« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

ジャパンカップ

約三名の方が心待ちにしている(かもしれない)予想。

3世代ダービー馬(サムソン・ウオッカ・ディープスカイ)対決と煽られているが、ウオッカ・ディープスカイの適正はもっと短い距離にある。今年はスタミナ比べになると予想し、オウケン・アサクサのむしろ菊花賞馬対決とふんでみた。今年の3歳世代のレベルはかなり疑問なのだが◎は①オウケンのほう。神戸新聞杯ではディープスカイより0.6秒速い上がりを繰り出しているところが、瞬発力重視な俺好み。

◎①オーケンブルースリ
○②メイショウサムソン
▲⑮アサクサキングス
△④⑨⑭
×⑤⑧⑩⑬⑯

馬券は
三連単マルチ①→②→④⑨⑭⑮
三連複 ①-②-⑤⑧⑩⑬⑯
      ①-⑮-④⑤⑧⑨⑩⑬⑭⑯

さらに印は回せないが、外国人ジョッキー・外国馬には表敬の

複勝 ③ ⑥ ⑪

計40点。

と言っても、まぁ2週連続は当たらないんで(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ノブコフがやってくる!!

「kids cafe moog(キッズカフェ モーグ)」でこんな告知をしていた。

30日(日)には、元男子バレーの全日本選手・斎藤信治さんを招いて「高い高~い体験イベント」が開かれます。身長205cmの「ノブコフ」の「高い高い」は、本当に高い! ぜひお楽しみに。

「うーん、ゆうちゃんは泣くだろうか?」

「いや、泣くね」

的な夫婦の会話をしているうちに(なので多分行かないと思う、見てみたいけど)、「ノブコフ、ノブコフ」って結構言いづらいなということに気が付いた。

そこで、早口言葉にしてみた。ノブコフの父・ノブコフの母・ノブコフの子供という意味で、

パパノブコフ ママノブコフ コノブコフ

これを早口で三回繰り返す。

パパノブコフママノブコフコノブコフ パパノブコフママノブコフコノブコフ パパノブコフママノブコフコノブコフ!!

言える?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月29日 (土)

「どお」なのか「どぅー」なのか??

ワウディーでは12月の何日だったかに、何とかって言うファイドウの家元のような人が来て、参加料いくらかだったかでスペシャルレッスンを限定何人だかで行うらしい。←数字・人名全てあやふや(^_^;) そのうちオフィシャルでも告知されると思うので是非是非お見逃しなく!!

で最近、各レッスン開始のアナウンスと一緒に↑のスペシャルレッスンの告知もしてるわけ。今日だけで4回は聞いたかな(そのわりには数字や人名が…)。そのアナウンスを聞いてて気になるのが「ふぁいどお」なのか「ふぁいどぅー」なのかってこと。結構違うんだよねぇ、人によって。

ひらがなで書くとイメージしづらいけど、

「どお」のほうは「道」って感じで武道っぽい。

「どぅー」のほうは「Do」って感じで「恋=DO!(恋はDO!)」っぽい。

20代以下の人は知らねぇだろーなぁ、「恋=DO!(恋はDO!)」(^_^;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月25日 (火)

参考(BlogPet)

きのうは自慢するつもりだった?
それであぶらずで鳥肌は参考♪

*このエントリは、ブログペットの「さにぃ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

岩盤浴とJAZZとキムチ鍋

温泉の後Tシャツ一枚で館内をウロウロしたからか、
馬券的中の嬉しさのあまり、薄着のまま外をウロウロしたからか、
エロビ鑑賞のあとなぜか裸で部屋の中をウロウロしたからか、
(多分全部)

朝からひどく風邪っぽい。

寒気はするし、鼻水は出るし、咳も出るし…(-_-;)

ゆうちゃんをつれてサティに散歩に行ったものの、一緒に遊ぶことすら出来ない。

しょうがないのでゆうちゃんをヨメに引き取ってもらい、ワウディーへ。

岩盤浴で無理やり汗を出す作戦だ。

30分ほど入ってると、鼻も体もだいぶ楽になってきたが、そのまま帰るのがもったいないので、JAZZに出ることにした。

普段しない動き、全く覚えられない振り、に別の汗が出た。
でも正直新鮮でかなーり面白かった(^^)

ところが、運動したらまたクラクラしてきたので、再び岩盤浴でじっくりぐったり汗を出す。

ポカポカになり、また少し楽になったところでヨメから「迎えにいこうか?」と電話がきた。

体ホクホクで調子が良かったので、迎えは断り、歩いて帰ることにした。
濡れ髪のままだったし、外用の上着をろくに用意していなかったので、一気に体温を奪われ、家に着くころには体の芯まで冷え切って、鼻水が止まらなくなっていた。

家ではヨメが対風邪用に、キムチ鍋(餃子入り)を作っててくれていた。

三たび体が温まってきたので、こんどこそおとなしく寝る。

そんな三連休の最終日。

来週も馬券が当たりますように…m(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月23日 (日)

祖母の喜寿を祝う会

昨日、祖母の喜寿を祝うべく集結した親族一同。場所は鶯宿川長山荘。源泉100%掛け流しの浴槽が自慢の宿だ。Cimg2792

花束はもちろんヨメが作成。派手に祝うということでいつもより大きめに作成、デカイ!!!Cimg2785 Cimg2787

祖母の三女(俺の叔母)一家の仕切りで、宴会もこれまた派手に盛り上がる。
そこで披露された祖母の舞い→母&叔母の舞い→そしてヨメの舞い。ヨメは勢いだけな感も…(^_^;)

