を争うのではないかという危惧もあるのだが。。。

青木
田中浩
リグス
ラミレス
ラロッカ
宮出
古田
宮本
石川

↑これ今日のスタメン。これに岩村が復帰するとほぼベストメンバー。
投手は石川→木田→五十嵐のリレー。こちらも石井弘の復帰待ち。

メンバーだけ見るとやっぱり優勝はどうだろうと思ってしまう(^_^;)

ポイントは捕手古田が70試合以上マスクをかぶれるか、そして打者古田が3割打てるか、このへんだろう。ここ数年のヤクルトの浮き沈みは結局のところ古田というプレイヤーの出来に左右されているのだから。今日は打つほうはちょっとトホホだったけど。。。

何にしても開幕戦を勝利で飾り、幸先良いスタート、今年も「東京音頭」と「夏祭り」で盛り上がるぞー!!!

そんな東京ヤクルトスワローズにこの曲を贈ろう、本当はソフトバンクの公式セレモニーソングなんだけど(^_^;)

空に夢をかかげ
行こう未来へと
向かい風の中を
高らかに歌い
誇り高き魂
胸に誓おう
勇者の翼ひろげ
今 羽ばたこう勝利の空へ

友よともに進め
心をひとつに
追い風の中を
希望へとつづけ
信じる者たちよ
光をあびて
勇者の翼ひろげ
今 羽ばたこう勝利の空へ
今 羽ばたこう勝利の空へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

東北楽天ゴールデンイーグルス

月に一度の仙台出張。

営業車はAMしか聴けないので、必然的に宮城に入るとTBCを聴くことになるのだが、想像以上に「がんばれ楽天!!」色が強いのに驚いた。文化放送のライオンズナイターみたいなもんだ。朝のニュースや天気予報でもことあるごとに、楽天情報が流されてるもんね。楽天にさほど興味の無い俺も「今日の先発は山村だ」とか「オリックスの先発は吉井だ」とか「吉井は悪天候に弱いので今日(風も強く、雪はちらつき、試合開始時の気温は1度)は打ち崩せそうだ」なんてことまで頭に叩き込まれたくらい。まぁ、もとヤクルトのチームメイトをどうこう言いたくは無いが、今の吉井相手なら、(相性が悪いらしい)悪天候じゃぁなくても打ち崩せないといけないような気はするが。。。

 それにしても、気温1度は凄い。風と雪もあるから体感温度は氷点下だったろうに。野球する気温じゃぁないぞ(^_^;)

 ちなみに結果は、悪天候にもかかわらず吉井を打ち込めず完敗。ドカベンなんかだと、悪条件下で弱小チームが不慣れな強豪チームを苦しめたりするもんだが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

高松宮記念

2日間にわたる「棚卸」という俺にとって最大の激務を終え、疲れ果てながらも結果をチェック。

1着 オレハマッテルゼ
2着 ラインクラフト
3着 シーイズトウショウ


俺死亡、みたいな。。。

オレハマッテルゼにはなんの恨みも無いが、ヨシトミが乗ってる時点で馬券対象外だからね。

それにしても、スカパーを解約したことでかなり競馬に対するモチベーションが下がってる。高松宮記念もそうだし、大活躍だった(らしい)ドバイの結果を聞いても今ひとつ熱くなれない。WBCじゃないが、やはりスポーツはリアルタイムで見てなんぼという部分が大きい気がする。

もっとも、競馬に関してはもっと馬券が当たってればそこそこ熱くなれるはずではあるが。。。(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

スカパー解約

ルネキューもダメ、パラボラもダメで契約していること自体無意味になってきたので、スカパーを解約することにした。

ルネキューはヤフオクにかけるが、買い手がつくんだろうか?

チューナーは、(スカのつかない)パーのみのやつと、最近ヤフオクで購入したスカパーのものがあるがパーは廃棄、スカパー用は再度オークションにかけてみる。

そして、肝心のスカパーそのものの解約だがこれがかなり面倒。

簡単に書くと、カスタマーサービスに電話→お客様番号・ICカード番号確認→解約書類送付→解約書類返信という流れらしいのだが、まずは第一の障害、「お客様番号がわからない」だ。「衛星メールを見ればわかる」とのことだが、そもそも受信できてないんだから衛星メールが見れるはずが無い(と思う、見れるのか?)。それ以外の手としては、請求書・会報誌の宛名を確認すればいいらしいのだが、そんなものは都度捨てているし。。。

とまぁ、前途多難な第一歩を踏み出したが、とりあえず「スカパー解約するぞ」という方向性ができたので、ここ2週間くらいのもやもやした気持ちは晴れてきた。後はひとつひとつ問題をクリアして、ルネキューとチューナーが売れてくれるのを待つだけだ、がんばれ俺。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

WBC 決勝vsキューバ

さぁ、いよいよ決勝!!!

