« 全セが勝利!青木が土壇場で逆転2ラン/オールスター(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース | トップページ | 《ダンス来~る》Vol.4 など »

2009年7月25日 (土)

盛岡一 菊池好投もあと一歩…高校野球岩手大会:野球:東北:スポーツ報知

リンク: 盛岡一 菊池好投もあと一歩…高校野球岩手大会:野球:東北:スポーツ報知.

もう、昨日とか今日とかすごいのよ、周りが、

「母校頑張ったね」とか、
「惜しかったね」とか、

いやね、悪い気はしない。
よく頑張ったなとも思う。(もっとも、そう言ってくれるほとんどの人たちも戦前は「花巻東が甲子園に行ってくれれば全国制覇の夢が見れる」と思っていただろうから、実際のところは「思いがけず一高が食い下がったのでちょっとビビッた」というのが本音だろうけど)

ただ、何度もネタにしているように、
高校野球そのものにそれほど興味が無いのよ。

母校が勝ち進んでることも、
ベスト4に名前が出てくるまで知らなかったし、

花巻東の菊池雄星投手が超高校級だってのはもちろん知っているけど、それはむしろ、ヤクルトの八重樫スカウトをはじめ日米14球団ものスカウトが岩手に来ているように、「プロで通用しそうな逸材」としての興味であって、花巻東の勝ち負けとは次元の違う話。(春に菊池投手に投げ勝った清峰・今村投手は早々と地方大会で敗退したが、早速ソフトバンクがドラフト指名に名乗りを上げた。)

ただ、ここまでいろんな人から声をかけられると、
「何も知らないんで」
と、言い続けるのも政治家の言い訳みたいで嫌なので、
いっそのことマジネタとして記事にしてみようと思う。

ただ、資料は昨日今日の岩手日報とネット上の情報、試合は(生でも映像でも)1試合も見ていないという付け焼刃な知識にもとづいたものなので、まぁ中身の軽さは推して知るべしだ。

知らないことを記事にするとこうなるっていう偉大なる失敗作になるね、きっと。

では、早速。(ここからが本文 敬称は略)

野球は筋書きの無いドラマと言われる。

まぁ、どんなスポーツでも筋書きは無いのだろうが、
ルール上どんでん返しが起こりやすいのが野球であることは間違いない。と言うのも、野球は27個のアウトを取られるまで試合が終わることは無く(コールドゲームはこの際考えない)、しかも、交互に攻撃することが保障されているからだ。例えば(例えが極端だが)、サッカーで5点差をつけられている場合、負けているチームにも平等に攻撃の権利が与えられるということは無く(むしろ負けているチームは守勢に回っていると考えられる)、また、万が一攻勢に出られたとしても残り時間が3分だったりしたら、その有利な状況も時間とともに打ち切られてしまう。野球の場合、どんなに負けていたとしても、どんなに時間がかかっていようとも最後のワンアウトを取られるまでは攻撃することが認められているのだから、理論上は5点差だろうが10点差だろうが逆転することが可能だし、(さすがに10点差を9回2死からひっくり返した試合は知らないが)事実そういう試合は年に数回発生している。また、基本的に一桁台のロースコアなゲームになるスポーツなのに、複数点が入りやすいと言うのも、試合の流れが変わりやすい要因だろう。バスケやラグビーのように数十点を取り合うスポーツならいざ知らず、例えば(度々例えが極端だが)サッカーに3点シュートや満塁シュートで一挙4点なんてのが無いことを考えるといかに野球のルールは特殊かということがわかる。

これこそが、野球というゲームにどんでん返しを起こしやすくし、
「野球が筋書きの無いドラマ」と言われるゆえんである。

が、これはあくまで実力の伯仲したもの同士で戦う場合の話。
例えばプロ野球であるとか、(一応)その頂上決戦であるWBCであるとか。

逆に、高校野球のようにチーム力がはっきりしている戦いにおいては、先述の野球の特性は「強いチームにより有利に働く」ことになる。野球は「筋書きの無いドラマ」ではあるけれど、「確率のスポーツ」でもある。打率5割のチームは打率1割のチームより多分多くの点をとるだろうし、防御率1点台のチームは防御率5点台のチームより失点を低く抑えるだろう。もし、野球が1回表裏の攻防だけで、あとは延長戦のようなルールなら、打率1割で防御率5点台のチームが勝つこともあるかもしれない。だが、野球は9イニング、27のアウトを取られるまでは試合が終わらない。チーム力の高い強豪高が、仮に序盤に「偶然」劣勢を強いられたとしても、9回までにはかなりの「確率」で逆転し勝利を手にすることだろう。高校野球賭博(はやってはいけないので、そのようなゲーム)をする場合、本命サイドにベットしたほうが効率が良いことを体感している経験者は多いのではなかろうか(特に実力差の大きい地方大会の場合)。