それにしても喜寿の祖母(母の母)も、来年還暦の母も、50歳の叔母も若い(@_@)
俺も歳より若く見られることがあるが、それがお世辞じゃないとすればその若さは牝系の血脈によるものかもしれないな。

いやぁみんなで楽しんで、良かった良かった。
ばぁちゃんおめでとう\(^o^)/
次は11年後、米寿の祝いでまた盛り上がろうぜ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイルチャンピオンシップ

またエッチビデオ熱が再発してる。毎晩1本、休み前は2本を通しでじっくりと観る。

最近は借りに行くより、メーカーサイトでのペイパービューを利用することが多くなった。このほうが自分の観たいものを短時間でピンポイントに探すことが出来ることに気付いたのだ。

おかげで最近俺のIMEは「リンカン」と打つと「輪姦」を第一候補に持ってくる。学習してるなぁ…(^_^;)

そんな感じで(どんな感じ?)予想です。

まずはこのサイトで「引退するまで応援する」と何度も何度も宣言している①ローレルゲレイロの単勝、そしてわざわざカナダからやってきた⑩ラーイズアトーニーに敬意を表して複勝を購入する。

本命◎は⑦ブルーメンブラッド。先週のアルコセニョーラもそうだったが、瞬発力で勝負できる馬にどうしても期待してしまう。以下

○⑰スーパーホーネット
▲②ファイングレイン
△①③⑬
×⑮⑯

そして、先週の教訓から鞍上ルメールを無視するわけにはいかない。⑭コンゴーリキシオーを最後に加える。

馬券は

単勝 ①
複勝 ⑩
三連単マルチ ⑦→⑰→①②③⑬
三連複 ⑦-⑰-⑭⑮⑯
     ⑦-②-①③⑬⑭⑮⑯

で、35点。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

小川範子

サラリーマン金太郎に小川範子が出てる。

会社でポツリと

「今日小川範子出るねぇ」

と言ってみた。会社でポツリと言うことでもないが…。

「小川範子?誰?」

←ほぼ同世代の女性のリアクション。

「小川範子知らないの!?マジで!!?『ポスト・ゴクミ』だよ!!」

『ポスト・ゴクミ』って…(^_^;)

説明してる自分にちょっと凹んだわ。。。

いや、小川範子本人はずっと変わらぬ素朴な美しさでありがとうって感じだったけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

WBC 主力級含めた辞退、「最強軍団」構想に暗雲(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

リンク: WBC 主力級含めた辞退、「最強軍団」構想に暗雲(毎日新聞) - Yahoo!ニュース.

どうにも最近のWBCのネタはスッキリするものが無い。特にこの部分↓。

「しかし、理由を明示せず、ただ辞退というのはいかがなものか。原監督によると、ある球団(多分中日ドラゴンズ)は候補者全員が辞退し、その球団(おそらく中日ドラゴンズ)の別の選手に要請したところ、また断ってきた。」

ぶっちゃけ中日ドラゴンズなわけですよ。こりゃ選手の意思じゃなくて、チームの意向でしょ。

「こういうチームにはペナルティを」という過激な論調もあるが(個人的には『中日は他の11球団とオープン戦を出来ない』というペナルティが面白いと思うが)それは現実的ではない。

そもそも、「候補予定リストを非公開にして該当の選手に出場の意思確認」したところが良くない。代表候補を発表した上でなら、世間のバッシング等が抑止力になり「理由無き辞退」はこれほどおおっぴらにはできなかったのではなかろうか。

WBCが「出れるだけで光栄」という権威ある大会になればいいんだけど、そうなるためには「最高のメンバーで編成されたチーム同士の戦い」が必要なわけで…、ニワトリが先か卵が先かって話。代表監督の選考、代表選手の選考については、野球に「ナショナルチームありき」の概念が定着しないと今後も紛糾しそうだなぁ。

で、俺の結論としては、

「来年の中日ドラゴンズのペナントレースは全て『参考記録』」ってことで。

例えば

1位 巨人
2位 阪神
3位 広島
4位 ヤクルト
5位 横浜
(参考記録) 中日 80勝64敗 みたいな。。。

例えば

岩瀬 40セーブ(参考記録) みたいな。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月18日 (火)

本人(BlogPet)

きょう、本人へ参照するはずだったみたい。

*このエントリは、ブログペットの「さにぃ」が書きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

GI初の珍事!武落馬でポルトフィーノ1着 エリザベス女王杯(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

リンク: GI初の珍事!武落馬でポルトフィーノ1着 エリザベス女王杯(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース.

歴史は繰り返す、

武豊も繰り返す…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

エリザベス女王杯

⑮カワカミPの独壇場になりそうな気もするが、一ヒネリ(←このヒネリが余計!?)

◎⑨アルコセニョーラ
○⑮カワカミプリンセス
▲③ビエンナーレ
△⑧⑬⑯
×①②③⑫

馬券は
三連単マルチ⑨→③⑮→③⑧⑬⑮⑯
三連複⑨-③⑮-①②③⑫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月15日 (土)

記憶力絵心クイズ

キッズカフェモーグはあぶらず一家の貸切だった。

なので、ヨメと「記憶力絵心クイズ」をやってみた。

まず最初のお題。P1000252

何だこれ?(^_^;)

正解は…

P1000253

あんぱんまん。絵心無ぇなぁ(^_^;) 草剪画伯を笑えない…。 

ちなみに「ドコモダケ」というお題でもやったのだが、

鳥肌が立つような作品になったので(-_-;)抹消しました。

そんな親を尻目にごきげんなゆうちゃん

P1000250

P1000251

| | コメント (0) | トラックバック (0)

りきっちょです。海外より失礼致します。

りきっちょから告知メール。では全文転載、どーぞ!!