1番に川崎を上げ、イチローは3番。青木もスタメン。福留はベンチスタート。ベターなラインナップだろう。先発は松坂、この大会は安定しているが、割と波が激しいタイプなので「悪い」と判断したときスパっと代えられるかもポイントになりそう。キューバの選手は全くわからないな。。。

1回表:いきなりのビッグイニング(^^) 西岡内野安打と盗塁。イチロー四球。松中内野安打で1死満塁。ここで早くもキューバは投手を先発ロメロからオデリンへスイッチ。しかし、そのオデリンは多村へ死球。内野安打と四死球だけで1点を先取した。里崎倒れ2死満塁で小笠原にはこんどは四球。押し出しで1点追加。さらに、今江センター前ヒットで2点を追加し4点先取で初回の攻撃を終えた。

1回裏:注目の松坂の立ち上がりだったが、いきなりトップバッターバレットに被弾。直球はかなり速いがスライダーは全体的に上ずっていて高い。後続は討ち取ったものの油断できない。

2回表:三者凡退。イチローのヒット製のあたりをショートが好捕するなど、3点勝っているものの流れはキューバに傾いているか。。。1回途中から登板した3人目ゴンザレスも打ちずらそうな投手、阪神のウイリアムスな感じ。

2回裏:2死から、ヒットとパスボールでピンチを迎えるものの結果的には3つのアウトを全て三振で斬った。相変わらず、スライダーは危ない高さだが、ストレートがそれ以上に冴えている。

3回表:松中ヒット、里崎四球でチャンスを作るも無得点。ゴンザレス好投。

3回裏:先頭打者に2ベースを打たれるものの後続を断つ。相変わらず適度に荒れている松坂。

4回表:二死から西岡四球も盗塁失敗。ゴンザレスの前に快音が聞かれなくなってきた。

4回裏:二死からヒットを打たれるものの無失点。特にセンター前に抜けようかという当たりを捌いた川崎のスーパープレイはお見事(^^)

5回表:イチロー二塁打、松中ヒットで無死一三塁。ようやっとゴンザレスを引きずり降ろし、代わったペドロソから多村が内野安打で1点追加。さらに里崎送りバント成功で1死二三塁から小笠原犠牲フライでさらに1点追加。点差が5点に広がったこともそうだが、ここへ来て、送りバント・犠牲フライがきっちり決まったのが大きい。勝ち戦か。

5回裏:ここまで1失点の松坂を思い切ってスイッチ。これは英断、王監督冴えてるねぇ。代わった渡辺も三者凡退にピシャリ(^^)

6回表:三者凡退。

6回裏:小笠原のファインプレーで1死後、川崎のエラーから3連打で2失点。なんとか併殺で切り抜けるものの、全く油断できない。また流れがキューバに傾いてきたか。

7回表:イチローからの打順も三者凡退。キューバへの流れを加速させるかのようなパルマの快投。

7回裏:またしても川崎のエラーで無死1塁も併殺。その後渡辺のエラーでランナーを出すも後続を断ち結果オーライの無失点。凡ミスが続出だが、キューバの拙攻にも助けられている。

8回表:またまた三者凡退。パルマからまだノーヒットと完全に抑えられている日本打線。

8回裏:内野安打で無死1塁。ここで渡辺からスイッチした藤田は1アウトを取るもののセペダに痛恨の被弾。1点差とされた日本は大塚を投入、後続を断ちあとアウト3つだぁぁ。

9回表:金城サードゴロエラー、川崎バント失敗、西岡プッシュバントで内野安打で1死1塁2塁。ここでイチローが1・2塁間を破る貴重なタイムリーヒット。さらに松中敬遠で満塁の場面で千両役者福留登場!!!この場面でもきっちりレフト前ヒットを放ち2点追加。里崎が四球で続き、小笠原の犠飛で松中が懸命に走り生還。結局この回4点を追加し守護神大塚とともに最後の守りへ!!!

