« EXILIM Hi-ZOOM EX-V7入院(-_-;) | トップページ | 誕生Party »

2008年1月19日 (土)

電車男 映画版

映画版は佐々木蔵之介・木村多江・西田尚美・大杉漣と、好みの役者がずらり(^^)さらに、国仲涼子・瑛太・もちろん主役の山田孝之・中谷美紀も含めてキャストが豪華、さすが映画!!!

だけど、本当にクドイが俺は「舞台版」が好き。

今回映画版を観て改めて思ったのは、映画もドラマも結局電車男とエルメスのラブストーリーにしてしまっている(キャストのトップが山田&中谷 伊藤&伊東であることでも明白)という点。解釈の問題かもしれないが、電車男という話の面白さの本質は、電車男と毒男達のある意味特殊な友情(と2ch独特のハイテンションさ)にあると思う。その点をメインに据えた舞台版とおかずにしてしまった映画&ドラマ。俺は断然前者が面白い。ヲタクとお嬢様のラブストーリーって、形を変えた美女と野獣パターンだということに気付けばありきたりとも言えるし。。。

舞台そのものを見たことの無い人は、「どうやってあの世界観を表現しているんだろう?」と思うかもしれないが、そこは映像畑出身の堤監督。モニターと特殊なセットにより見事にそれを実現している。逆に、舞台をよく見る人は「こんな表現の仕方もあるのか」とその斬新さに驚くかもしれない。でも、観客と役者との一体感(笑うべきところで笑い、驚くべきところでどよめくなど)という舞台の醍醐味もしっかりある、そんな作品になっている。

全然映画版の記事になってないね(^_^;) とにかく一度「舞台版」のほうを見てみてよ、と思わせる映画だったってことで、どう?

朗読劇ってのもあるんだ…これは観てないな。

|

« EXILIM Hi-ZOOM EX-V7入院(-_-;) | トップページ | 誕生Party »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/17755754

この記事へのトラックバック一覧です: 電車男 映画版:

« EXILIM Hi-ZOOM EX-V7入院(-_-;) | トップページ | 誕生Party »