◎海外より告知失礼致します!
●雑誌ダンススタイルにて完全巻頭特集【はむつんサーブwith Big Baby世界との格闘】発売中です。是非一読下さい。

●マドンナとはむつんサーブwith Big Babyのインタビュー対談動画です。マドンナが我々との対談の中で、はむつんサーブとはむつんサーブwith Big Babyについて語っています。Yahoo動画とCDジャーナルのサイトで見れます。お楽しみ下さい。

CDジャーナルトップページの新着情報>
http://www.cdjournal.com/main/top/> >

ニュースページ>
http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=21415


インタビュー配信ページ> http://www.cdjournal.com/main/watch/watch.php?wno=1200000583


Yahoo!動画>http://streamingyahoo.co.jp/c/t/00081/v05724/v0572400000000501290/

春発売したDVD、秋のDVD付きマキシシングル、まだの方はご購入のほどよろしくお願い致します!
ホームページもチェック下さい!
http://bigbabycrew.com/i/index.htm
では!Bigbaby__m1325_light_001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読み応え…

「あぶらずのブログ読み応えあるよね」

長ぇよ!!ってことなんだろうけど…、

最近またその傾向が顕著になってきた。

できるだけ短い言葉で綴りたいのだが…

竹原慎二さんのブログみたいなのが良いんだが…
(←マジでこの人天才だと思う)

じゃぁの
(←無理やり終わらせてみた 笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

ピアノの入門教材『バイエル』はなぜ減ってるの? | エキサイトニュース

リンク: ピアノの入門教材『バイエル』はなぜ減ってるの? | エキサイトニュース.

これはちょっと興味深いコラム。実は4歳~15歳までピアノやってたし。大学時代は飯一食奢ってもらって、教職受ける人にバイエル教えたりもしてた。もう、鍵盤に触らなくなって20年以上経ってるから今じゃ「猫踏んじゃった」すら弾けねぇけど(^_^;)

そんな俺がこのニュースになぜ惹かれるかというと、最近実家でゆうちゃんがピアノを叩きたがるからなのだ。多分今は叩くと音がなる楽しさだけで遊んでいるんだろうけど、物心ついて「ピアノを習いたい」となったときどうかってね。

バイエルの教材的な優劣なんてのは実は些細なことで、問題は

「楽器は毎日練習するのが当たり前」

ていうくだり。これ、同世代でピアノ習ってた人ならみんな経験してると思うけど、「右手10回、左手10回、両手で10回必ず毎日練習してね」ってのが常識なわけ。こりゃもはや苦行だよ。絶対面白くないもん。

最近40の手習いってな感じで、ダンスのレッスンをまがりなりにも受けてるけど、このコラムでも言われてるように、習い事としての質が全く違う。ダンスは週一回のレッスンのときだけやってもそれなりに楽しめるし、高みを目指さなければ技術もそれなりについてくる。でもピアノは週一回しか弾かなかったら技術的にはむしろ後退、先週レッスンで出来たことすらできなくなるから。当然そのレッスンは楽しくないですよ、教えるほうも教わるほうも。そうなると、もう負の連鎖ね、怒られる→弾きたくない→弾かないから下手になる→また怒られる…。で、そうならないためにどうするかっていうと、家庭でだましてでも何でもいいから練習させるしかないわけですよ。つまり、続けさせるためには親が相当がんばんなきゃいけない。余談になるけど、先述した「大学生に教える」ってのはそれに比べりゃずいぶん楽。ってのも、彼らには「試験に受かる」っていう「モチベーション」と練習したらできるようになるという「経験則」があるから。そういう点ではむしろピアノは大人のための習い事だと思う。

てことで、ゆうちゃんが「ピアノ習う」と言い出さなきゃいいなと心配な父なのだ。まぁ、もし音楽的なことに興味持つようだったらとりあえずリトミック(リトミクスじゃ無いよ)的なことをやらせてあげようとは思うけど。。。

こんなこと書いてるとまた

おおおお、どんどん「親」らしくなってるのが
笑えます!!笑
あなたもやはり、人の子だったのですか・・・笑

なんてコメントされちまうな(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUMIYA FUJII CONCERT TOUR 2008 "F's KITCHEN"最終日in仙台  その⑪エピローグ

昨夜の出来事を書いているはずなのにもう一週間も経っているような気分だよ。(事実)

ライブも無事終わり、チケットを譲ってくれた方に改めてお礼をし、ヨメ・ゆうちゃん・KIYOちゃんと合流すべくエスパルへ。

仙台駅でKIYOちゃんお勧めの牛タン弁当(記憶が定かではないがたしか「伊達の牛タン」の「芯タン弁当」とか言ってたな)を購入、帰路に備える。Date_ben02s (こんな感じ↓だった気が…。写真はこちらから拝借)

駅でKIYOちゃんと別れ、ヨメの運転する車で盛岡へ。ちなみに、行きも帰りも運転はヨメ。結局、牛タン弁当も全て俺の腹に入ってしまった。その後睡魔に襲われた俺とゆうちゃんは盛岡まで爆睡(-_-)zzz

ホント、自由に遊ばせてくれて、準備や環境を整えてくれて、しかも次の日まがりなりにも仕事ができるように配慮してくれる、ヨメには感謝してもしたりないよ。と夢心地になりながら考えてた、いやマジで。