9回裏:大塚1点を失うものの最後は連続三振で日本優勝!!!!!\(^o^)/

もーーーれつに俺は嬉しぃーーー。野球ファンで本当に良かった。

イチローに
(/^-^)o日日o(^0^|) カンパーイ!

そして大塚に
(/^-^)o日日o(^0^|) カンパーイ!

そして石井と宮本と青木と岩村に
(/^-^)o日日o(^0^|) カンパーイ!

そしてすべてのメンバーとスタッフに
(/^-^)o日日o(^0^|) カンパーイ!

そして王監督に
(/^-^)o日日o(^0^|) カンパーイ!

そしてニッポンに
(/^-^)o日日o(^0^|) カンパーイ!

そして世界一に
(/^-^)o日日o(^0^|) カンパーーーーイ!

おめでとーーー\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

WBC  vs韓国

今日はリアルタイムで見れる、ブログもリアルタイム更新だ。

試合前:とりあえず青木をトップに、イチローを3番にやっといじった新打線。多村のところに和田も欲しかったところだが、まぁ素直に評価。ガンバレ青木!!

1回表:イチローのヒットと盗塁で2死2塁も松中凡退。まだ一打席だがチャンスでまた凡退の松中が不安。

1回裏:イ・ジョンボム2塁打にパスボールで2死3塁のピンチもなんとかしのぐ。ピンチで粘るのはいつもの上原だがフォークが決まっていないのが気になる。しかし里崎ってのは随分強気のリードをする。イ・スンヨプに対しては、インコースストレート2球続けてたからな。結果三振だからまぁ良し。

2回表:日本三者凡退。小笠原の当たりは痛烈だったがまたしてもイ・ジンヨンのファイプレーに阻まれる。流れはやや韓国よりか。。。

2回裏:三者凡退。まだ、制球が定まらないが、初回よりストレートの比率を増やして安定してきた。やはり韓国は、2番イ・ジョンボム、3番イ・スンヨプのところがポイントだな。

3回表:川崎二塁打、青木四球で1死1・2塁のチャンスも西岡サードライナーで併殺。戻れなかった青木のミスも痛いが、それ以前に王さん、頼むから送りバントさせてくれよ。明らかに崩れかけていたソ・ジェウンを結果的に救ってしまった。

3回裏:三者凡退。相変わらずフォークは決まらないが、ストレートが冴えてきた。それにしても投手が耐え忍び、ヘナチョコ打線がチャンスをつぶしていくいつものパターン。

4回表:イチロー内野安打と盗塁で無死2塁の絶好のチャンスも、松中・多村・今江が全てフライを打ち上げ無得点。せめて右方向に転がせないのかよ、プロだったらさ(怒)。

4回裏:三者凡退もすべてヒヤッとする当たり。多村のスーパーキャッチはお見事(^^)

5回表:三者凡退。球が上ずってきたソ・ジェウンは次の回あたり替えてくるかもしれないな。

5回裏:二死からヒットを打たれるものの後続を断つ。かなり調子が上がってきた。逆に替え時、次の投手の選択がポイントになりそう。

6回表:予想通り韓国は投手をジョン・ビョンドゥにスイッチ。日本は1番青木からの好打順も三者凡退。ここからの投手継投がこの大会の韓国はうまいんだよなぁ。

6回裏:三者凡退。上原快投。球数制限でイニング的には次の回までか、とりあえずいけるところまで抑えてくれ。

7回表:王マジック炸裂(^^) 松中ツーベースで無死2塁。松中に代走を出すわけでもなく、バントの下手な多村に代打を出すわけでもなく、その多村にバントをさせ失敗。走者を進められなかったばかりか、次打者の今江には今大会日本一不調な男福留を代打に送る。つっこみどころ満載のこの采配に「福留の奇跡!!」というドラマが待っていた。誰もがまさかと思った福留の目の覚める一発!!というか、むしろ福留自身が目を覚ました一発(^^) 続く小笠原は死球とワイルドピッチで2塁へ進むと、里崎がエンタイトルツーベースで1点加点。川崎倒れた後、青木への代打は宮本!? またしても珍采配かと思われたがこれまた大当たり(^^)「神様仏様宮本様(byTBS松下)」のレフト前ヒットで4点目。西岡・イチローの連打でさらに1点を加点し、結局打者一巡で5点をあげた。宮本のヒットのときは思わず目頭が熱くなったね。

