« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

第548話 "ありがとう”

会社から帰って、

その辺に置いてあったジャンプをパラパラと読んでしまったら、

キたなぁ、

ぶわぁっと、

っつーか、

どばぁっと、

泣けたぁ。

ボンちゃん…。

「残す言葉はあるか?」

「本望」

ストーリーもだけど、

セリフというか、

言い回しというか、

グッとくるよなぁ、

ワンピース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

ラディカル&リトモス NEW CHOREO発表!

と、レッスンの案内に書いてあったので、

定員もなく、
宝塚記念にも間に合いそうな(^_^;)

ファイドウに行ってみた。

昨日ZEPPのフミヤでガッツリ汗はかいてきたので、
今日は様子見がてら…のつもりだったが、
さすがに、イントラが4人つくと、
微妙に手も抜けない(^_^;)

後半、イントラが中央前列に集結して、
4人で振りを見せてくれたの、
かっこよかったぁ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

∞缶ビール

佐川さんで
さっき、とぉーちゃーーく\(^o^)/

たーのしぃーねぇ(^^)byゆうちゃん

ソーダもあるよ!!Cimg3719

【∞(むげん)缶ビール&∞(むげん)ソーダ】公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝塚記念

さて、昨日のフミヤライブで俺の春夏ツアーは終わり。(やっぱり、秋田のヤクルト戦が無いとちょっぴり物足りないなぁ…。)

今日の宝塚記念では、ツアーで散財した分を取り戻さねば!!
キズに塩をぬるだけだったりして…(^_^;)

◎⑪ディープスカイ
○⑦アルナスライン
▲⑩スクリーンヒーロー
△②③

本線はワイド⑪-②③⑦⑩

3連単⑦⑪→⑦⑩⑪→②③⑦⑩⑪も100円ずつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FF 2009 Special Live COREⅡ in Zepp Sendai おまけ

仙台で土曜日にライブをしたのは久しぶりだったのではなかろうか。

いつも日曜日で、帰って次の日仕事というパターンが多かった気がする。

やはり、土曜日のライブはその後の気楽さが違う。

仙台から車で帰ってきて、なお記事をアップしようという余力すらあるんだもの(^_^;)

で、早くも告知が始まっている秋冬ツアー。

東北は

12/5(土) 大館市民文化会館
12/6(日) 東京エレクトロンホール宮城

の2公演。

なぜに大館!?という疑問もあるが、
土曜日なだけにこっちに行きたい気はする。

ってか、連闘もあり!?(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FF 2009 Special Live COREⅡ in Zepp Sendai その2

で、本編はどうだったのかというと、

本当に「Special」だった!!
超良かった!!!

正直、武道館のカウントダウンは不完全燃焼だった。
終わった時にファンから「ええええええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」という不満の声が武道館中に鳴り響いた。

でも、今日はそんなの一切無し。

アンコール終わった時、ファンも
「今日はやりきった!!!」
感に溢れてた。

まだまだやりゃぁ出来んじゃん(^_^;) (←えらそう)

そのひとつは曲のテンポ・ピッチの良さ。

最近アッパーな曲でも、何の理由か落ち着かせすぎてた。
今ひとつ、こぶしを突き上げるにしても、頭を振るにしても、
やりずらいと言うか…。

でも、今日は容赦無かった(^_^;)
新メンバーのドラムの平里さん(お初?かな…)とベースの有賀さんがもう、煽る煽る。
下手すりゃ転がりすぎてリズムキープ出来なくなるんじゃないかというくらいのスピード感。ライブはこーじゃないと(^^)

もうひとつは選曲。
今回はファンクラブ限定のイベントのため、
TRUE LOVE
ANOTHER ORION
DO NOT
など、ファンならそれこそ1,000回くらい聴いているであろう、名バラードは封印。
本人が「バラードなのに疲れる」と言っていたように、
バラードにしてもロッカバラードっぽいものがチョイスされ、
オールスタンディングのライブ感を損ねないようになっていた。

最後に、アップテンポな曲を激しくやればやるほど、
彼の歌の上手さも際立っていた。
ただ、歌詞は相当飛んでたけど(^_^;)

そんな今日のライブ、それこそTRUE LOVEやANOTHER ORIONしか知らないような人が見たら、というか、それを期待して来る人が見たら、さぞビックリするだろうなぁ。まさに「ファンクラブの人しか見ない」ことを前提にした本当に「Special」なライブだった。

いつかまたやってほしいなぁ。

<セットリスト>
は、この方のブログより引用させていただきましたm(__)m

01.Time Limit
02.MY TYPE
03.ストレイキャット
(MC)
04.Sweet Sea Side
05.廃墟の模型
06.Far away
(MC)
07.三日月
08.Blue Fire
09.黒い空
10.Equal
(MC)
11.堕天使
12.さまよう果実
13.a song for you
(MC)
14.P.S.マリア
15.Good day
16.SUMMER BOY
17.恋の気圧
18.どんどこ男

EC1.GOLD
EC2.UPSIDE DOWN
EC3.JOIN TOGETHER

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

FF 2009 Special Live COREⅡ in Zepp Sendai その1

最近の仙台のライブでは

昨年春F-Blood…新幹線に乗ろうとしているメンバーを撮ろうとしてスタッフに怒鳴られる。
昨年秋F's Kitchen…チケットを家に忘れて、名も知らぬファンの方に譲ってもらう。

と、本編以外のところで「あらら…」なこと(しかも自業自得)が続いているが、

今回は、

財布忘れた(-_-;)

おかげでツアーTシャツが買えず…。

でも、入場時に支払う500円のドリンク代をジャリ銭で持ってて助かったぁ。

危なく、名も知らぬファンの方に
今度は「500円恵んでください」
と頼まなきゃいけないとこだったよ(^_^;)

それにしても、

フミヤのライブで浮き足立ってこういう過失が起こるのか、
でも、武道館ではこういうミスはまずしないので、
逆に仙台だと思って気を抜いているのか…(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

あぶらまつり2009

明日はフミヤのライブだが、より気になるのがこっち。

だって、あの人が歌いにくるんだよ。

ヨメよ、行っちゃダメっすか?(^_^;)

あぁ、このくっだらないCMを見れば、その気になるかも。

ね、ゆうちゃんも一緒にみんなで行こ!!