そんな車内をこの日のために用意したはずのCDから流れるBGMが包む…。

♪踏んだり 蹴ったり
 踏んだり 蹴ったり
 踏んだり 蹴ったり だけど
 おっかな びっくり
 ドッタン バッタン
 飛びこんでみようよ
 一杯 一杯 一杯 一杯
 一杯 失敗しても
 ぽっかり空いた 胸の中に
 種をまいてみるよ

  (木村カエラ memories)

………。

おしまい(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUMIYA FUJII CONCERT TOUR 2008 "F's KITCHEN"最終日in仙台  その⑩MC

昨日は午後休みだった。ワウディーでパワー→HipHop→X-55(初参加)の変則三冠に挑んだが、サムソンビッグ(=1994年、皐月賞・日本ダービー・菊花賞の三冠レースに、三冠とも勝ったナリタブライアンと共にただ二頭皆勤で出走を果たしたが、皐月賞はブービー、ダービー・菊花賞は最下位と、もう少しで「逆三冠」を達成するところだった馬)ばりの惨敗を繰り返しヘロヘロで家に帰る。なんとかゆうちゃんと風呂に入るものの、その後はゆうちゃんより先に寝るという体たらく(-_-;)

そんな感じで更新が滞ってしまったが、このまま週末を迎えると「エリザベス女王杯またぎ」になってしまうので、テンポアップでいかなくては。

今日は、ライブ中のMCについて。かつては、ツアーのテーマに合わせて割と考えさせることとか、かっこいいことを言っていたフミヤのMCも、今ではすっかり本人の休憩時間となっている(失礼)。おそらく話す内容は本番まで何も考えておらず、とりあえず思いついたことを言ってみて面白ければそれでいいし、盛り上がらなければ尚之・佐橋の両コンビのつっこみを待ち、グダグダになってきたら「じゃぁ、そろそろ次の曲」とウヤムヤにするのだ(失礼)。

しかし、そのゆるゆる感がむしろ心地良いし面白い。俺は断然今のMCの方が好きだ。もう5日もたち、元々中身の無い話(度々失礼)なので、ほとんど覚えちゃいないが、他人のレポも参照しながらそのいくつかを書き留めておこう。

①幼少時代、尚之はフミヤと何をして遊んでいたかわりと覚えているが、フミヤのほうはほとんど覚えていないことをうけて…

フミヤ:ごめん尚之!
尚之:(そっけなく)いや、特段気にはしていませんが
フミヤ:(その答え方に)エフブラも解散だな、もう!
佐橋:これだけのことで!?

②自身が25周年、佐橋も25周年で年齢の話になり…

フミヤ:この(メンバー)なかでは尚之が一番若いのかな?
佐橋:その歳の話は(女性である)アマゾンズをもちろん除外してるよね?
フミヤ:もちろんです!!あたりまえだろ!!!
  (その後別のネタを経由して)
フミヤ:でも、アマゾンズの大滝さんは、8時だよ全員集合の体操コーナーで前転とかやってたんだぜ。
佐橋:大滝ネーサン!!

③ツアーの本数が少なく

フミヤ:あと5本くらいやりたいよね。とりあえず今日仙台で3本くらいやっとく?ジャニーズジュニアみたいに。
佐橋:まわり(のメンバーの年齢)見て言ってよ!!

④度々トークですべるフミヤに

佐橋:かわったお兄さんをお持ちで…。
尚之:いや、それほどでも…。

文章にすると、本当に中身が無い(失礼)上に本当に面白かったのか疑問(度々失礼)だが、これがまたライブ中に聞くとつい笑っちゃうわけで。俺らがガストでお茶してるときとたいして変わらない会話レベルなんだけどね。

ちなみにフミヤはMCに入る時「まぁ座ってくださいよ」と着席を勧めてくれるのだが、これが実は非常にありがたい。MCの時間は本人だけでなくそれなりに一緒に歳をとってきた俺ら観客にとっても貴重な休憩時間、会場全体のそんな緊張感の無さがゆるーーいMCに拍車を掛けるんだろうな、もちろんいい意味で(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月13日 (木)

FUMIYA FUJII CONCERT TOUR 2008 "F's KITCHEN"最終日in仙台  その⑨セットリスト

さぁ、よーやっとF's KITCHENライブレポ本編だ。本番から3日もたって、その間に記事8本も書いてたらもう、細かいとこ忘れたよ(^_^;)

とりあえずセットリスト。せっかくコラボがコンセプトのF's KITCHENライブなので誰とのコラボなのかもあわせて。

M-1.Tokyo Runaway Blues 布袋寅泰(BOØWY)
M-2.RAILROAD ゴスペラーズ
(MC)
M-3.SUNNYで! 奥田民生(ユニコーン)
M-4.ケモノ マイハート GOING UNDER GROUND
M-5.タイムマシーン 筒美京平
(MC)
M-6.着メロ 槇原敬之
M-7.ときめきのリズム 川村結花
M-8.ムスカリの花 常田真太郎(スキマスイッチ)
(MC)
M-9.Down Town Rain 横山剣(クレイジーケンバンド)
M-10.真夜中の歩道 Bro. KORN(バブルガム・ブラザーズ)
M-11.女神 桜井和寿(Mr. Children)
(MC)
M-12.Another Orion 増本直樹
M-13.ヒカリ 浅井健一(BLANKEY JET CITY)
M-14.TWO PUNKS 森山達也(THE MODS)
(MC)
M-15.キメゼリフ 和田唱(TRICERATOPS)
M-16.どんどこ男 フジファブリック
M-17.ストレイキャット 土屋 昌巳(一風堂)
M-18.ヘブンの入り口 TAKUYA(JUDY AND MARY)
M-19.JOIN TOGETHER THE COLLECTORS