7回裏:点をとった後だけにきっちり抑えたいイニング。その辺はさすが上原、ヒットは打たれたものの三つの三振を奪いピシャリ!!!上原はここまでだろう。彼の踏ん張りが打線の爆発を呼び出したのは間違いない、お疲れm(__)m

8回表:多村ホームラン!! 試合が決まってからの一発ってのが。。。 ここで打つより、前の打席のバントを何とかしろよ、ってとこだが、まぁ景気がいいので許す(^_^;)

雨で中断してるので、余談。TBSの松下の実況が。。。 カミカミなのはまぁ想定の範囲内なのだが、「ペ・ヨンス」が「ぺ・ヨンジュン」になっちゃったり、「左中間」が「右中間」になっちゃったり。。。 そもそもTBSの実況中継って(サッカーなども含めて)国際試合での勝率が悪くて、「TBSの呪縛」「ボブ・デービットソンの誤審」が最大の敵だという声があったくらい。でも、それらも全て「王監督のツキ」が一掃。王さんってよっぽど日ごろの行いがいいんだろうなぁ、「アメリカの敗戦」も「福留の復活」もちょっと考えられない事象だもん。

8回表:中断後。里崎ヒットも後続が続かず結局多村の1点のみ。

8回裏:ここから投手は薮田。6点あるので誰でも良いんだけど(^_^;)=ここで、盛岡は「一部の地域」のため中継終了。アホか(怒)=薮田はピンチを迎えるも無失点に抑えた(らしい)。ゴルフはいいから野球を見せてくれよーー(--〆)

9回表:1番からの好打順も三者凡退(らしい)。もー、ふざけるなよ、IBC(怒怒怒)

9回裏:マウンドには守護神大塚(らしい)。せめてラジオ中継とかないのかな。。。大塚はランナーを背負うものの三つの三振を奪い見事日本勝利\(^o^)/(らしい)。IBC岩手放送の英断のおかげで、8回以降の状況はスポナビ頼り。せっかくの勝利の瞬間に浸れなかった、バカ(--〆)

でも、日本おめでとー、今日は完勝、決勝も期待大だ。ただ、王監督、攻撃時の采配はもっと手堅くね(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年3月17日 (金)

WBC メキシコありがとう

もう、メキシコに足を向けて寝られない、メキシコってどっちだ?

メキシコが頑張ったのはもちろんだが、打てなくてもエラーされても失点を最小限に抑え続けた日本投手陣の踏ん張りも準決進出の大きな要因。投手は起用法に若干?もあるがそうそう崩れることは無いだろう。問題は打線だ。岩村に関する情報が無いので、↓こんなのはどうでしょう、王監督。

西岡(二)
金城(左)
イチロー(右)
和田(D)
松中(一)
今江(三)
川崎(遊)
里崎(補)
青木(中)

ポイントは左右を交互に配置した正真正銘のジグザグ打線、登板投手数の多いWBCはどんな型の投手にも対応できる柔軟な打線が必要。同様の理由から、振り回したり引っ張ったりしかできない選手はスタメンに要らない。和田・青木と率を期待できる選手を。ただ、松中ファーストは現実的には?かな。。。 イチローは3番で。今回川崎→イチロー→西岡の9・1・2番はわりと機能しているのでそのまま川崎・イチロー・西岡を1・2・3番に配置する手もある。
 とにかく、松中・福留・和田・小笠原・青木あたりの出し入れを中心に思い切った打線改造を期待、事実今回の王ジャパン打線は全く機能していないんだから。そして、守備固め、ここイチのバントの場面では宮本など、こまかく選手を起用して欲しい。

あとは、ボブ・デービットソンに注意(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

WBC また負けた。。。

とりあえず言っとこう。メキシコよ、頼むからガチンコでアメリカに勝ってくれ。生まれて初めて明日はメキシコという国を本気で応援するよ。

でも一応WBC総括(^_^;)

