« さんさと海とダンスとワタシ その2(海) | トップページ | さんさと海とダンスとワタシ その4(画像集) »

2009年8月 3日 (月)

さんさと海とダンスとワタシ その3(ダンス)

まずは、
この2ヶ月間、験Gという新しいチームを本当に辛抱強く指導していただいたRYUさん、
ありがとうございましたm(__)m

そして、
験Gのステージを見ていただいた全てのみなさん、
ありがとうございましたm(__)m

なかでも、
ワウディーメンバーでわざわざ応援に来ていただいたみなさん、遠いところ本当に
ありがとうございましたm(__)m

そして、験Gメンバーのみんな&イベントスタッフの皆さん、お世話になりました、
ありがとうございましたm(__)m

最後に、練習から打ち上げまで付き合ってくれたヨメ&ゆうちゃん、
ありがとうm(__)m

と、ひとしきり御礼を申し上げたところで、本題へ。

俺はかなりのあがり性。

普通に会社でみんなの前で何かを話すとかってのも駄目だし、ダンスで言うと、例えばワウディー内での発表会とかb-STAGEなんてのはもってのほかで、もっと日常的なところでも、KANAKOのレッスンなんかで、最後3~4人のグループに分けて、見せ合う感じのことをやるんだけど、あれも相当緊張する。

で、8/2(日)はbeach street。

RYUさんに振り付けをしてもらった新作を、
験Gという新しいメンバーで披露。

いつもなら、ド緊張の中、本番まで自分なりに追い込まなくてはならない状況だったが、先に記事にしたように、この日は「ゆうちゃんといっぱい遊ぶ」ことを優先、さらに、追い込むにしても「どこから手をつけりゃいいのかさえわからない」というできなさっぷりだったので、むしろ開き直って本番へ。

ところが、そんなこんなで「できない自分を全て受け入れて」の本番は、全く緊張することも無く、ステージの雰囲気を存分に楽しめた。いやぁー不思議(^_^;)

チェッカーズ解散後20年ぶりに復活を果たしたアブラーズの最初のライブで、ちょっとグダグダなプレイになったとき「自分が間違えてしまったせいで…」とMCで話し始めたベースのユウジに対し、サックスのナオユキが、
「大土井さん、今日披露する新作は誰も聞いたことが無いんだよ!! 『間違えた』って言わなきゃ誰も気付かないんだよ!!!」と本番中に言い放ったのをふと思い出した(^_^;)

そう、験Gというチームはこの日はじめて披露されたわけで、どんなに不安だったり間違えてたり覚えてなかったりしても堂々と踊りきってしまえば「あぁ、験Gってこういうスタイルのパフォーマンスをするんだ」と見る人は思うだけ。あとはやってる本人達が「これで良しっ!!」と満足すればいいわけだ。そういう意味で俺はもうホント大満足、だってかなり楽しかったもん(^^)

ただ、この2ヶ月間本当に一生懸命指導してくれて、本番も寝ないで見に来てくれたRYUさんが、「これで良しっ!!!」と満足してくれたかどうか…(^_^;)

|

« さんさと海とダンスとワタシ その2(海) | トップページ | さんさと海とダンスとワタシ その4(画像集) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/45823273

この記事へのトラックバック一覧です: さんさと海とダンスとワタシ その3(ダンス):

« さんさと海とダンスとワタシ その2(海) | トップページ | さんさと海とダンスとワタシ その4(画像集) »