EC-1.TRUE LOVE
(MC)
EC-2.未来永劫 佐橋佳幸(松たか子の夫)
(MC)
EC-3.ふたつの青空 財津和夫(チューリップ)
(乾杯)
EC-4.SUNNYで! 奥田民生(ユニコーン)

こうして並べると改めて錚々たるメンバーだ。佐橋佳幸=「松たか子の夫」てのは、ミュージシャンの肩書きとしては無理があるが(^_^;)まぁ、一般には通りが良いだろうということで。。。 この「未来永劫」と「TRUE LOVE」「Another Orion」はどちらかといえばフミヤ印の曲で、コラボというコンセプトにはそっていない選曲。「未来永劫」はアルバム「F's KITCHEN」収録曲、「TRUE LOVE」「Another Orion」はフミヤの超代表曲なので興行的にやらないわけにはいかないという事情があるのだろうが、せっかくここまで外注作品で固めたんだから…という気がしなくも無い。

 バンドメンバーは佐橋佳幸(g)/ 屋敷豪太(dr)/ 有賀啓雄(b)/Dr.kyOn(key)/ AMAZONS(cho)/ 藤井尚之(sax)/大島俊一(key)。ここ数年おなじみのフミヤバンド(Dr.kyOnは初)なのだが、妙に新鮮に聞こえたのはやはり楽曲の持つ個性だろう。後半一気に盛り上げる構成はいつもと一緒ながら、恒例のダンスターイムというよりは、拳突き上げてヘッドバンキングして…とロックな感じ。これもまた新鮮。

そして、素晴らしい演奏とは真逆のゆるすぎるMCがまた…(^_^;) そのゆるーいMCは次回に。

てことで、まだつづく。。。

それにしても、このただ長いだけのレポート誰か読んでんのかね? …と思ったらお義兄さんからコメントついてる(^_^;)、せっかくなので最後までお付き合いくださいm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2008年11月11日 (火)

FUMIYA FUJII CONCERT TOUR 2008 "F's KITCHEN"最終日in仙台  その⑧たなからぼたもち

いいかげん、ライブ本編のネタにたどり着けるのか不安になってきた(^_^;)が、ここを端折るわけにもいかない。

チケットが無い俺の選択肢は突き詰めると二つしかない。

①あきらめて帰る
②代わりのチケットを何とか手に入れる

ここで①を選択してしまうと、ヨメとKIYOちゃんの逢瀬を邪魔することになってしまう。かといって、初対面の俺が彼女らと一緒に遊ぶというのも違和感がある。

自ずと、②「代わりのチケット探し」に奔走することになる。ここで頼りになるのがI川先生だ。当時、のんきにもトライアングルでスープスパを頼んでしまっていた俺ら夫婦はすぐには現場に行けなかった。そこで、ヨメ経由でI川先生の知人関係に余っているチケットがないかどうか、立見の当日売りがでないかどうかを確認してもらう。

ほどなくして「さすがに楽日なので余ってるチケットは無いけど、当日売りの立見はいけそうだ」との連絡が入る。希望が出てきた。残ったスープスパをかきこむと現場へ急行。

開場時間を過ぎていた現場では立見以外の客が既に流れており、立見の客が少し離れたところで入場のための長蛇の列を作っていた。今からあの行列の最後尾に並ぶのかと思うと気が遠くなったが背に腹は換えられない。意を決してまずはチケット売り場に並ぶ。チケット売り場はそれほどの混雑でもなく順調に流れていたが、俺の直前の客が何かもめている。スタッフもしきりに外部と連絡を取っている。「もしや売り切れか?」最悪の結末も胸によぎったが、「申し訳ございません、払い戻しは…」的な言葉が耳に届いた。(☆。☆)キラーン!!

即座に列を離れその女性に声をかけた。「余ってるなら私に譲っていただけませんか?」

最初はさすがに怪訝そうだった彼女は一時おいて「いいですよ」と快諾。しかもお金は要らないと言う。「いや、払います」「いや、結構ですから」の押し問答が続いたが、頑なに固辞する彼女に「じゃぁ、ありがたくいただきます」と折れる俺。

会場内で隣に座った彼女に改めてお礼を言い、こちらの恥ずかしい事情を説明すると、彼女のほうも「実は中学生の息子と来るはずだったんだけど、風邪で来れなくなって」と払い戻しにいたる経緯を説明してくれた。おーし、息子さんの分まで盛り上がるぞー!!と勝手に誓った俺だった。

えー、あの時の奥様、名前もお伺いしませんでしたが、本当におかげさまでした。この場を借りてあらためてお礼いたします。ありがとうございました。

こうして、窮地を凌いだ俺はよーーーやっと、本当によーーーーーーやっと開演をむかえたのだ。

まだつづく(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FUMIYA FUJII CONCERT TOUR 2008 "F's KITCHEN"最終日in仙台  その⑦I川先生とKIYOちゃん

今回の仙台遠征にあたりヨメはどうしてもやりたいことがあった。

それは、I川先生とKIYOちゃんという二人の女性にゆうちゃんを会わせることである。これはヨメがやりたかったことでもあり、今回ライブを見ないヨメとゆうちゃんを仙台に連れて行く大義名分でもあった。

