« モスタードーナツ | トップページ | ガス屋が点検にやって来て »

2008年2月21日 (木)

ワウディーダンスチームにおける脚質理論②

脚質っていうのは、逃げ先行が強くて差し追い込みが弱いとかそういうことではない。それぞれの脚質にはそれぞれのメリットデメリットがある。

私は追い込み脚質の人間なので今回はそれに特化した話になるが、追い込み脚質の一番の弱点は「ラストスパートで不利を受けることがある」という点。現実の競馬では、最後方を追走していた場合、前を走っている残り10数頭を全て抜き去らねばならず、その際に前の馬が邪魔になったり邪魔されたり(競馬では不利を受けるという)するリスクが高いのだ。こと「ダンスの発表会」に関していえば、自分以外の人は敵ではなく味方(なはず)なので、他人に邪魔をされるという不利はありえないが、

「追い込まなきゃいけないときに限って仕事が終わらない」
「追い込まなきゃいけないときに限って子供が泣き止まない」
「追い込まなきゃいけないときに限ってエッチビデオが100円」
「追い込まなきゃいけないときにたまたまホノルルマラソン」
「追い込まなきゃいけないときにたまたま合コンの予定」

など、人間・オトナならではの環境に起因する不利がまま起こる。

かくいう私も本番まで残り2週間を切っている今日は「ムチのいれどころ」とばかりに会社を休んでワウディーに向かったものの
「追い込まなきゃいけないときに限ってHIROSHIがレッスンに来ない」
というこの上ない不利に見舞われた。

さぁ、残り11日で体勢を立て直し、差しきる(追い込みが決まるということ)ことができるのか。HIROSHIのレッスンを一度も受けないまま時だけが過ぎていく。。。

HIROSHIさんお体を大切にm(__)m

|

« モスタードーナツ | トップページ | ガス屋が点検にやって来て »

コメント

あれ、最後の2行に何か心当たりでもおありで…(^_^;)あくまで一般論ですのでお気になさらずに、どうかひとつm(__)m

それにしても、バレンタインパーティーで100人斬りですと!!?しかも、「レッスンよりも大切なものがある」とか言いながら、私の3倍以上のレッスンもこなすにっすぃさん、さすがです!!!

投稿: あぶらず | 2008年2月23日 (土) 07時46分

「追い込まなきゃいけないときに~」
その最後の2行、誰のことでしょうねぇー。

そりゃ、レッスンより大切なものがありますけどね。
バレンタインの「ワインDE愛パーティー2008」は100人規模の大合コン。すごかった。。

そうそう、私、レッスンに女性がいないとスタジオ入りませんから(^_^;)
馬ならゲートまで行ってなんとか走るんでしょうけどね。

投稿: にっすぃ | 2008年2月23日 (土) 01時13分

tokiさんナイスコメント!!早速本文に
「追い込まなきゃいけないときに限ってエッチビデオが100円」
の一文を使わせていただきましたm(__)m

モグさんは確かに分類しづらいですね。競走馬の中にはどんな展開でも自分の力を発揮できる「自在」と言われる脚質の馬がいます、これに近いかも。モグさんの場合「自在」というより「自由」かもしれませんが(^_^;)

シュータローさん、なんでこんなことになってしまったんでしょうね…

投稿: あぶらず | 2008年2月22日 (金) 09時00分

下のコメント、丸1丸2が抜けました。

投稿: モグ | 2008年2月22日 (金) 01時13分

とかなり興味深い分析。
俺は何馬なのでしょうね。
どれにもあてはまらないような気が・・・

投稿: モグ | 2008年2月22日 (金) 01時10分

なんでこんなことになってしまったんじゃろう・・・

投稿: シュータロー | 2008年2月22日 (金) 00時38分

今日のMAYUMIさんのHOUSEも楽しかった!
MAYUMIさんの体力に脱帽・・・
半端無いです!!
そして、HIROSHI君が練習で顔を真っ赤にしながらも
さらりとやってのけたドルフィン・・
たくさん、学べました!!!

この場をお借りして、HIROSHI君お大事にm(_ _)m


「追い込まなきゃいけないときに限って性欲が止まらない」
はどうなりましたか??笑

投稿: Toki | 2008年2月21日 (木) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/40211030

この記事へのトラックバック一覧です: ワウディーダンスチームにおける脚質理論②:

« モスタードーナツ | トップページ | ガス屋が点検にやって来て »