さて、件(くだん)の決勝戦はそのチーム力の差が非常にはっきり結果に表れた、高校野球らしいゲームだったと言える。盛岡一は、調子が悪かったのか手を抜いていたのかピリッとしない菊池雄の序盤を攻め4回までに4安打を放つ。そのうち2本が連なった4回には敵失も絡み1点を先制する。

しかし、菊池雄が「ヤベッ」と思ったかどうか知らないが、あきらかにここからギアが替り、5回から9回まで5イニングを15人で斬って落とすパーフェクトピッチング。内訳が三振7、内野ゴロ7、外野に飛んだのはライトライナー1本のみだから本当に「完全に」押さえ込んだ形だ。一方で、打線は1イニング毎にチャンスを作り、「確率通り」7回に逆転することに成功する。果たして接戦にはなったが安打・盗塁・四球・三振・失策等各数値項目で上回る花巻東が結果的には「順当に」勝った決勝戦となったのだ。

ただ、結果は(県民の皆さんの期待も含みで)順当だったが、せっかく健闘した母校を特に称えるならば、失点後も一高サイドは緊張の糸を切らさず、ズルズルと崩れることもなく、点差的に引き締まった好ゲームにした点だ。さらに、このチームは大会を通して非常に残塁が少ない。ヒットが少ないからチャンスが少ないだけという見方も出来るが、少ないチャンスをかなりの確率でものにしていたことが数値から伺える(準決勝の盛岡大附戦では1試合で2安打しか打てず、決勝点となった1点は無安打でもぎ取っている)。投手の菊池達も52イニングを投げ32被安打8与四死球とランナーを全く出さない投球ではないものの失点はわずかに9(一試合平均1.5)、奪三振も42あり、ここぞの場面では要所を締めていることがわかる。個々の能力ではおそらく格上であったであろう盛岡大附を倒し、花巻東とも互角に戦えたのは、そういった自分のもてる力を大舞台の大事な場面でしっかり発揮できる「集中力」が極めて高かったということだろう。同じ高校出身なのにその力が全く俺に備わらなかったことは残念というほか無い(^_^;)

ということで、予想通り支離滅裂な文章になってしまったが、とにかく、そんな母校を倒して甲子園に進む花巻東には是非頑張って来て頂きたいし、甲子園で勝っても負けても菊池雄星君には是非その後ヤクルトで頑張っていただきたいものだ、なにとぞ一つm(__)m

最後に、激励の意味も込めて準決勝で一高に敗れた盛岡大附の熊谷主将のコメントを掲載しよう。
「チャンスでも得点できなかった。こんなチームが甲子園に行くべきではない」
一高相手に同じようにチャンスをつくりながら、2点しか奪えなかった花巻東も、全国の強豪相手からどうやって点を奪うのか? 岩手代表は現在6年連続初戦敗退中、全て打ち負けている。春の快挙で「次は日本一」と舞い上がるのは良いが、むしろ初戦の1点をどう取るのか、足元をすくわれないように…。

|

« 全セが勝利!青木が土壇場で逆転2ラン/オールスター(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース | トップページ | 《ダンス来~る》Vol.4 など »

コメント

良いねぇ、夢が膨らむ話で(^^)

由規もいるし、とりあえず、
由規&雄星で新生ロケットボーイズね!!

投稿: あぶらず | 2009年7月26日 (日) 10時43分

今年は花巻東の菊池くん
来年は早稲田の斉藤くんに来てもらいましょう。
背番号は菊池は16、斉藤は18で・・・どう?

投稿: あきさん | 2009年7月26日 (日) 09時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/45741437

この記事へのトラックバック一覧です: 盛岡一 菊池好投もあと一歩…高校野球岩手大会:野球:東北:スポーツ報知:

« 全セが勝利!青木が土壇場で逆転2ラン/オールスター(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース | トップページ | 《ダンス来~る》Vol.4 など »