まずは韓国が実はすげぇ強かったという事実。同じ相手と2度やって2度とも負け、しかもいずれも小差だったことで、逆に韓国のチームの完成度とか緻密さが際立った。俺も含め(ひょっとしたら選手達も)日本はアジア最強だと根拠の無い自信を持って臨んだこの大会で長年の間違った認識をマジで正された。正直2次リーグの前に、「アメリカに負けてもメキシコ・韓国には勝てるからまず準決には進めるな」と考えてた日本人は相当いたはずだ、1次で韓国に負けていたにもかかわらず。もう認めよう、日本はアジアNo.2だと。

さぁ、このことを大前提に、No.2でも勝てたんじゃねぇのってポイントを探ってみたい。結果論だけど。てか、全国で噴出しているであろうこの結果論を次に活かして欲しいよ、アテネの教訓がぜんぜん活かされてないんだもの。。。

順不同で。
なぜ、先発型投手を7人も連れて行ったのか。固有名詞でいうと、杉内・和田・清水・小林はどう使う気だったのか。ローテーションが上原→松坂→渡辺ならばせいぜい先発型はあと一人、バランスを考えれば左の杉内か和田のいずれかだけでよかっただろう。その分、左右のワンポイントリリーフを厚く用意する。球数制限があるのだから、韓国のように抑えのエースを先発にしたってかまわないわけだし、今日だって藤川にスイッチした場面は本当に三振狙いなら松坂連投という選択もあっただろう。その前に杉内を引っ張りすぎてるわけ、なまじっか先発型だから。6回以降は長くても1イニング、もっと極端なこといえば一人一殺くらいの小刻みな継投があったっていいさ、だって彼らは日本を代表するリリーバーなわけだから。6試合も戦って1試合も登板していない投手が二人いるってどういうことよ(--〆)。なんか投手起用のことだけでえらい長い文になってしまった。まとめると、短期決戦・球数制限という特殊なルール・ほとんどが初顔合わせとなる国際大会という条件に適した柔軟なメンバー構成と柔軟な起用が欠けていたってこと。

後はぽんぽん行こう、特に今日の試合を中心に。

1回裏、イチローヒットの後なぜ西岡強攻なのか。強攻の結果たまたま2塁にランナーが進むのと、きっちり送ってランナーが2塁に進むのでは、同じ1アウト2塁の状況ができたとしても相手に与えるプレッシャー、いやらしさがぜんぜん違うのに。2回裏も全く同じケース。1塁にランナーがいたら送りバントしようよ。

1回裏 続き。福留・松中凡退。もう言うことなし。不調なのがわかってて使い続ける意味がわからない。

3回表 ここからサードに今江が入るがこれが悲劇の引き金に。彼が下手なわけではない。使えるときにもっと起用して体を慣らし、雰囲気に慣れさせる必要があったのだ。

4回裏 その今江。1アウトランナー1塁で併殺。何度でも言う、1アウトランナー1塁なら送りバントしろ!!!

6回裏 ノーアウトランナー1塁でイチロー。送りバント。彼だけが勝つための野球を知っている。ちなみに1死2塁で2番の西岡は強攻失敗でランナー釘付け、だから、送りバントしろって!!!!このあと2死1塁2塁となるも、またしても松中凡退。4番でもより確立の高い選手に代打でしょ、日本の安打製造機、青木なんてWBCで2打席しか立っていないぞ。

8回表 杉内を2イニング引っ張り、ピンチになったら藤川の投入。今江の落球を引き金に全てが裏目。今江の落球だけを責めてはいけない(痛恨だったけど)、杉内でよかったのか、藤川でよかったのか、それ以前にここまでに先取点を奪えなかったのか、が大事。逆に金城がすばらしい返球を二度見せている。調子が良かったであろう金城を差し置いての不調福留起用はここからも疑問、青木だっているのに。

9回裏 1死1塁で代打に新井。スモールベースボールなのに、1点差なのに、ホームラン狙い!?代打宮本で送りバントさせろよ!!!!!何回言わすかなぁ(--〆)しかも、ラストバッターは多村。代打和田だろう!?。1点差の最後の打者が、新井→多村なんてあまりにも策が無いぞ。

