« 自販機で | トップページ | 天皇賞 秋 »

2007年10月28日 (日)

クラブデビュー

ワウディーのメンバーに誘われて、PLAYERS CAFE moriokaというクラブに行ってきた。

35にしてクラブデビューである。終始、スピーカーの前に陣取り大音量に身をゆだね、小さくステップを刻み、体を揺らして4時間、気持ちよかったなぁ(^^) ワウディーでHipHopを教えてくれているKANAKOもいたのだが、夜のKANAKOはこれがまたイイ女なんだ(別に昼のKANAKOがブサイクだというわけじゃない)。KANAKOとはおそらく初めて面と向かって話をし、「35になって始めて来た」という話をしたら非常にウケてくれ、なぜか握手を求めてきた、ちょっと嬉しかった、でも覚えてねぇだろうなぁ、KANAKOは。

ただ、再確認したこともある。音だけを比較したら、どんなにスピーカーの近くにいようと、どんなに大音量だろうと、生音には絶対勝てないということだ。PLAYERS CAFEの広さだと、2年前のアブラーズ青森Quarterライブ、去年の仙台CLUB JUNK BOXライブと同じくらいだが、体への響き方が全然違うし、さらにフミヤのサンプラザホールや武道館はその音響効果もあって心地良さが格別だ。2001年夏のツアーであるCLUB Fはホール全体・公演全体をCLUBに見立て、それを再現したものだったんだと今日始めて実感できた。

図らずも、今年の年越しライブは、「『クラブ☆フジイTOKYO』と銘打ち、武道館全体を巨大なディスコ化。」するとのこと(クラブというよりはディスコに近い感じと本人がコメントしている)。最近は、ラブソング色が強かったり、オーケストラ編成だったりと、ノリという点を多少オミットしてきた感があったが今年は疲れるほど踊らせてくれるだろう。さらに、ドラムス屋敷豪太、パーカッションスティーヴエトウ、ベース有賀啓雄で構成されるリズム隊なら、今の日本のプレイヤーでは最高峰のグルーヴを生み出してくれるはず。

ヨメとゆうちゃんには悪いが、今年は一人ででも行かせてもらいます、年末の武道館へ!!!

ということで、クラブデビューの話が結局チェッカーズに帰結してしまったが、でも、本当に楽しい夜だった。また、いろんな遊びに誘ってください、メンバーの皆様方m(__)m

|

« 自販機で | トップページ | 天皇賞 秋 »

コメント

語呂的には
「のぶとツバメとチェッカーズ」
か。

投稿: あぶらず | 2007年10月29日 (月) 23時58分

次はタイトルに反映じゃな!

投稿: SYU | 2007年10月29日 (月) 23時45分

日記見ました!!
コメントもさせていただきました!!!

が、自らまいた種とはいえ、
冷静になってみると、きっかけは
「本当に他愛も無いこと」
だったんですよねぇ。

こんなに話が膨らむとは思いもよらなかった。

と、ノブさんも思ってるだろうなぁ(^_^;)

投稿: あぶらず | 2007年10月29日 (月) 21時47分

支所前昼食しましょう!

シューザいルの日記が
結構面白い事になってるので、
あぶらさんもコメントよろしく☆

投稿: ヨーコ | 2007年10月29日 (月) 00時14分

このコメントの左側を見てください。このブログがマイナーチェンジしたことがわかると思います。

が、このコンテンツは「活字にすると全く面白さが伝わらない」という致命的な欠点を抱えています(^_^;)

ただ、ワウディー陰の広報部長としては何もしないわけにもいきません。次の機会には「ノブ追尾カメラ」によるムービー長回しで彼の伝説をワールドワイドにお届けしたいと思います。

個人的にはそんなどーでもいーこと(^_^;)よりも、「支所前食堂のモツ鍋をみんなで囲む」コンテンツのほうが楽しみです(^^)

投稿: あぶらず | 2007年10月28日 (日) 20時47分

れじぇんど おぶ のぶ

は???笑

投稿: SYU | 2007年10月28日 (日) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/16895451

この記事へのトラックバック一覧です: クラブデビュー:

» 赤坂晃&大地真央の密会動画 [赤坂晃&大地真央の密会動画]
元、光GENJIのメンバーで現在シャブ中の赤坂晃と元宝塚歌劇団の大地真央が密会している動画ですが、少し普通のカップルとは違うんですよこれが、何が違うのかといいますとですね、 [続きを読む]

受信: 2007年11月 1日 (木) 12時52分

« 自販機で | トップページ | 天皇賞 秋 »