« 椿山課長の七日間 | トップページ | きょうは(BlogPet) »

2007年6月28日 (木)

藤井フミヤ「Order Made」全曲レビューその1

発売一週間で30回転はさせたと思うほど、ヘビーローテーションで聴きまくってる。

そんなおいらが贈る「OrderMade」全曲レビュー。多分全曲紹介する前に飽きるか、挫折すると思うけど(^_^;)なんで、好きな曲から順にいこー。

初回は
10.Faces(作詞 藤井フミヤ・佐橋佳幸 作曲 佐橋佳幸 編曲 RAWGUNS)

02.Time Limit(作詞・作曲 斉藤有太 編曲 RAWGUNS)

 この2曲はとにかく音がかっこいい。ぶっちゃけフミヤの声いらないかも(^_^;) RAWGUNSというバンドのプレイヤーとしての実力が溢れている作品。RAWGUNSで一曲くらいインスト入れればよかったのに、マジで。ライブでは有太さん(Key)と佐橋さん(G)がどうしてもフィーチャーされてしまってたけど、豪ちゃん(Dr)と有賀さん(B)の土台があってこそのこの音。車で、大音量で聴くと本当に気持ちいい。
 歌詞はどちらも女性の描写がちょいエロ。
「完璧な体で動くお前を 見てるだけでもすぐイッちまう」
「立ったままでもすぐに始まるから 終わりなんてなくて続いちまう」
とか
「あどけない妹」「逆らわない母親」「抜け目ない娼婦」「我慢できない女帝」
とかね。
 本当に今の日本で最高のバンドかもしれないよ、RAWGUNS。02.のほうはコーラスでAMAZONSも参加。

|

« 椿山課長の七日間 | トップページ | きょうは(BlogPet) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/15580059

この記事へのトラックバック一覧です: 藤井フミヤ「Order Made」全曲レビューその1:

« 椿山課長の七日間 | トップページ | きょうは(BlogPet) »