I川先生はフラワーアレンジメントを教えるヨメの先生である。つまり先生の先生で、その世界ではかなり上のほうにおられるお方なのだが、これがまた無類のフミヤ好き。東京に住む彼女にとって、首都圏はもちろん東北も全然「圏内」で、文字通りフミヤを追っかけツアーをしているのだ。先生の先生なので下世話な話お金のほうはそれなりに稼いでいるはずだが、そんな生活をしているために自称「フミヤ貧乏」になっているらしい。俺もヨメ経由ではあるが、この先生から様々な情報をいただいたり、時にはグッズを買い置いていただいたりと、そっち方面で大いにお世話になっている。

一方KIYOちゃんはヨメの前職の同僚であり友人、今は古川に嫁いでる。KIYOちゃんKIYOちゃんとなれなれしいが俺は今回がほぼ初対面(^_^;) 10年位前からすげぇ美人の友人がいるとは聞いていたが、ぶっちゃけ本当に綺麗なお姉さんで、ちょっとこっちが気後れするほど。でも話してみるとカラッとしてて、俺の立ち入った質問(子作りの話とか同居の話とか…)にもスコンスコンと応えてくれる。30代半ばにさしかかってあの美しさとあの性格、人妻にしとくのは実にもったいない(^_^;) そのKIYOちゃんには今回俺がライブに行ってる間をヨメ・ゆうちゃんと過ごしてもらうという重要な役割を担ってもらっていた。また、ヨメにとっても彼女と遊べることは仙台に一緒に行く大きなモチベーションだった。

そしてこの、ヨメ絡みの二人の女性の存在が、「チケットが無い!!!」という極限の状況下での道標となったのだ。ジャジャーーーン!!!

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

測定(BlogPet)

きのう、運動したかもー。
それで前回測定日は堪能したかった。

*このエントリは、ブログペットの「さにぃ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUMIYA FUJII CONCERT TOUR 2008 "F's KITCHEN"最終日in仙台  その⑥コンサートに行くにあたり絶対忘れてはならないもの

オペラグラス?サイリウム?いやいや、まずはこれ↓が無いと。。。Cimg2760s

ん、F-BLOOD!?
んん、Zepp Sendai!!?
んんん、2008年5月3日(土)!!!?

チケット間違えたぁああああーーーー!!!!

自分で自分にサプライズかよッ!!

発覚したのは開場1時間前。あの時の俺ら夫婦のうろたえぶりと迷走ぶりを見れたのがゆうちゃんだけだったのは実に惜しい(^_^;) 

さぁ、どーやって会場に入ろうか。。。?

つづく

<おまけ>騒動をよそに静かに盛岡の自宅で待機していた「本物」Cimg2761s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUMIYA FUJII CONCERT TOUR 2008 "F's KITCHEN"最終日in仙台  その⑤トライアングル 特製スープスパゲティ

毎年紹介している気がするが、仙台に行ったら必ず行くし、必ず記事に残したい(今回の写真はこちらから拝借)。とにかく俺の中ではスパゲティの最高峰。770601

いつも美味い美味いとしか書いてないので、今回は商品説明も。チーズ味のゆるめのクリームスープに,太いもちもちのパスタ。具はベーコン・あさり・あさつき・しめじがたっぷり、仕上げに刻み海苔。量・味ともに上品というよりは大衆的で、盛岡市民で言うところのじゃじゃ麺に近い立ち位置だと思う。

ということで、今回も美味しくいただきました(^^)。。。と言いたい所だが、昨日はこの数十分前に起きた事件のせいで、この特製スープスパをじっくり堪能は出来なかった。まるで、立ち食いそばのようにこのスープスパをかきこまざるを得なかったその事件とは…。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

FUMIYA FUJII CONCERT TOUR 2008 "F's KITCHEN"最終日in仙台  その④ツアーTシャツ

ようやっと、話がライブに近づいてきた(^_^;)

フミヤのライブでは会場2時間ほど前に、グッズを会場の外で先行販売する。このシステムを知らなかった3年前にツアーTシャツを買いそびれてしまったことがトラウマになっている俺はいつも開場の3時間前に現場に到着するようにしている。この日も、夜更かしやプレゼント探しに時間を費やしながらも、ほぼ予定通りに現場に到着。無難にツアーTシャツを手に入れることが出来た。

ところが、過去の失敗を糧に上手く立ち回っているグッズ購入とは逆に、俺ら夫婦が全く学習せずに同じ失敗を繰り返していることがある。

それが遠征時の現地の気候の読み誤り。昨日の仙台は気温が18度前後。グッズ購入に1時間以上並ぶ俺の服装はジーンズに薄手の長Tと薄手のパーカー。ライブ後は風邪まっしぐら(-_-;)

毎年毎年

「仙台は暖かいから大丈夫じゃね」
「東京は暖かいから大丈夫でしょ」

と繰り返される夫婦の過信はいったいどこから来てるんだ!?

