« 着メロ(藤井フミヤ) | トップページ | さわやかフェスタ&南部杯 »

2008年10月11日 (土)

F’s KITCHEN(藤井フミヤ)

2008年10月8日発売。

 今回は、超豪華なアーティスト達にが製作に参加した、コラボ・アルバムなのだ。コラボの定義が難しいけど、単なる詞・曲の提供だけでなく、その共作・アレンジ・演奏・コーラスにまで参加してるってこと。

 例えば、1曲目はゴスペラーズなんだけど、ゴスペラーズが詞も曲も書いて、さらにコーラスにも参加してるわけ。「ならこのままゴスペラーズが歌えば良いんじゃね?」って言うくらいゴスペラーズな曲なんだけど「でもとりあえずリードボーカルはフミヤさんにやってもらいました」みたいな。
 例えば、2曲目は奥田民夫が詞も曲も書いて編曲もしてギターも弾いてコーラスもやってるわけ。「ならこのまま民夫が歌えば良いんじゃね?」って言うくらい民夫な曲なんだけど「でも一応ボーカルはフミヤさんで」みたいな。
 例えば、3曲目は…(以下似たような感じで繰り返す)

分かりやすく言うと、「参加したアーティスト達の未発表曲を、未発表なうちにフミヤがカバーしちゃった」みたいな感じ、ウン、全然分かりやすくねぇ(^_^;)

 で、どれほど豪華なアーティスト達かというとこんな感じ

浅井健一
奥田民生
GOING UNDER GROUND
ゴスペラーズ
財津和夫
THE COLLECTORS
常田真太郎 (スキマスイッチ)
TRICERATOPS
フジファブリック
槇原敬之
横山剣 (クレイジーケンバンド)

 豪華・豪華と言っているけど、フジファブリックあたりになると、新しすぎて実は全く知りません(^_^;)

 まぁどの曲も「この曲フミヤに演らせんの?」という斬新さがありファンとしてはかなり新鮮なのだが、中でも、「らしい」のはやっぱり民夫とマッキー。特に、民夫に関しては「あぁ、ついにユニコーンとチェッカーズの融合かぁ」という別の感慨もある。けど、今の人たちはきっと「ユニコーン」と「チェッカーズ」がわからないんだろうなぁ。。。(^_^;) 

↓奥田民夫参加の「SUNNYで!」

 ここまでは、CMもかねて褒めちぎってきたが、一ファンとしては注文も。まずは、全曲佐橋さんのアレンジが入っている上に、コラボアーティストの編成によっては、ドラム屋敷豪太・SAX尚之・コーラスAMAZONZのように最近のフミヤバンドの編成で録られたものもあり、最終的に「フミヤの曲」的に変に収まった感があること。これは一長一短で、こうでもしなけりゃひとつのアルバムとしてまとまらなかったのかもしれないが、「詞も曲も編曲も演奏もコーラスもぜーーんぶお任せで、歌入れにだけ行ってきました」みたいな完全なる委ねでできた曲が何個かあっても面白かったかなと。
 もう一つは、注文というか次回への期待も込めて。コラボアーティストとして、サザンオールスターズ・B'z・久保田利伸・スガシカオなどビックリするようなところ(今回のも大概ビックリだけど)を攻めてもらいたい。もしくは、ユーミン・浜崎あゆみ・宇多田ヒカルなど、女性アーティストにやってもらうとか。にしても、ここに出してる名前も古いんだろうな、今の人たちには…(^_^;)

ということで、こちらで全曲試聴できまるのでフミヤファンじゃなくても参加アーティストのファンの方などぜひ一度聴いてみて。でも、「この曲はそのままマッキーに歌わせろ」的なクレームは辞めてね(^_^;)

|

« 着メロ(藤井フミヤ) | トップページ | さわやかフェスタ&南部杯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/42756094

この記事へのトラックバック一覧です: F’s KITCHEN(藤井フミヤ):

« 着メロ(藤井フミヤ) | トップページ | さわやかフェスタ&南部杯 »