かなり熱くなってしまったが、俺は決して王さんが嫌いなわけではない。ソフトバンクがあんなに強くなったのも王監督だったからだろうと思っている。でも、短期決戦・国際大会での采配はちょっと違っているとも思う。それ以前に投手・野手ともにビッグネームに走るあまり、バランスを欠いている。先発投手が多すぎるのもそう、軟投派投手が少ないのもそう、左右のワンポイントリリーフがいないのもそう、単打が期待できる打者が少ないのもそう、走り屋(赤星とか)がいないのもそう、投手をしっかりリードできる捕手(矢野・古田だって良い)がいないのもそう。巷では、松井がいれば、城島がいれば、井口がいればという声も聞かれるけど、出たくないやつのこと言ったってしょうがないよ、出てくれる人の中から本当のベストチョイスをして、その駒を使い切らなきゃ。シリーズを通して1回もマウンドに上がらない投手がいたり、日本で最もヒットを打っている男がたったの2打席しか打席に立てなかったり(しかも不調なレギュラーがいるにもかかわらず)、選び方・使い方は次回の国際大会までに是非勉強してもらいたい。

そして、もっと送りバントをしろ!!!!!!!(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

WBC 日本惜敗

正直試合は見ていないのだが。。。

西岡のタッチアップが誤審だとか贔屓だとか、清水の唾付け投球が良いの悪いのと結果以外の部分がずいぶん騒ぎになっている。日本対アメリカの審判が3人もアメリカ人だったり、1次リーグと2次リーグで対戦国がそのままスライドするシステム(こうすることで、アメリカは格下?の地域とのみ戦い続けて決勝にいける)だったりと、まぁ、やってることはプロレスチック。なにせ主催がメジャーリーグなんだからアメリカが負けるような大会であるわけは無い。国際大会としては全く価値が無いと思うし、こんな大会じゃ世界に野球を啓蒙する役割は担えないだろう。

だけど、だからこそそんな茶番にも真っ向勝負を挑んで、そして勝つことで、スポーツとしての日本野球のすばらしさを見せて欲しい。1次リーグで他のアジアの国は東京ドームで全試合を行う(これもまた日本を出場させようという茶番)不公平さの中でもしっかり戦って、韓国にいたってはホームである日本に勝っちゃったじゃない。世界のスポーツの中で野球の地位がどうなろうが知ったこっちゃ無いが、今回のようにアメリカ圧倒的優位な状況下でそれを破ることができたなら今年の日本のプロ野球はすっげぇ盛り上がるに違いない。

微妙な判定ですったもんだしないよう、とるべきところでしっかり点を取って、替えるべきところではスパッと投手を変えて、すっきり勝っちゃいましょう。がんばれニッポン(@^^)/~~~

できればベンチワークはもうちょっと積極的だといいなぁ、選手いっぱい連れてってんだからさ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

悲劇2

「サンウ゛ィクトワール は3月12日(日)阪神11R桜花賞トライアル(3着まで優先出走権)第40回フィリーズレビューGⅡサラ3歳オープン(指定)(混)(牝)馬齢に出走し、12着 になりました。」

うちの唯一のオープン馬。まぁこの血統だし、距離的にどうかなぁとは思ってた。相手もかなり強化したなぁとも思ってた。でも1番人気で12着ってのは。。。

さすがに今日は心が折れました(*_*)

ちなみにスカパーチューナーは2600円で落札完了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

悲劇…

どうにもスカパーの受信が出来ない。物干し台に設置して野ざらしにしているため、これまでも度々、しかも相当度々、雨や風や雪で倒れては元に戻し、受信設定を都度しながら使い続けてきたが、今回はどうも再起不能っぽい。

なもんで、かなり思い切って、欲しいものリストの中からマルチサテライトアンテナルネキュー40を購入、21,300円も払ってね。早速組み立てる。現物を見ると半球体のこのビジュアルは想像以上にかっこいい、なにせ21,300円も払ったからな。しかも、子供心をぐっとつかみそうないでたちに近所のガキどもはきっと、「なんだこれぇー」といじりだすに違いない、なにせ21,300円も払ったしな。平置き設置(が出来ちゃうんですこのアンテナ)なんてした日にゃ、ボールと間違えて蹴られるかもしれないな、なにせ、21,300円も。。。←しつこい(^_^;)

ところが、このルネキュー40、我が家のチューナーUNIDEN DS8000Pr-Jには繋がらないのだ(T_T)。ルネキューの求めるローカル周波数10.678GHzをチューナー側が設定できないのがその原因で、(スカイのつかない)「PerfecTV時代のチューナーにはそういうこともある」のような但し書きがWEB上にも記載されてるし、もうこれは自らを責める以外に無い。「一部の地域を除いて放送を延長いたします」のテロップで安心していたら「一部の地域」ってここかよ!!くらいの衝撃だ。