ここ↓もチェック!!
http://www.myspace.com/1004380844

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09-10POGドラフト会議ツアー~「エピローグ」

そんな感じでドラフト会議ツアーを振り返ってきたが、
同じネタを、↓のブログでも記事にしているので、
是非お立ち寄りいただきたい。

http://blogs.yahoo.co.jp/akisan471021

http://yfuji.cocolog-nifty.com/yfuji/

同じ素材を扱っているのに、表現の仕方・見る角度でここまで違う記事ができるという意味でも実に面白い。

最後に、今年度の俺の愛馬達と一口コメントを。

ちなみに今年は、
「既に勝っている馬を最低1頭」
「アドマイヤショットの下か、ローレルゲレイロの下」
「翌日の福島競馬場で応援できる馬を1頭」
の3点を絶対条件に、
「あとはリストで残っている馬を上から順に」
というスタイル。

よっぽど俺の狙いが的外れなのか、一回も黒髭抽選に参加することなく俺のドラフトは無風に終わる。そんな今年のラインナップ!!

<牡>
エーシンダックマン:ドラフト当日の阪神で1番人気1着。当然の1位指名。
アドマイヤガッツ:3億円ホース。額面どおり走ってくれとは言わないが、せめてコブラ超えを期待。
トーセンカルツェ:アドマイヤショットの下。早めに出てこれそうなのも◎。
マイネルテネル:なんかの雑誌で松岡騎手が今年のマイネルのおススメをこの馬と母マイネヌーヴェルと言っていたと思う。
コスモソルスティス:ドラフト当日の札幌で1着。5位指名まで残っててラッキー(^^)

<牝>
リネンパズル:ドラフト当日福島で1着。人気薄だったので次走真価が問われる。
ラフォルジュルネ:
アドマイヤカグラ:
タガノエリザベート:この3頭はリストで残っている馬を上から順に指名。結果スペシャルウィーク固め(^_^;)
メグリ:ドラフト翌日の福島で人気になりそうな牝馬ということで指名。現場でしっかり応援。(結果4番人気4着)

結果的に当日新馬勝ちの馬を3頭とも獲得し、
フライング気味に3勝(^_^;) 
さぁ、このリードを守り、広げることができるか!? 頼むぜ!!!

てことで、一週間がかりのドラフトツアーレポもこれで終わり。
参加者の皆様、関係者の皆様、愛馬の皆様、今年も一年よろしくお願いいたしますm(__)m

そして明日は、仙台フミヤライブ(^^) ワクワクはまだ続く!!

…で、「夏の俺ツアー」が終わった月曜日からの俺は
抜け殻です(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

09-10POGドラフト会議ツアー~「健GくんとYOっちゃん」

我々のPOGにはタブーが二つある。

一つは、「物理的に走れない馬(死亡や重度の怪我等)を取る」ことだ。取ってはいけないことは無いのだが、走れなければ10頭しかない枠を無駄に一つ費やすだけなので普通指名することは無い。

ドラフト当日の福島新馬戦で2番人気に推されるも、転倒による競争中止、さらには予後不良(安楽死)となったグリーンウィズダムという馬がいた。まずは非常に悲しい出来事なので、冥福を祈ることにする、合掌。ただし、POGというゲームの一コマとして見た場合、この馬は既に死んでいるわけで当然ながら今後レースで走ることは無く、ドラフトの時点でこの馬を指名することはどのプレイヤーにとってもタブーだったはずだ。

そのタブーに無意味に挑んだのが、エロ動画交換会リーダーでもある健Gくんだ。そもそも、盛岡先発隊としてその新馬戦を現場でリアルタイムに見ていたはずなのに、なぜ果敢にも(2位で)指名にいったのか、真相は闇の中だが、それを知らされたときの彼の凹みようは↓の画像の通りである。私の12年にわたるPOG歴の中でも、「既に死んでいる」馬が指名されたのを見たのは初めてではなかろうか。P6200320

さて、タブーの二つ目は、「既に所有が確定している馬を指名する」ことである。これはタブーというより複数馬主による同一馬所有を認めないルールなので、これをやってしまった場合、その順目の指名は無効になり、全員がその順目の所有馬を確定させてからの指名やり直しとなる(簡単に言うと一回休みで後回しみたいな感じ)。

その事件は健Gくんの失態の30分後に起こる。牝馬4位指名の入札用紙を確認した進行役の石Iさんと俺は思わず顔を見合わせる。しかし、仕事なので一応その札の通り指名馬を発表。

石Iさん:「YOっちゃんさん 牝馬4位指名 グリーンウィズダム」

「ん!!?」場の空気が一瞬止まる。

その後ドヨドヨとどよめきが大きくなり、

再度石井さんによる「健Gくんが既に2位で指名しています」というアナウンス。

これで場が弾けた。全員止まらない大爆笑。

ほんの数10分前に健Gくんの失態を見た会場内の全員が「あぁ、グリーンウィズダムは今日の新馬戦で転倒して競争中止してしまったんだな」と再認識したはずではなかったか。そこにかぶせてくるとは!!!