ちなみに今回のツアーTシャツ。冷え切った体に白いTシャツを着ようという気はさすがに昨日の俺には起こらなかった(^_^;)4_1

4_2 つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUMIYA FUJII CONCERT TOUR 2008 "F's KITCHEN"最終日in仙台  その③ロジャー グラート カヴァ ロゼ ブリュット

ライブ当日は母の誕生日でもあった。いつもなら、弟夫婦と実家に伺いお祝いでもするところだが、今回は無理。せめてということで、ミッキーズリーダーTokiくんに教えてもらったこのお酒をプレゼント。95708745_1

「数年前に『人気者で行こう』の芸能人格付けチェックで、目隠しでドンペリと飲み比べてもらったところ、ワイン通の芸能人たちが『上手い!』と絶賛し、間違いなくドンペリだ!とカヴァロゼを選んでしまった」んだそう。

残念ながら俺自身は「そもそもドンペリがどんな味か?」を一生知り得ないと思うけど。。。(^_^;)

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUMIYA FUJII CONCERT TOUR 2008 "F's KITCHEN"最終日in仙台  その②木村カエラ

SEARCH FOR RHYTHMが終わり会場を出たところで、ワウディーメンバーの保育士の方から「お遊戯に使うので縮めて欲しい曲がある」と木村カエラの「マスタッシュ」というCD(実際に編集したのはカップリングの「memories」という曲)を渡された。

当人は「いつでも良い」と言ってくれていたが、いざ現物を渡されると、とっとと捌いてしまいたくなるものである。

演劇部時代音響も担当していたヨメは、「昔オープンリールを切ったり貼ったりしてやったなぁ」などと時代を感じさせることも言っていたが、まぁ今はそんなに手間のかかる仕事ではない。とは言っても、全く知らない曲を切るとなるとさすがに探り探りという感じになるもので、結局全てが完了したのは午前2時近かった。

だが、この作業をしたことによる弊害(失礼)は、時間がかかったとか眠れなかったということなんかではなかった。この曲のフレーズ・歌詞が頭にこびりついて取れないのだ。寝て起きてもついつい口ずさんでしまう

♪踏んだり蹴ったり 踏んだり蹴ったり 踏んだり蹴ったり だけど…

というフレーズ。あの数時間で100回以上は聞いたもんなぁ(^_^;)

この時は、本当に「踏んだり蹴ったり」なことがこの身に降りかかろうとは思いもよらなかった。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FUMIYA FUJII CONCERT TOUR 2008 "F's KITCHEN"最終日in仙台  その①SEARCH FOR RHYTHM

この週末はF's KITCHENツアー楽日参戦という俺の中での一大イベントがあったのだが、その前後も「これでもか!」と言わんばかりの濃くて楽しいいろんなことが起こったので、記憶を呼び起こしてみよう。

まずは、SEARCH FOR RHYTHMというダンスコンテスト。

100kkinで一緒に踊ったメンバーや、ワウディーインストラクターのHIROSHI・NAOくんなどが参加。

資料的なものはプログラムも写真もホームページの情報も無いので、チーム名とか全く忘れてしまったが、確実に印象に残ってるのは高校生達の成長っぷり。上手くなってるのはもちろんなんだけど、ショーとして魅せる・楽しませる雰囲気が備わってきてるという感じ。

知人のチームもそうじゃないチームも含めて20チームくらいだったのかなぁ。その中では、4人組だったか5人組だったかでわりとジャジーな振りをやった(多分)岩大のチーム、入賞はしなかったけど俺の中ではぶっちぎりでNo.1のかっこよさだった。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

「1ヶ月で体脂肪を3%落とそうキャンペーン」②

なんとなく雰囲気で参加してみたものの、体組成測定を見てうなってた。

「結局、体脂肪率ってなんなの?」と。

「←そこから?」と、ヨメが説明してくれた。

体脂肪率ってのは「体重に占める体脂肪の重さの割合だ」と。

つまり、

体脂肪率を下げるということは、(極端に言うと)

「体重はそのままで、体脂肪を減らす」か
「体脂肪はそのままで、体重を増やす」

ということらしい。

そのために、俺は何をすれば?

①「筋肉を増やす」
②「有酸素運動をする」
③「カロリーを抑える」

ことなんだそうだ。

「すげぇな、ヨメ!!」

「そんなことも知らずに2年以上もフィットネスクラブに通ってたあんたのほうがすごいよ!!」

とお互い誉め殺しあった(^_^;)

とりあえず①も②も③もやってないので、
今日はパワーフィットやってくる。

こんな「気付き」を与えてくれた

「1ヶ月で体脂肪を3%落とそうキャンペーン」

恐るべし。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 7日 (金)

「1ヶ月で体脂肪を3%落とそうキャンペーン」①

そんなイベントをやっていると、土信田さんがパワーのレッスンで告知してた。

①エントリーしたら景品

②1ヶ月で3%体脂肪率を落としたら景品

③達成者からさらに抽選で自転車

ってもの。せっかくなので早速エントリー(でも景品無かったな。後からもらえるのか、それとももう先着100名を超えちゃったのか…)。

エントリーといってもBOCAの測定をするだけ。なんと、前回測定日は2006/11/16、空白の2年間何やってたんだ俺(^_^;) そんだけダンスにかまけてたんだな…。

で、その数値は2年前より体重が3k増え、体脂肪率は1%減って16.3%

ってことは達成するには、13.3%にすりゃいいんだ。

ちょっと無理っぽくね?(^_^;)

でもこういう気軽で手軽に参加できるイベントはいーね!!

本気で3%落とそうと思ったら、気軽でも手軽でもなくなっちゃうけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月 4日 (火)

復活したいです(BlogPet)

きのうさにぃが、復活したいです。

*このエントリは、ブログペットの「さにぃ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

セグウェイ

おもしろーーーーーーい\(^o^)/

BGMは「ドラ猫大行進(a-bra:z)」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Angelic Dream(ZOO)

今日一日限定復活の土信田HipHopはまさかのZOO!! しかも、4分50秒フルコーラスやりきった。振りはまるっきりの創作ではなく、ZOOのをしっかり取り入れてたんだ。ってのをビデオ↓を見て初めて気付いた。というのもこの曲の頃はもうZOOのTV露出が少なくなってて、正直曲もピンと来なかったくらいで、さすがに振り付けのイメージまでは全く。。。(^_^;)

スタジオ全体が踊れるカラオケボックス(もしくはショーパブ)化する後半15分。いやぁ気持ち良かったなぁ(^^)これ一回出れたらもう今月分の会費の元を取れた気分だよ。

土信田さん的にはスペシャルレッスンのたびに1曲マルッと作り上げておかなきゃならなくて大変なんだろうけど、これはホント祝日のたびに期待しちまうな、もちろんレギュラーレッスンの復活も!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

JBCスプリント JBCクラシック

昨日の天皇賞秋では予想をレース後にアップするというやっつけ仕事っぷりだった(しかもハズレてる)ので、今日は真面目に予想。

まずは<JBCスプリント>

◎⑦ブルーコンコルド
○④バンブーエール
▲⑥スマートファルコン
△②⑪⑤①

実績では圧倒的に⑦ブルーコンコルドだが、最近は盛岡でしか勝っておらず、頭で信用とまでは疑問。④⑥⑦のV争いに3着穴馬というイメージで馬券は

三連単④⑥⑦→④⑥⑦→①②④⑤⑥⑦⑪(30点)

続いて<JBCクラシック>

◎②ヴァーミリアン
○①サクセスブロッケン
▲⑫フリオーソ
△⑤⑪⑧⑩

◎②ヴァーミリアンと○①サクセスブロッケンには昨日の天皇賞のような激闘まで期待。あとは3着に何が来るかだけ。馬券は

三連単①②→①②⑫→①②⑤⑧⑩⑪⑫(20点)

園田もかなり盛り上がっているようで、そろそろ盛岡でもJBCを開催してもらいたいが、もう無理なのかな…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

vsソニー生命 最終章

ゆうちゃんの学資保険の見積もり依頼から始まった保険の組みなおしも今回がラスト。世間じゃ三連休の中日だというのに昼の1時から事務所でパソコンに向かう男二人。三度目の今日もビッシリ2時間半、安月給ゆえに月々の支払いを100円でも絞れるようオーダーメイトしていく。最低限あったほうが良い保障額(byソニー生命)と、最大限支払える保険料(by俺)との間で延々としのぎを削りあい、ついにあぶらず家の新しい保険が完成!!

あくまでも計算上だが、俺もヨメも65歳まで生きたと仮定すると

総支払額 9,367千円(さすが人生で3番目に高い買い物)
手元に残るであろう満期金 7,083千円
掛け捨ててしまう金額 2,284千円(71千円/年)

ちなみに、現在俺とヨメがそれぞれ入っている生命保険の年間支払額は77千円でそのほとんどが掛け捨てになってしまうもの。それと比較すると

①ゆうちゃんの学資をそれなりに貯める
②保障内容・期間はより厚く・より長く
③掛け捨てる金額は現行レベル
④そして月々の支払いは予算内

という、良い保険の見直しが出来たのではなかろうかと自画自賛。もっとも、「競馬辞めればその資金で掛け捨てが全く無い貯蓄性の高いプランも作成できたのですが…」と言う話もあるのだが。。。

とにかく今回分かったのは子供を育てるのにどんだけ莫大な資金が必要かってこと。ゆうちゃんにはぜひ美しく賢く成長してもらい、親にマンションを買ってくれるような経済力のある男を是非釣り上げてもらいたい、って感じのことを前も書いた気がするな…(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

天皇賞秋

すっかり事後だけど。。。(^_^;)

◎①アサクサキングス
○⑭ウオッカ
▲⑰ドリームジャーニー
△②⑤⑦⑬

で、

三連単マルチ①→⑭⑰→②⑦⑭⑰(30点)
三連複①-⑭⑰-⑤⑬(4点)

もちろんハズレ(-_-;) でも、レースは歴史に残る「2cm差」の名勝負!!

明日(JBCC・JBCS)も好レースの予感、そして的中の予感も!!(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

ミッキーズ

披露宴は嫌いだ。という話は以前も書いたかもしれないので、かいつまんで言うと、

「出席者にとって費用対効果が非常に低いイベントである」ってことと
「やってる当人達も心身ともにただ疲れるだけのイベントである」てこと。

要するに「それなりの金と暇と労力を使わせて得するのは式場だけ」という不条理さが解せないのだ。

10年前ならそれでも、披露宴で久しぶりに会った友人達と2次会で盛り上がるという文字通り2次的な楽しみもあったのだがさすがに40も近くなる歳ではそんなことも少ないわけで。。。

しかーし、今回余興に参加するために出席した披露宴は今までのイメージを覆す素晴らしいものだった。あそこに出席した人はその素敵さをナマで体感しているだろうから、俺の拙い文章で「ここがこうで」なんてことは書かないが、一言で言うと

「どうやったら出席者が楽しめるか、どうやったら新婦が喜ぶか、どうやったら会場全体がHappyな雰囲気になれるかをとことんつきつめた演出をホスト側である新郎が練り上げてくれていた」

ということにつきるだろう。

そんな「最高の披露宴」の末席に余興チームの一員として加えさせていただけたのはラッキーと言うほか無い。てことで、「最高の披露宴で踊る新郎新婦と仲間達ミッキーズ!!」をどうぞ。

一方(別の披露宴)で、全く仕事をしなかったゆうちゃん…(-_-;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »