« 話術にプレゼンしなかった(BlogPet) | トップページ | 天皇賞(春) »

2008年5月 4日 (日)

HIROSHIのHipHop&ボウリングin水沢→F-BLOOD TOUR 2008 Ants in Zepp Sendai

翌日にF-BLOODライブ遠征を控えながら水沢までHIROSHIのHipHopレッスンを受けに行き、そのまま日付越えの深夜ボウリング大会。結果惨敗で罰ゲームをお土産に帰宅後、数時間で仙台へ出発。

仙台到着後即会場へ。開場2時間前でまだ客はまばら。Cimg1768
空いているうちにツアーTシャツ購入。Cimg1788_3
仙台にきたらこれ。トライアングルの特製スープスパゲティ。今日は車じゃないのでビールのオマケ付き(^^) 明日は天皇賞春なので東スポ読みながら1時間以上マッタリと。Cimg1769
開場時間5分前に再び会場前に着くと凄いことに、結局入場開始から着席まで45分待ち(-_-;)Cimg1776
セットリストCimg1780
Cimg1783  構成はドラム(豪ちゃん)・ベース(有賀さん)・ギターx2(昭ちゃん 藤井さん)そして、フミヤ&尚之。尚之もサックスを使わないときはギターなのでギター3本、キーボード無しのロック色の強いステージ。正直、ロック色が強くなればなるほど俺はちょっと苦手(^_^;) だが、その中にあって豪ちゃんの軽さの無い(=重厚な)ドラムは今回のステージにあっていたのか、すごく音が映えていた。

 ロック色が強いということ以外では、やはり兄弟のハモリがこのライブのウリということになるだろう。さすがに血が繋がっているだけあって、声のシンクロ具合が素晴らしい。場面によってはどっちがどっちを唄っているのかわからなくなるほどだ、二人とも歌詞が吹っ飛ぶのはまぁご愛嬌。日本のデュオ・デュエットでここまでのシンクロしたハーモニーを聴かせるとなると、思いつくのはケミ・RYTHM、あとは由紀さおり&安田祥子姉妹と狩人くらいじゃなかろうか。

 新作はほとんどCDのまんま再現してあって、ライブならではのアレンジを楽しむという感じでは無かったのがちょっと残念。…が、そんな細かい不満も「運命-SADAME-」「You Love Rock'n Roll」 「BLUES OF IF」の3曲をやってくれたので、相殺してお釣りが来る(^^) チェッカーズ時代のライブを見たことのない人間にとっては、当時の曲をやってくれるのは本当に嬉しい。この3曲以外でも「SHOOTING STAR」「白い雲のように」なんかは懐かしかったなぁ、長野五輪と猿岩石だもん(^_^;) MCも懐かしネタが多かったな、尾崎豊のこととか、レッツゴーヤングのこととか…。な感じで、後半~アンコールはいつも通り盛り上がり、満足満足で帰宅。

それにしても

日曜日 秋田行き
月曜日 JAZZに挑戦
火曜日 パウ体験
金曜日 水沢でHipHop&ボウリング
土曜日 F-BLOOD

と、今週は非日常続きな毎日。それはそれで楽しいのだが、明日はフツーーーにワウディーと天皇賞春で良いかな(^_^;)

|

« 話術にプレゼンしなかった(BlogPet) | トップページ | 天皇賞(春) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/41081800

この記事へのトラックバック一覧です: HIROSHIのHipHop&ボウリングin水沢→F-BLOOD TOUR 2008 Ants in Zepp Sendai:

« 話術にプレゼンしなかった(BlogPet) | トップページ | 天皇賞(春) »