かくして、「既に死んでいる馬」を「他人が所有しているにもかかわらず指名」という二つのタブーを同時に犯し、一躍伝説となったYOっちゃん。ただ、ルール上グリーンウィズダムのオーナーは健Gくんで、YOっちゃんは4位の再指名で「フライトオブスワン」というダート短距離でバリバリ稼ぎそうな馬のオーナーに落ち着いた。

さぁ、結果的に明暗をわけたこの二人の明日はどっちだ!!?いーかもうどっちでも(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

09-10POGドラフト会議ツアー~「I東という男」

我々のPOGはドラフト至上主義である。ドラフトに出席することがゲームに参加する暗黙の条件となっているし、現実的にドラフトに出席しなければ、「全ドラフト出席者が所有馬を決定した後、残った馬からその日のうちに所有馬を選ぶ(だから、ドラフトに出席しなくてもリストは事前提出)」という厳しい制限を加えている。例えば今年の場合だと、ドラフトに出席できなかった秋田のK藤さんは16名160頭の所有馬が決定して残った馬からの指名を行っている。

この事態を回避するのが「代理人出席」だ。過去にも職場の同僚や妹に旅費や小遣いを握らせ自分の代わりにドラフトに出席させるという例はあった。今回も、新規参加者の☆さんがどうしてもドラフトに出られないとのことで、「代理人出席」したのがこのI東さんだ。

ところが、このI東さんは過去の代理人と違うところが二つあった。

一つは、代理人なのにその本体の☆さんとは全く赤の他人で会ったことも話したことも無いという点だ。つまり彼は☆さんとI東さんの共通の知人である福島のK木(彼もまたダンス同好会OB)に呼ばれて宿まで来たものの、何をするのかさえ知らなかったのである。

もう一つは、彼の競馬に対する知識がほぼゼロであったという点だ。「知ってる騎手は武豊のみ、知ってる馬はハシッテホシーノのみ」という純真無垢な処女の状態でドロッドロッの競馬親父の掃溜めに放り込まれた彼は、その異次元な雰囲気にまさに「キョトン」であった。

かくして、川崎から結婚式に出席するために来福したI東さんは、結婚式後一息つく暇も無く、正装のままドラフト会場に呼び出され、全く興味も無ければ聞いたこともない馬の名前を入札するという行為を延々4時間にわたり繰り返すことになる。

ただ、指名馬を間違うことも無く、黒髭による抽選も高勝率でこなした彼は、十二分に代理人としての役割を果たしたと思う。万が一今回☆さんが優勝されるようなことがあれば、それはI東さんの功績によるところが大きい。その時は、彼を来年のドラフトにもお呼びし、その時初めて顔を合わせるであろう☆さんとともに祝福しなくてはなるまい。

きっと、また「キョトン」だろうけど…(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

09-10POGドラフト会議ツアー~「K村という男」

始めに断っておきますが、今回の記事はフィクションです。実在のK村とは何の関係もございません。似ている人を知っていると思ってもパラレルワールドみたいなものだと思ってお読みくださいm(__)m

俺は自分のやっているこのPOGとドラフト会議というコンテンツは非常にハズレが少ないと思っている。競馬が好きで、お酒が好きなたいていの人には「楽しかった」と言ってもらえるちょっとした自信もある。

ところが、このキラーコンテンツにも弱点がある。それは「女性にはビックリするほどウケが悪い」という点だ。俺のヨメや幹事のF氏のヨメ等、一度は同伴でドラフト会議ツアーに来る女性も、まぁ2度目はまず無い(-_-;) 考えてみれば当然で、わざわざ福島(や盛岡)まで付いてきてみたものの、旦那は夜中まで馬を取り合う会議に没頭し、黒髭で一喜一憂。ドラフトが終わったからといって自分の部屋に戻ってくるわけでもないし、夜が明ければ競馬場行きだ。ご飯にしても、夜は惣菜の弁当、朝はコンビニおにぎり、昼は競馬場で吉牛だったりする。これでは、面白かろうはずが無い(^_^;)

そんな中、「毎年別な女を連れてくる」ことでこのPOGの弱点を補完しようとしているのが、秋田のK村(彼もダンス同好会のOB)だ。過去ドラフトに連れてきた女性を振り返ると…
CHI※ARU(仮名)→
HAR※MI(仮名)→
MIW※KO(仮名)→
MA※MI(仮名)→
そして今の奥さん(…が、むしろ名前を思い出せない。後でこっそり教えて(^_^;))

基本一途な男の俺には、なぜこんなことが可能なのか理解不能だし、また、羨ましくて仕方が無い。

そんな彼も今年は小休止なのか単独での来福だった。是非来年は奥様と二人のお子様同伴で参加してもらいたいものだ。…とか言いつつ、「奥さん以外の女性を連れてきたりして…」とちょっと期待、いや、心配している俺である。

というフィクションを今回はお届けしました。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月24日 (水)

09-10POGドラフト会議ツアー~「K岡という女」

ここからは、今回のツアーで絡んだ個人に触れていこう。ただし、参加者だけで16人もいるのでさすがに全員は記事に出来ないのであしからず。

まずはK岡という女についてだ。

今回利福で夕食を一緒に食べる予定になっていたワウディー組とF原家組(お義兄さん&ヨメ&ゆうちゃん)とでは、出発時間のタイムラグが3時間ほどあったため、F原家組はワウディー組の到着を福島で待たなくてはならなかった。その間を埋めてもらったのが、K岡である。

K岡は福島大学ダンス同好会=現D.FOOLのOGで、俺の1ヶ後輩・ヨメの1ヶ先輩である。なぜか卒業するまで「あぶらず⇔K岡不仲説」をささやかれ続ける間柄だった。彼女が入学したての頃に俺が暴言を浴びせたところに起因しているらしいが(^_^;)、そんなにそんなに不仲だったろうか。まぁヨメ絡みとはいえ、15年たった今でもこうやって絡んでるんだから仲が良かろうが悪かろうが縁はあるのだろう。

今では彼女も2児の母であり、そのお子様方に遊んでもらったゆうちゃんはかなりごきげんだったらしい。感謝感謝であるm(__)m 

本当に久しぶりに会ったが、現役時代は綺麗めな女だった彼女も、さすがにちょっぴりおばちゃんになっていたなぁ…←とか言うのが暴言なのか?(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09-10POGドラフト会議ツアー~「エロ動画交換会」