いつもの俺ならここで21,300円もした無用の長物ルネキューをヤフオクで売り飛ばすところだが、どうにも手放したくないこのかわいいアンテナのために、逆にチューナーをオークションで落札中である、3,000円くらいの予算で(^_^;)

だれか、スカパーのチューナー下さいm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

「食品衛生責任者」資格取得

6時間講習を聞くだけなんだけどね。。。(^_^;)

しかし、ひとつのテーマで6時間もただ話を聞くだけってのは、学生時代にも無かったことではなかろうか。運転免許の学科だって1日に受講できるコマに制限があったはずだし。。。スタート1時間くらいで良い感じにα波がやってきて、懐かしの睡眠学習状態。おかげで、「腸炎ビブリオ菌」「サルモネラ属菌」「黄色ブトウ球菌」「カンピロバクター」「ウェルシュ菌」「病原大腸菌」「ボツリヌス菌」「セレウス菌」など、細菌性食中毒に瞬間的に詳しくなったよ。あれっ、「カンピロバクター」ってなんだったっけ、もう忘れかけてる。。。(^_^;)

それにしても受講者の数がすごい。都市によっては受講の順番待ちだって言うからなぁ。「飲食店開業のために絶対必要な唯一の資格」であり、、「『精米店(お米屋)がおにぎりを販売する』『カラオケ店やマンガ喫茶で軽食を提供して売り上げを伸ばす』など、既存の事業に飲食サービスを付加し、新たな事業を展開することもでき」(飲食店オーナーに必須!「食品衛生責任者」より引用)て、かつ取得が簡単とあれば人気なのも納得。

だ・け・ど、俺の人生において今後この資格が活用されることはまず無いだろう、一日つぶして何やってんだ、俺(^_^;)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

WBC 2次リーグに向けて

リンク: F氏の独り言.

いずれにしてもこのままでは2次予選も厳しいかもしれない

義兄は韓国戦を現場で見ていたらしい。その彼のブログでの一言が↑これ。TVで見てた俺でもこのくらいの感覚は持った、正直「このままだと2次で1勝もできないってこともあるかもなぁ」くらい思ってる。日本が弱いということではなく、アウェーであの戦いが出来る韓国の強さは本物だと思ったし、優勝候補アメリカだけでなくメキシコorカナダだってメンバーを見たら弱いはずは無い。ホームで韓国にさえ勝てなかった日本に勝ち目はあるのだろうかと本気で心配だ。

なのに、韓国戦後のメディアの扱いは「『思わぬ』敗戦」「『まさか』の逆転負け」とまるで韓国の勝利がフロックだったかのようだ。トリノ五輪前もそうだったが、ナショナリズムを煽って雰囲気を盛り上げようって気持ちはわかる。でももうちょっと対戦国の情報をしっかり集めて分析して報道しようよ。「日本はアジア最強」とか「1位通過は既定路線」とか根拠の無いことを次々とまぁ翼賛というか洗脳というか。。。オリンピックといい野球といい「戦前報道にダマされた」と思ってる人多いんじゃないかなぁ。

「2次リーグは相当厳しい戦いになるだろう」って、相当数のプロ野球ファンは感じていると思う、それでもプロ野球ファンは応援するよ、きっと。「強い日本じゃないと」「優勝候補じゃないと」盛り上がらないからと勘違いして偏った報道をするのはやめてほしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

WBC 日本敗れる(-_-;)

とりあえず予選でよかった。。。

ツバメ陣は岩村4の1、青木打席無し(守備のみ)、宮本出番無し、そして、そして、そして、石井弘が、そう、我が
ヤクルトの石井弘が
よりにもよってイ・スンヨプ、そう、
巨人のイ・スンヨプに
逆転決勝2ランを打たれっちまいましたーーーーー(T_T)

別に石井を擁護するわけじゃないですが、例えば4回裏、1アウトランナー2塁(小笠原)3塁(岩村)でバッター川崎のシーン、スクイズで1点取っときましょうよ(結果ショートゴロで岩村本塁憤死)。例えば7回裏、ノーアウトランナー1塁(イチロー)でバッター西岡のシーン、送りバントでもエンドランでもきっちりランナー進めましょうよ(結果バントを2回失敗した挙句見逃し三振)。日本の攻撃陣は明らかにパワー不足なんです。シドニーでのウイリアムスや、今日のク・デソンのように日本では一流とは言い難かった投手にだって手も足も出ないんです。台湾や中国にコールド勝ちして変な錯覚を起こしちゃったのかなぁ。ランナーが1塁に出たらしっかり送りバント、3塁までランナーを進めたらとりあえずスクイズ。長嶋ジャパンでは望めなかったこんな野球を王さんならしてくれるし、王ジャパンのメンバーならできると信じてたのに。。。何点勝ってても次の1点を貪欲に狙う姿勢が国際試合ではいかに重要なことか監督も選手も観客も思い知ったのではのではないでしょうか。この試合が予選の最終で本当に良かった、2次リーグでは真の「スモールベースボール」が見られることを期待します。

そして、石井弘のリベンジと岩村・青木・宮本の大爆発にも超期待です。がんばれニッポン!!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年 今年こそ欲しいもの

☆HDD&DVDレコーダー 東芝RD-XS38

☆デジカメ FUJI FinePix Z2

☆防水のキッチンタイマー

☆i-Pod

☆お風呂テレビ カシオDV-900W

☆マルチサテライトアンテナ ルネキュー40top






「今年こそ」ってのは2005年初頭から欲しかったのにまだ手に入っていなくて、かつ、いまだに欲しいという意味が込められている。総額で30万はしないと思うが、これらのうちたったひとつにでも手を出せなかったあたりに今の我が家の経済事情が伺える(-_-;)。HDDレコーダーとデジカメのこの型なんて春には市場から消えてしまうだろう。。。「競馬やめれば買えるんじゃない」というとてもナイスな提案が当然のように予想されるが、逆に「競馬をやめたら必要なくなる」ものばかりなので、提案自体は至極正論だとしても、俺にとっては本末転倒な話だ(^_^;)

パソコンや車や家を買おうとしてるわけでもないし、子供やペットがいるわけでもないし、服なんてここ数年全く買ってないような気がするが、俺の給料はいったいどこに消えていってるんだろう、やっぱJRAか(^_^;)?

ちなみに、先週の福島の飲み会で一部の方から光栄にも「変ってないね」というお言葉をいただきましたが、それは以前会ったときと服や靴やカバンが「変ってない」からではないでしょうか?なんなら髪も相当抜けてますし、顔や腹には当時比1.5倍くらいの肉がついているはずですから(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

相変わらず

携帯を使えない(^_^;)

とりあえず字を打てないので、かけた電話やかかってきた電話が誰だったのかを登録できず、いざこっちから誰かに電話しようとしても誰がどの番号なのかわからない。もっぱら会社からの呼び出しに応じるだけだ。さかのぼってみると誰かが登録してくれたのか一件だけ名前で登録されている番号があった、登録名「タクシー」。いや、タクシーそんなに使いませんから(^_^;)

しかし、風呂入ってても、エッチしてても、飲んでても鳴ったら出なきゃいけないというこの拘束感、俺は嫌だな。ついでにいつの間にか写メのボタンとか押してしまっておろおろしてしまうのも嫌だ、何で持つところにボタンが並んでんだよ!!

そんな俺に対し岡田氏から一言、「原始人か」と。ワープロ専用機がいまだに現役なのとどっちがという気もするが、まぁ、認めざるをえないな。。。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

駒苫は繰り返す

リンク: Yahoo!スポーツ - ニュース - 出場辞退に広がる波紋 高野連会長「誠に残念」.

だから夏の優勝取り消しときゃよかったんだよ。高野連も今さら前回の処分の甘さに気付いても遅いっての。しかし、一年もたっていないのに不祥事を繰り返すってここの高校どうなってんの?で、こんな高校を「センバツ」しちゃった春の甲子園、いろいろ大変だ(^_^;)せめて今度は一年以上の出場停止にしてね、3度目が夏の大会で発覚しないようにさ、高野連様。でも、「夏春夏3季連続不祥事発覚」てのもいいか、ネタとしては。。。

そうこうしているうちに、WBC初戦は中国に圧勝。中国に負けることは無いだろうとは思っていたけど、台湾・韓国は侮れない。王JAPANよ、強敵にこそスモールベースボールを見せ付けろ!!でも「スピード&ストロング」はちょっと違うだろう、少なくても「ストロング」な感じは無いぞ(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »