« 諸般の事情 | トップページ | パティスリーマッフェンの長すぎプリン »

2010年1月24日 (日)

キミノキセキ(SOULHEAD)

SOULHEADと本文は全く関係無いんだけど「キセキ」と言えばということで、未だに俺の中では「冬唄No.1」のこの曲をBGMに記事を読んでいただければとm(__)m

よりバラードチックなLIVEバージョン。

さて本題。

家族で仙台に行くときは「キヨちゃん」というヨメの親友とご一緒するのが定例となっている。
女の親友同士というと片方は「一生に一度はこういう人とお付き合いしたい」というくらいの美人でもう片方は「うん、まぁ、普通?かな…」という(見た目の)スペックバランスになることがままあるが、この二人はまさしくそんな感じ(「うん、まぁ、普通?」のほうと結婚した身としては複雑だが、それはそれで俺の中ではオンリーワンなのでOKなのだ。←というフォロー(^_^;))。とにかくキヨちゃんは美人である。

で、そんな美人のキヨちゃんはご実家が泉にあるので、「ヨメの研修が終わったら泉のイオンで会おう」ということになっていた。

ところが、研修も終わり、昼飯も食い、地下鉄で駐車場まで移動しようと仙台駅のホームで電車を待っていると一際「美人オーラ」を放つ女性が。ヨメもゆうちゃんも気付かないようだったが俺のレーダーにはばっちり反応(^_^;)「あれキヨちゃんじゃね?」という一言で家族三人おずおずと近寄って行った。キヨちゃんはキヨちゃんで声をかけられるまでこちらの存在には気付いてなかったらしいが「なんか田舎から出て来たっぽい家族が私ににじりよってくるから時間でも聞かれるのかと思ってた」と言っていた。
かくして泉にいるはずのキヨちゃんと車で移動しているはずのあぶらず家は「仙台駅」の「地下鉄のホーム」でバッタリ出会ってしまったのだ。

「仙台に住んでても駅で知り合いとすれ違うことすらないのに、チコちゃん達とここで会えるなんてこれ『キセキ』だよ」とキヨちゃん。

キヨちゃん、すごくありがたいけど「あぶらず家と会う」ことごときに『キミノキセキ』を発動したらもったいないよ(^_^;)

|

« 諸般の事情 | トップページ | パティスリーマッフェンの長すぎプリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/47375271

この記事へのトラックバック一覧です: キミノキセキ(SOULHEAD):

« 諸般の事情 | トップページ | パティスリーマッフェンの長すぎプリン »