品行方正な当ブログとしてはこういうネタも健全な記事にしなくてはなるまい(^_^;)

男16人のアラフォー世代が集まり、「呑む(酒)」「打つ(競馬)」とくれば、あとは「買う(女)」だ。とは言っても、実際に「買う」にはいろんな意味で余力が無いので、最近はもっぱら「動画」でお茶を濁しているわけである。

今年は2年ぶりにエロ動画交換会リーダーの健G君が復活したため、みんな、100GBオーバーのHDD持参で彼の動画に群がり例年以上の大盛況。彼のPCは朝までフル稼働だった。残念ながら俺は、4GBのUSBメモリーしか持っていかなかったため、彼が特に厳選した4本だけをいただいた。

自分で言うのもなんだがAVを見始めて約20年、人並みにいろんなのを見てきたつもりだが、今回彼がチョイスしてくれた動画はそのキャリアをぶち壊す、No.1の衝撃映像だった。彼の言葉を借りると「あまりの衝撃に右手も止まる!!」とのことだったが、まさに言い得て妙である。

これが手に入っただけでも今回福島まで行った甲斐があったというものだ。

ちなみにタイトル「世界で一番大きなチ※ポを持つ男のSEX」、

翌日競馬場で見た馬のが小さく見えた(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅行(BlogPet)

きのうは放置したかったの♪
それであぶらずの旅行がサーブしたかもー。

*このエントリは、ブログペットの「さにぃ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09-10POGドラフト会議ツアー~「爪」

<これなんだか分かる?>Cimg3663

<正解は旅行中に剥がれ落ちた「ゆうちゃんの左手中指の爪」でした>Cimg3659

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

09-10POGドラフト会議ツアー~「とんかつ利福」

前野屋旅館は素泊まりでの予約なので基本食事は外。

今回は学生時代に良く利用したとんかつの「利福」へ。ご飯とキャベツはおかわり自由なのだ。

<外観>Cimg3645

<定食を頼むとおひつにたっぷりのご飯が。これ一人分>Cimg3641

言われるまで気付かなかったが、福島はわりととんかつやが多いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09-10POGドラフト会議ツアー~「道中」

福島⇔盛岡は3時間半の長い道のり。寄り道寄り道で…。

<金成>Cimg3630

<長者原 どこのサービスエリアもすごい人 ETC効果? >Cimg3633

<国見 競馬で諭吉を増やしたおとっつぁんが昼食をご馳走してくれた(^^)>Cimg3639

<あぶらずならぬ…>Cimg3687

| | コメント (2) | トラックバック (0)

09-10POGドラフト会議ツアー~「福島競馬場」

今回は福島競馬場でのひとときを振り返る(写真はメンバーから拝借)。

<外観>Cimg6393

<入り口を登ると…> P6200270

<CLUB KEIBA(^_^;)>Cimg3686

<場内>

Cimg6395

<直線>P6200250

<ゴール板>P6200264

<パドック 建物の中に設置され、吹き抜けのようになっている>P6200268

<メグリ 俺の牝馬5位指名>Photo

<メグリの返し馬>090621

 

<馬券はもちろん「がんばれ馬券」…も、残念ながら結果4番人気で4着 次走も「がんばれ」!!>Cimg3683

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

09-10POGドラフト会議ツアー~「前野屋旅館」

旅の詳細は他人の日記頼み(^_^;)とは書いたものの、やっぱり俺は俺で思うところをダラダラと綴っていこうかと。画像の整理が追いつかないのでそこは付け足し付け足しで…。

今日は「前野屋旅館」について。今回のドラフト会議の会場となった福島飯坂温泉の旅館だ。

福島でドラフトを開催する時は、「おおとり荘」という宿をメインで゙使用していたのだが、湯治利用者以外は宿泊できなくなってしまったため、新規開拓。

条件は、
①素泊まり&食事・酒持ち込み可。
②大広間もしくは20畳以上の大部屋使用可。
③安い。
④いろんな意味で寛大(^_^;)

結論から言うと、「前野屋旅館」満点!!(^^)

条件的な部分(特に④についてはいろいろ無理を聞いてもらい本当にありがとうございましたm(__)m)をクリアしているのはもちろん、とてもキレイな宿だった。

キレイってのは「綺麗」とか「豪華絢爛」って意味じゃないよ。建物自体はきっと築何十年も経ってるし、(5階建てなのに)エレベーターも無い、トイレもウォッシュレットじゃないしね…。でもキレイなの。掃除と整理整頓が行き届いていて、古さに伴う不潔感はゼロ!!(^^)

さらに、条件には無かったが「PHSの通信状況が良好」というのも、ドラフト後の処理を進めるのにかなり役立った。個人的には「来年以降も福島で開催するならココだな」と考えている。

でも、
「門限(24:00)前にドラフト会議を完全に終わらせる段取」と、
「風呂の熱さに耐えられる体作り」
の2点は俺らの自助努力が必要だな(^_^;)

では、写真を何点かどうぞ↓(一部公式ページより引用)。

<外観 入り口は4階なのだ>19226

<宿の向かいには足湯 5階の宴会場から撮ってます>Cimg3651

<大広間 ここから数々の伝説が…>Hiroma

<お風呂 熱い熱いとは聞いていたがハンパ無い熱さ(^_^;)>Furo

<部屋から見た景色 風情があるねぇ(^^)>Cimg3655

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

POG09-10ドラフト会議

まずは、参加者の皆様方お疲れ様でしたm(__)m

そして、同伴の奥様方お二人、本当にスミマセンでしたm(__)m
予想はしていましたが、あなた方に構っているヒマと体力など全く無く、二日間放置プレーになってしまいました(^_^;) この埋め合わせはそれぞれのダンナがこれからしていくことでしょう、多分…。

で、本題。

「呆ける(ほうける)」という言葉がある。

俺も言ってみれば、
「フミヤのライブに呆け」てみたり、
「ヤクルトの応援に呆け」てみたり、
「ダンスの練習に呆け」てみたりするわけだが、

このドラフト会議は

「呆けっぷり」のレベルが全く別世界。つきぬけてる。

「今日からデビューする馬7,300頭のうち仮に10頭持てるならどれにするか?」
という、文字にしてしまうと実にくだらないことを「平均年齢35越えの男が16人」「会議で」「4時間」「真剣に」「語り合う」のだ。

「真剣」だが、笑いは絶えず、
「会議」だが、酒は欠かせず、
その酒も、イッキとかで無茶振りされなくたって、呑まずには居られない(良い意味での)精神状態に追い込まれ、
すごく「本気」なのに、最後それを決定するのは「黒髭」で…

毎年思うけど、これ文章にすればするほどチープになって、あの熱気や興奮や面白さは全く伝わってないんだよね。うーん、一般的な「楽しさ」とくらべて「濃さ」が違うのよ、「濃さ」が。つってもやっぱり伝わらないだろうなぁ(^_^;)ってか、現場にいた奥様二人でさえ「この人たち何こんなに熱くなってんの???」と理解不能なわけだから…。

なので、この楽しさを伝えようとする努力はもうしない!!(^_^;)

俺は今年も「本当に濃密な時間」を楽しんだ(^^) 会議に参加した他のみんなも同じだったら、うれしいなぁ…。

それだけ。

尚、旅行の全貌やドラフトの詳細については、↓頼み(^_^;)…。

http://blogs.yahoo.co.jp/akisan471021
(POG幹事であり、幼馴染でもあるF氏のブログ)

http://yfuji.cocolog-nifty.com/yfuji/
(POG参加者であり、義兄でもあるF氏のブログ)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

♪20日・30日…

ヨメ&ゆうちゃんも、他の盛岡組みも既に福島へ出発し、今仙台あたりを通過中だろうか…。

後発隊のおいらは、

♪20日・30日5%オ・フ♪なサティでの買い物を仰せつかったため、

普通に8:00過ぎに起き、
ファミマで東スポを買い、
イーバンクに入金したお金で馬券を買い、
サティでイイ値ナッ得シールをもらい…

と、全く通常の土曜日を過ごしている、
ドラフト当日の緊張感のかけらも無い(^_^;)

それにしても、
イイ値ナッ得と5%オフのコラボは庶民にはたまらないものがある。

我が家では、
おむつやおしり拭きなど、ちょっと高額な消耗品はできるだけこのタイミングで買うようにしてるし、
効果があるんだか無いんだか良く分からないが気分的に買っておきたい特保商品(ヘルシアとか黒烏龍)もこのタイミングでまとめて買う。
今日は全部で3,952円分の買い物をしたが、そこから結果的に394円値引きになっている、約1割引!!

そして、個人的にこの割引のありがたみを一番実感するのが「ガム」。いつもなら98円のガムを買うところを、あえて108円(100円未満はイイ値ナッ得が使えないため)のものを選べばNET83円(^^)

買い物に行く前に既に5,000円以上馬券で使ってるくせに、ガムの10円20円はゆずれないのだ(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

IATのNEWSにて

今度は報告メール、ありがとー(^^)

本日18時21分頃、IAT局のNEWS番組にて、ゆうちゃんと奥さんを拝見しました
カワトク九州物産展のレポです

ゆうちゃん、テレビ映りバッチリ
子役デビューが待ち遠しいです

早くも18時台にて、酔っぱらいのTOKIがお送
りしました

川徳に行ってたことすら知らなかった…(^_^;)

各メディアの皆様、子役オファーお待ちしておりますm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

りきっちょです!

久々の告知メール(^^)

告知失礼致します!

●りきっちょ、現在流れているコマーシャル、SONY『BRAVIA』の矢沢永吉さんの首から下やってます(笑)!

●全国展開、ケンタッキーフライドチキンの新作『クラッシャーズ』のイメージキャラクターやってます!
●前回のDVDはマドンナ絶賛、彼女のライブの中にその中の作品を取り入れました!これの第二段が7月29日発売!新作はむつんサーブwith Big Baby2『百鬼夜行宴戯』要チェック!

●マドンナ前座大成功でさらに力をつけたBig Babyが8月24日渋谷O-Eastでワンマンライブやります!

マドンナの前をやったかと思えば、矢沢の下も…(^_^;)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

それとも開催する(BlogPet)

きょうはさにぃと否定する?
それとも開催する?

*このエントリは、ブログペットの「さにぃ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

都南混声合唱団 第8回定期演奏会レポ

父が所属しているということで、
ゆうちゃんと二人で見に行った。

ちなみに父と母は別々の合唱団に所属している。
(二人の話から母の所属している合唱団のほうがちょっと上らしい。)

合唱を聴く専門家ではないので、技術の巧拙をどうこう言う感想はしようが無いのだが、演奏会の形としては素晴らしかったと思う。

確か昨年も同じ演奏会を見に行ったがそれと比較しても、
そして、ちょっと上とされる母の所属する合唱団の定期演奏会と比較しても、むしろこちらのほうが良かったかもしれない。

ゆうちゃんの昼食の兼ね合いで、第一部を見ることはできなかったが、

第二部の「合唱ア・ラカルト」では
♪いい日旅立ち(山口百恵)
♪世界に一つだけの花(SMAP)
♪心もよう(井上陽水)
♪あの鐘を鳴らすのはあなた(和田アキ子)
と、昭和(じゃないのもあるけど)歌謡を並べ、

二部と三部の間では、
♪君をのせて(天空の城ラピュタ)
を、会場全体とハモリ、場の雰囲気を緩めてそのまま休憩。

第三部は、
「実際に山で遭難した学生が書き残した日記とわが子を亡くした母親の手記を、朗読と合唱で進めていく曲」(プログラムより抜粋)
♪山に祈る
そもそも、死に歌をもってくることや、プロの朗読を生で挿入するあたりは、ドーピングの感が無くも無いが、金を取って(払って無いけど…)見せるならむしろこのくらいの仕掛けは欲しいところだ。泣いてた客は一人や二人ではなかったと思う。

アンコールは演目の中から一曲と誰もが知っている「大地讃頌」で大団円。

知ってる曲で懐かしみ、観客も歌うことで和み、最後泣かせてアンコールでは超定番曲という緩急つけた構成が、客を飽きさせず、楽しませたのは間違いない。そういう意味で、演奏会や発表会は高い技術や良い楽曲をただ並べるだけでは面白いものにならないという見本のような定期演奏会だった。

ホント、良いもの見ました(^^)

ちなみに、今年は撮影中にカメラが壊れ、映像をアップできない(-_-;)
でも、実際の話、特に第三部はナマで見てればこそのあの感動だったはずで、映像では伝わりきらないだろうから、そういう意味では映像は無くてもこのレポは成立していると思いたい(←負け惜しみ…)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子守の結果

ということで、
ヨメは8:00に家を出て行った。

その後、

ゆうちゃんと一緒に、
朝飯を食いながらサンデーモーニングを見た。

そして、
ゆうちゃんと一緒に、
東スポを買いに行った。

そして、
ゆうちゃんと一緒に、
競馬の予想をし、馬券を買った。

そして、
ゆうちゃんと一緒に、
いいともを見た。

そして、
ゆうちゃんと一緒に、
アッコにおまかせを見た。

そして、
ゆうちゃんと一緒に、
昼寝した。

そして、
ゆうちゃんと一緒に、
親父のコーラスの発表会を見に行った。

ワウディーに行けないことを除くと、
すっかり俺の休日のまんまだった…(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子守

来週は福島で競馬、
再来週は仙台でフミヤライブと、

俺だけが楽しいイベントが続くので、

今日はヨメを実家に帰し、
一日子守をすることにした。

さぁて、何して過ごすかなぁ…。

とりあえずリトモスに連れてくか?(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

ETC

すっかり忘れていたが、イエローハットに予約した230人待ちのETCが入荷したとの連絡があった。

案外早かったのね、福島行きにも仙台行きにも間に合ってるし…。

既出のように、中古を買って取り付けたので機能的にはもう要らないのだが、ヨメは
「花柄だ」ということと、
「きれいに取り付けてもらえる」ことに惹かれているようだ。

うーむ…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月11日 (木)

ドラフトまであと9日

前回から引き続き、POGの手引き。第2部は<早くコツコツ稼ぐ馬>編。

ドラ1で選ばれるような大物感溢れる馬がゲーム終了時までデビューすらできないリスクを抱えていることを前回検証した。

じゃぁ、夏の福島・阪神・函館で確実にデビューする馬達はどんだけ稼ぐのよ?

ってことで調べてみた。尚、今回もデータは全てTARGETにて抽出。最も端的な例として、昨年の6月21~22日(新馬戦開始の週)デビュー馬、9月13~15日(秋の中央開催開始の週)デビュー馬、今年の1月4~5日(年明け最初の週)デビュー馬を比較してみよう。

<データ①>
1月デビュー 1頭当平均出走回数4.1回 1走当平均獲得賞金132.7万円
9月デビュー 1頭当平均出走回数5.8回 1走当平均獲得賞金121.2万円
6月デビュー 1頭当平均出走回数7.1回 1走当平均獲得賞金133.3万円

着目すべきは、1走当たりの平均獲得賞金が実はほとんど変わらないという事実だ(というより、昨年のデータに限って言うと最も早くデビューする6月組のほうが平均獲得賞金が大きい)。その年度の主力が秋の中央開催で大挙してデビューするイメージ、遅れてきた大物が年明け開催に満を持してデビューするイメージは、全馬平均してしまうと正しいとは言えない。昨年の6月21日にセイウンワンダーがデビューしているように、6月デビュー組にG1馬を狙えるような馬はいないというイメージも誤りだ。

さらに平均出走回数を見ると、当然のことだが早くデビューする馬のほうがより多くのレースを使っており、各月デビューの期待値(平均出走回数x平均獲得賞金)は以下のとおりだ。

<データ②>
1月デビュー 541.8万円
9月デビュー 696.2万円
6月デビュー 940.6万円

乱暴な計算だが6月にデビューする馬は1月にデビューする馬の倍稼ぐことが期待できるということになる。

まだある。6月にデビューして、その馬が丈夫であれば、POG期間中自分の馬が断続的に出走し続けることが期待できる。ドラフトで上がったテンションも、自分の馬が
「6月も出なかった…。」
「7月も出なかった…。」
「8月も…。」では、
いくら後半に評判の期待馬達が控えているとは言ってもやはり寂しい。ゲーム序盤を楽しむためにも牡牝各1頭は早期デビュー馬を入れておきたい。

ちなみに、早期デビュー馬をどこで線引きするかだが、私は「夏の阪神・福島・函館(今年は函館改修のため札幌)でデビュー」とされている馬をチェックすることにしている。この辺は全く個人的な考え方なので人それぞれだろうが、「小倉・新潟・(例年なら札幌も)デビュー(もしくは総称して夏デビュー)」だと、実際はドラフトから2ヶ月以上先のことまで指しているわけであり、ことが馬だけに「本当ににそこでデビューするの?」と確実性を疑ってしまうのだ。

さて、ここまで早期デビュー馬の旨みを書いてきたが、そうは言っても

ブエナビスタ1頭の賞金>早期デビュー馬の平均賞金x10頭分

というのもまた事実(^_^;)。

ようは、
「4番バッターばっかり揃えて不発の時もあるし、かと言って、送りバントでコツコツ取った得点を満塁ホームランでひっくりかえされることもある」
という至極当然な話を2日間にわたって長々と説明してきたわけだ。

結論「ドラフトはバランスを考え、計画的に行いましょう」

←消費者金融?(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

ドラフトまであと10日

今回「そもそもPOGというゲーム自体が初めてだ」という二人を誘うにあたり、

「こういう本が出てるよ」とか

「こういうリストを作っておくと良いよ」とか、

まぁ事前準備に関することをメールでやり取りしている。

その中で、「ヒットやバントでコツコツ繋ぐ?」か「ホームラン狙いで振り回す?」かの傾向を説明しようと思ったものが、あまりに力作になったので(^_^;)せっかくだから記事としてアップするのが今回のネタ。ちなみに、データは全てTARGETにて抽出。

まずは<ホームラン狙い編>。

POGは端折って言えば、「来年のダービー馬を探すゲーム」だ(我々のPOGでは牝馬を5頭取ることを義務付けているので正確にはダービー馬とオークス馬を探すことになる)。

データ①は前回08年度のPOG期間における獲得賞金上位5頭である。

<データ①>

ブエナビスタ    29080万円
ロジユニヴァース  27500万円
アンライバルド   18100万円
ジョーカプチーノ  16655万円
ディアジーナ    14000万円


当然のようにG1馬(G1は対象期間中7つある)が並んでいるわけだが、とりわけ前回に関して言うと、牡馬が4つのG1を4頭で分け合ったのに対し、牝馬のほうは3つのG1をブエナビスタ1頭が独占したため、賞金的にはダービー馬ロジユニヴァースよりオークス馬ブエナビスタのほうが上位に来ている。しかも3つしかないG1を1頭が独占したということは、他の牝馬はG1をひとつも取れていないということ(当たり前)だから、こと牝馬に関してはブエナビスタを取った1人のオーナーとそれ以外のオーナーは大きく差がついたはずだ。

<データ②>
O川 308,050千円
F原康 83,600千円
K木  71,950千円
4位以下省略

データ②は08年度の我々のPOGにおける牝馬限定の獲得賞金額である。ブエナビスタのオーナーであるO川さんと次点のF原康さん(お義兄さん)ではトリプルスコア以上の差がついているのがわかる。

ならばその差を埋めるべく、セイウンワンダー、アンライバルド、ジョーカプチーノ、ロジユニヴァースら牡のG1馬を所有していたオーナーがいたのか?答えは「否」である。ドラフト終了時には「全員が自分の馬の中からG1馬がでると思っていた」にも関わらずだ(^_^;)

では、1年前に壮大なる期待を勝手に背負わされ(^_^;)、我々に指名されたのはどんな馬たちだったのか、昨年のドラフト1位指名馬の戦歴を見てみよう(データ③)。いずれも昨年の今頃は血統・厩舎・前評判などで大騒ぎされていた錚々たる顔ぶれだ。

<データ③>
ブエナビスタ     | 5- 0- 1- 0- 0- 0/ 6
アプレザンレーヴ   | 3- 0- 1- 1- 1- 0/ 6
ラヴェリータ     | 3- 0- 1- 0- 1- 2/ 7
ピースエンブレム   | 2- 1- 1- 1- 0- 2/ 7
ゼットサンサン    | 2- 1- 1- 0- 0- 2/ 6
レッドリップス    | 1- 2- 0- 0- 0- 4/ 7
フィロンルージュ   | 1- 1- 2- 0- 0- 3/ 7
テンペスタローザ   | 1- 1- 0- 0- 0- 2/ 4
ダイワバーガンディ  | 1- 0- 2- 1- 1- 4/ 9
ワールドカルティエ  | 1- 0- 2- 0- 2- 2/ 7
トゥリオンファーレ  | 1- 0- 1- 1- 0- 2/ 5
フォゲッタブル    | 1- 0- 0- 0- 2- 1/ 4
アドマイヤコブラ   | 1- 0- 0- 0- 0- 2/ 3
プラチナチャリス   | 0- 0- 0- 1- 2- 2/ 5
ミスアンコール    | 0- 0- 0- 1- 0- 2/ 3
ラブアンドピース   | 0- 0- 0- 0- 0- 1/ 1

1位指名22頭中ブエナビスタは文句なしの優等生。それこそホームランを狙って打った感じ。重賞を勝っているアプレザンレーヴもまぁ合格点。ただ、それ以外の馬はドラフト時にかけた期待を考えると想像以上に走っていないと言えないだろうか。1勝しかできなかった馬が8頭、中央未勝利の馬が3頭、さらにこの表に載ることすらできない(出走にいたらなかった)馬が4頭だ。1/3は出走できていないというこの事実。ドラ1指名だけにより大物感のある馬が指名されていると仮定すると、

「大物=デビューは遅いかも…」

という傾向・リスクはあながち否定できない。

どんなに将来天皇賞や有馬記念を勝つ馬だとしても、
ダービーまでにデビューしなければ、
POG的には全く意味が無いことを指名の際は考慮しなくてはならない(その判断が実は難しいのだが…)。

それと対極にあるのが、次回取り上げる「早くコツコツ稼ぐ馬」である。

続く…と思う?(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

ファーストソング(童子-T)(BlogPet)

あぶらずの「ファーストソング(童子-T)」のまねしてかいてみるね

レギュラーレッスンに会員のファーストソングということはこれ↓(動画に5本コンプリートする「僕のレッスンは曲と振りを楽しんでもらうレッスン」との復帰1曲目は置いといているように、全部土信田HipHop→パワーフィット→ファイドウとなって、細かいステップやリズム取りはこれ↓(動画に5本コンプリートする「

*このエントリは、ブログペットの「さにぃ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

ファーストソング(童子-T)

レギュラーレッスンに復活した土信田HipHopの復帰1曲目はこれ↓(動画にリンクしています)

http://www.youtube.com/watch?v=qFrDigc4_qM

童子-Tのファーストソングという曲だということは教えてもらったのだが、
童子-Tを知らなかったため、「どうじてぃー」とひらがなで検索してみたり(^_^;)

土信田さん自身が
「僕のレッスンは曲と振りを楽しんでもらうレッスン」
と言っているように、細かいステップやリズム取りは置いといて、とにかく一曲通した振り付けをメインに行う。
そして、振りだけでなく「曲を楽しむ」と言っているように毎度毎度その選曲がヤバイ(←若者言葉)。今回のもイーネッ!!(^^)

ちなみに、日曜のプログラムがX→リトモス→HipHop→パワーフィット→ファイドウとなっていたので、全部土信田さんがやるもんだという勘違いのもと「彼は化け物か!!」と思っていたが、HipHop後帰り支度をしている本人から「4本以上はムリ」とのお言葉をいただき、「彼もヒトだった」とちょっと安心した次第(^_^;) 逆に会員のほうに5本コンプリートする「化け物(←失礼m(__)m 該当される方、良い意味だと捉えてください)」がいそう…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

安田記念

しばらく「ワイドでコツコツ」当てに行っていたが、
ここは久々に「三連単で振り回す」レース。

なぜなら、毎度おなじみ⑰ローレルゲレイロの出番だから(^_^;)

しかも、相手は現役最高峰の2頭③ウォッカと⑥ディープスカイ。

ただ、3頭とも重馬場が良いというタイプではないため、
渋った馬場がどこまで回復するか…。

◎⑰ローレルゲレイロ
○③ウォッカ
○⑥ディープスカイ
▲⑨⑫
△①②⑱

馬券は
三連単③⑥⑰→③⑥⑰→③⑥⑨⑫⑰
ワイド⑰-①②③⑥⑨⑫⑱
迷いに迷った⑬スーパーホーネットもワイドでなら、
で⑬-⑰まで。

計38点。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

CHOO CHOOはじめました!!

「冷やし中華はじめました」
みたいな(^_^;)

今年も、CHOO CHOO TRAINを
みんなで踊るんだって。

いやぁ、嬉しいじゃないですか(^^)

何度か同じことを書いてるけど、
藤井フミヤが良く
「歌は誰かが歌い継いで行かなかったら死んでしまう」
みたいな事を言うんだよね。

だから彼は、自分の曲やチェッカーズの曲を誰かがカバーしたり、
誰かがライブやテレビで歌ったりするのをすごく喜ぶわけ。

でも、
歌はいいさ、
まだカラオケがあるもの。
知ってる曲なら誰かがどこかで歌える可能性がある。

そこへ行くと、踊りはねぇ…。

技術的なこともあるんだろうけど、
「踊り継ぐ」ってことないもんね。

「去年やったあの振り付け、も一回使お!!」
みたいなのまず無いじゃん。

そういう意味では、
このCHOO CHOOはホント稀有なケース。

そもそも、元ネタ(ZOO)の振りを数年後にほぼコピーして別なアーティスト(EXILE)がヒットさせた(+オカザイル効果も)ってことがそもそも奇跡的なこと。

おかげで、この曲は歌と同じくらい振り付けも市民権を得てる。

振り付けがここまで世間に浸透した曲って、他には
「GOLDFINGER'99」(郷ひろみ)と
「抱きしめてTONIGHT」(田原俊彦)
ぐらいだと思うぞ(^_^;)

去年100kkin'というチームで一緒に踊った保育士さんたちは、
「幼稚園では他の先生もみんな踊れるようになった」って言ってたけど、
そうやっていろんなところに「踊り継がれ」、
いつか、ゆうちゃんが
「今度CHOO CHOO TRAIN踊るよ」
なんて日が来ると嬉しいなぁ。

てことで、今年も俺の知ってる限りの振り付けを伝えます。

今回のイベントだけでなく、カラオケ・宴会・就活・婚活に
是非幅広くご活用くださいm(__)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

今日ワウディーのHIROSHI HipHopで苦戦された方々…っつーか俺へ(^_^;)

↓このビデオの2:45付近にお手本が!!
さぁ1,000回踊ってモノにしよう!!!(^_^;)

ごく最近どこかで見たフリだなぁと思ってはいたが…。

あ、ちなみにMCはHIROSHI。
「クッキーモンスター発進!!!」

| | コメント (4) | トラックバック (11)

2009年6月 2日 (火)

解約

イオンがオープンすればカードを作り、
ワウディーに入会すればカードを作り、
ガソリンスタンドでもカードを作り、
ヤマダがリニューアルすればカードを作り、

……。

作らなきゃいいだけの話なんだけど、
やれポイントだとか、
やれ年会費無料だとか、
やれキャッシュレスだとか、
いろいろ誘惑されるとつい、ね…。

ただのポイントカードならゴミにすればいいんだが、
クレジット機能付はそーいうわけにも行かない。
しかも、最初年会費無料だったものが、
いつの間にか課金されてたり。

で、今更ながらカードの整理をしようかと。

まずはいわぎんVISAだが…。

ウェブでの解約手続きは不可。

電話でオペレータに手続き依頼

いわぎんVISAが支払口座となっている取引があるうちは解約不可

hi-ho、nifty、yahoo、ウイルコム…の全ての支払口座を変更

上記確認取れ次第、退会届が送付される。

退会届に必要事項を記入し、カードとともに返送

& more…

めんどくせぇーーー!!

と、
モタモタしてたら、
今年度の年会費を引き落とされた。

あぁぁぁぁぁぁーーー(-_-;)

| | コメント (2) | トラックバック (2)

フィット(BlogPet)

さにぃがあぶらずとフィットするはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「さにぃ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »