« WBC また負けた。。。 | トップページ | WBC  vs韓国 »

2006年3月17日 (金)

WBC メキシコありがとう

もう、メキシコに足を向けて寝られない、メキシコってどっちだ?

メキシコが頑張ったのはもちろんだが、打てなくてもエラーされても失点を最小限に抑え続けた日本投手陣の踏ん張りも準決進出の大きな要因。投手は起用法に若干?もあるがそうそう崩れることは無いだろう。問題は打線だ。岩村に関する情報が無いので、↓こんなのはどうでしょう、王監督。

西岡(二)
金城(左)
イチロー(右)
和田(D)
松中(一)
今江(三)
川崎(遊)
里崎(補)
青木(中)

ポイントは左右を交互に配置した正真正銘のジグザグ打線、登板投手数の多いWBCはどんな型の投手にも対応できる柔軟な打線が必要。同様の理由から、振り回したり引っ張ったりしかできない選手はスタメンに要らない。和田・青木と率を期待できる選手を。ただ、松中ファーストは現実的には?かな。。。 イチローは3番で。今回川崎→イチロー→西岡の9・1・2番はわりと機能しているのでそのまま川崎・イチロー・西岡を1・2・3番に配置する手もある。
 とにかく、松中・福留・和田・小笠原・青木あたりの出し入れを中心に思い切った打線改造を期待、事実今回の王ジャパン打線は全く機能していないんだから。そして、守備固め、ここイチのバントの場面では宮本など、こまかく選手を起用して欲しい。

あとは、ボブ・デービットソンに注意(^_^;)

|

« WBC また負けた。。。 | トップページ | WBC  vs韓国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/9142447

この記事へのトラックバック一覧です: WBC メキシコありがとう:

« WBC また負けた。。。 | トップページ | WBC  vs韓国 »