« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月28日 (日)

高松宮記念

タラ・レバを言ってもしょうがないが、ローレルゲレイロが出てたら連覇は濃厚だったかも…。

最低人気のグランプリエンゼルだってひょっとしてと思わせるメンバー構成。

◎④ショウナンカザン
○⑤トウショウカレッジ

から

ワイド④⑤-⑯⑪⑮⑬⑥③④⑤ で13点

人気の2頭が来る流れなら

◎③アルティマトゥーレ
○⑥キンシャサノキセキ

を軸に

ワイド③⑥-⑤⑦⑧⑨⑩⑪で12点。

こんだけワイド買ったらどれか当たんだろ(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽天地天然温泉「法典の湯」

ちょっと遡って、先週のバス遠足のネタ。

バス泊で最も困るのが、シャワーを浴びるタイミングが無いということ。競馬や野球観戦ならまぁ一日くらい風呂入らなくても良いかもしれないが、フミヤのライブは客の99%が女性。誰も俺のことなんざ気にしないとは言え、仕事場→バス→電車→競馬場→の流れではいかにも清潔感が無い(^_^;)

という事で船橋法典駅から徒歩10分のここ

競馬場と逆側のホームにおりるとすぐ。Cimg4621 Cimg4622

建物はそんなに大きくないが、その中には8種類のお風呂と2種類のサウナがコンパクトに配置されている(館内の画像はオフィシャルHPより)。2006_08_01houten02

  Houten20051117022006_08_01houten01_2 

特に気に入ったのが露天にある(露天だけで5種類の風呂があるのだが)かけ流しの源泉風呂。化石海水系食塩泉というらしく体ポカポカ肌ツルツルなんだって。Houten2005111802

もうひとつ、高濃度人工炭酸泉。プチプチの泡が出てるんだけど湯温は低い(39℃くらいだったかな)のに発汗量がハンパ無い。

風呂上りには小岩井牛乳。Kwhomo11

時間の都合で全てを堪能できなかったが、それでも大満足(^^)。
中山競馬場と法典の湯で一日過ごして、「横浜へ移動すんのやめようかな」と本末転倒な考えが頭をよぎるほど(^_^;)だった。マジ気持ちよかったなぁ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Happy Birthday ヨメ\(^o^)/

高松宮記念でひと勝負して美味いもん食わせてやっかんな!!(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

馬もツバメもチェッカーズも

リンク: 巨人4-1ヤクルト/試合終了 - プロ野球ニュース : nikkansports.com.

日曜日はフミヤライブ、
今日はスワローズ発進(負けたけど…)、
明後日はG1高松宮記念…。

俺の2010年がいよいよ始動って感じ(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

2010春のジーワン13連発予想コンテスト

明日締切(当日消印有効)じゃん!!!?

ってことで、ワウディー(今日は退職される中田さんのラストレッスン)に出かけるまでの30分間で突貫予想。当たる当たらないよりこういう企画はまず参加しないとね。Cimg4668

予想のポイントはローズキングダムの「無冠」。
桜花賞・オークスはペーパーオーナーとしての「祈り」(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

ウ○チっ!!!!!!??

これを書き始めた今21時06分。本当なら今頃HIROSHIのHIPHOPに出ているはずだった。

今をさかのぼること20分前、そろそろゆうちゃんを風呂から上げてワウディーへ出かけようかと、ゆうちゃんを抱きかかえた俺の視線の先に風呂ではなかなかお目にかかれないアイツがっ!!!

ウ○チっ!!!!!!??

きっと2010年最大のパニック!!!

いやぁ、ウ○チって浮くのね(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惜敗?

(この記事はあくまでも私見なので「不適切だ」とか言わないでね…。選手の皆様に対しては悪天候の中本当にお疲れ様と思っていますのでm(__)m)

フミヤのSpring Feverの余韻に浸っているうちに、岩手の春の甲子園は終わってしまったようだ。昨年は花巻東のおかげでそれこそ県内はSpring Feverだったのに。

岩手から選抜されてたことも知らなかったし、試合を見てもいないが、数字を眺めるのは好きなので新聞の数値から物申してみたい、偉そうに(^_^;)

安打数は5(相手は9)なのに残塁数は相手より多い11。ということは(自力ではなく)相手がくれたチャンスをかなりつぶしたことが伺える。三振は2つだけなのだがその三振はいずれも二死からのもので、さらに二死からのフライのアウトが4つある(27のアウトのうちフライのアウトが12)。つまり9イニング中6イニングがフライか三振で終わっている、しかも塁上にランナーがいる状況で。

そして天候は雨でかなりの不良馬場だったことが写真からは伺える。環境が悪化すると得てして本来の実力差を埋めるものである(本命より伏兵に有利に働くことが多いということ)。つまり昨日の試合では良馬場ならぶっちぎってたかもしれない中京が悪環境のせいでもたついたと見ることができる。

なのに、紙上で見る限り(夏の日本一チームに対して1点差だったという結果からか)「健闘」「惜敗」の文字が並び、果ては「盛岡大付の甲子園1勝は確実に近づいている」とか「岩手の高校野球レベルは全国に肩を並べた」風の論調だ。選手・監督のコメントも「勝ちたいと言う気持ちが足りなかった」「落ち着いてプレーできなかった」と敗因を精神論に求めるものが並んでいる。

だが、

「悪環境でもたつく王者を捉える『技術』『戦術』が無かった」
「悪天候を加味した『待球』『ゴロ打ち』の指示が徹底できなかった」
「ランナーがいる状況で『バットに当てる』『ゴロを打つ』技術が足りなかった」

というような、「技術」「戦術」の反省・向上が無ければ岩手の野球は相変わらず「野球後進国のまま」だ。

…と思うんだけど試合見てた人、どうよ?(^_^;)

ま、半世紀くらい待ってれば第二の雄星君が出現するかもしれないけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高速ライナー

今回の遠足のキモがこの高速バス。

年末BSフジイライブの帰りに使ったバスはJAMライナーという3列シート(↓の図参照)トイレ付きのちょっと高級なやつだった(日によって変動するのだろうが、その時は片道7,800円)。Ny7213m_busseatsimage

今回「より安く」をテーマに選んだのがいわゆる普通のバスのシート配列(↓の図参照)でもちろんトイレも無いこの高速ライナー。値段は片道5,000円(これでもこの会社では高めの設定、日によっては3,500円なんて時もあるらしい)。Bp505_busseatsimage

ちなみに新幹線の通常料金で片道13,840円、TYOなんかの往復宿泊付きの割安なツアーで30,000円強くらいか。交通費の価格差だけで風俗一回行けちまう(^_^;)

良い意味で予想外だったのは、普通のバスの配列でもその並んだ2席が一人に割り当てられること。2席あれば俺ぐらいの背丈なら完全に横になって寝ることが出来る。正直3列シートの高いバスのリクライニングだって完全に水平になるわけじゃないことを考えると、むしろ今回のほうが寝やすいくらいだった。ブランケットやスリッパのサービスもあるし。

最初は「40近くもなってバスで東京なんて、学生じゃあるまいし…」という気持ちもあったが、現実的に出発日の夜21:30過ぎまで会社にいたことや、朝一から中山競馬場に行きたかったことを考えると、逆にバスでなくては今回のプランは成立しなかった。っつーか、今や学生のほうが俺より金もヒマも持ってるか…(^_^;)

最大の懸念だった「トイレ無し」(一応道中2回休憩はいれてくれるが)に対しては、19:00以降何も胃に入れないという「健康診断前日」さながらの準備で対応(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

FUMIYA FUJII CONCERT TOUR 2010 Spring Fever 2010年3月21日(日) @神奈川県立県民ホール その②

まぁセットリストがどうだとか、
演出がどうだとか言ってはみたものの
今回に限ってはそんなのは些細なこと、
最大の問題?はなんと言ってもその「座席」なのだから。

↓ここだもの(^_^;)L_hall_seating_1 Cimg4663

フミヤとの距離限りなくゼロ(実際タッチもできたし)。シラフではとてもここにはいられないと、会場入り前にちょっとだけアルコールを含んでから行ったよ(^_^;)

こういうことを書いてると「(男のくせに)まだフミヤ好きなの?」と古くからの知人は言うが、むしろ同性アーティストへの憧れってその人が現役でしっかり魅せて聞かせてくれてればそうは変わらない気がする。少なくても昨日間近で見たフミヤは「50を前にしてここまで動けるか」ってくらいキレがあったしビジュアル的にも40代後半とは思えないほどかっこ良かった。さらに「聞かせる」って事に関しては、逆に年々昇華してきている感さえある。RAWGUNSやその他のアーティストとのコラボで聞かせ方の幅が広がっているのかもしれない。以前よりも「ライブで聞きたい」熱は高まってるくらいだ。

話はそれるが、男性の異性タレントへの憧れってのには結局「その人とやりたい」みたいな性の対象としての目線が少なからずあったと思うんだよね。たとえ話をすると誹謗中傷になりかねないが、俺が高校時代とかにチェッカーズ以外で見たり聞いたりそれこそコンサート行ったりしてた女性タレントたちに対しても少なからずそういう思いはあったはず。でもその人たちって今やもうそれこそ40前後の(失礼だけど)妙齢。たまにTVでその姿を拝見しても、それこそ周りの若くて綺麗な女性キャストに性的な魅力ではかなわないことが多い。「お前もおんなじだけ歳とってってんだろうが!!(怒)」という反論はごもっともだが、自分のことを棚にあげてでも男は若い女に目を向けがちなのだ(もちろん歳をとっても魅力的な女性もたくさんいます、…とフォロー(^_^;))。そうやって女としての魅力が相対的に薄れて行く過程で女性タレントのファンは「すごく歌が上手い」とか「ライブが面白い」とかを見せられなければ、「ファンでい続ける」ましてや「ライブに足を運び続ける」という行動からは離れていく。
一方で女性が男性タレントに向ける心理を俺は推し量ることが出来ないが、50近くなっていわゆる男としての魅力は全盛期ほどではなくてもフミヤにはそれを補って余りあるアーティストとしての魅力があるのか、それとも彼女達に対してフミヤは今でも全盛期の男としての魅力を発し続けているのか、それともそれともその両方なのか。その実態はともかくとして会場にあれだけの女性ファンが今でも集まってくれるからこそ毎年何かしらのツアーを開催してくれて、それに俺が乗っかることが出来てんだなぁと一番前の席から振り返って女性ファンの熱気を見たときに改めて感じたわけ、感謝感謝m(__)m

長く書いたわりにはたいしたこと言ってねぇな(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

FUMIYA FUJII CONCERT TOUR 2010 Spring Fever 2010年3月21日(日) @神奈川県立県民ホール その①

さて、今回の一人遠足の本丸、フミヤライブ。

「Spring Fever」というツアータイトルや告知段階での「歌って騒いで盛り上がれる、久々のお祭り騒ぎライブ」という口上から、ディスコチックであったりこぶし突き上げる系であったりを想像していたが、今回はフミヤ自身もMCで言ってたように「最初から最後まで『揺れて』行ってください」という横揺れのライブ。いや、このノリはこのノリで全然好きだけどね、激しすぎずゆるく揺れ続けられるという感じで。RAWGUNSに尚之とアマゾンズを加え(+マニュピレーター毛利さん)、音はシネマツアーより厚く。逆に照明やセットや演出などハード面はシンプル。

セットリストは他会場と変わってないようなのでちょっと拝借m(__)m

1.Don't you worry but...
2.SWEET GARDEN
3.BLUE MOON STONE
4.着メロ
5.ロリータ
6.Everlasting time
7.君のために
8.ZERO
9.TRUE LOVE
10.地上にない場所
11.Another Orion
12.Who are you?
13.美しき独裁者
14.トワイライト
15.DOO BEE DOO BEE"FREEDOM"
16.Can you see What I
17.FINAL VALLEY
18.タイムマシーン
EC1.君が僕を想う夜
EC2.クレイジーパラダイスへようこそ
EC3.RAILROAD

個人的なお気に入りは「Who are you?」「クレイジーパラダイスへようこそ」、そして「地上に無い場所」。「地上に無い場所」はナマで(しかも出来るだけ豪華な音で)何度でも聞きたい名バラード。「Who are you?」「クレイジーパラダイスへようこそ」はアマゾンズや尚之が前面に出ての絡みあいが楽しい。「Who are you?」はコーラスアレンジもすごくかっこよかったな。

「クレイジーパラダイスへようこそ」についてはチェッカーズ時代に一度もライブを見れなかった身として「やってくれてありがとう」という気持ちがある反面、ライブでやってくれるチェッカーズの曲がわりと固定化されているので「解散してから歌ってないけど…」ぐらいの選曲があればいいなぁなんてのはわがまますぎ?(^_^;)

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐を呼ぶ男「達」

藤井兄弟のどっちだったかは、雨男である(とファンの間でまことしやかに囁かれている)。彼らがイベントをやるときは一緒に雨やら雪やら台風やらを連れてくることが多いのだ。

だからかどうか知らないが、今回の関東圏は暴風で大変なことになっていた(全国的に笑い事じゃない事故が起こっているので、あまりふざけたことは書けないが)。

とにかくJRをはじめとする鉄道ダイヤがしっちゃかめっちゃかで、いつどの線が動きだすのかも全く読めない状況。しかも、年に一回九段下にしか行かない俺に「○○会社の××線が※間で復旧の見込みです」とか言われてもその情報をどう活用していいのかすらわからない。

特に中山競馬場への最短ルート(であろう)武蔵野線は完全にダウン。とにかく中山競馬場へという一心で船橋方面へ乗り継ぎなんとか西船橋までたどり着いたものの、そこから船橋法典までの一駅を運んでくれる電車は全く動く気配が無かった。

「待ってても無駄よ」とでも伝えるかのような電光掲示板Cimg4581

ホームからコナミスポーツが見える。待ってる間にトレッドミルでも…Cimg4582 

結局電車はあきらめたが、外は外でタクシーとバス待ちで長蛇の列。Cimg4584

バスに乗り込み何とか1Rに間に合う時間に到着Cimg4585

なのに…Cimg4589

レース開始が1時間後ろ倒しに変更され、
結局中山の現場のレースは1レースしか見れず…(-_-;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

二本足で立つ馬

もひとつ、中山競馬場ネタ。

こんなイベントやってた。

お客さんに向かって「ニカッ」ってしてみたりCimg4598
二本足で立ってみたりCimg4594
馬の上に立ってみたりCimg4596

| | コメント (0) | トラックバック (0)

曲がるエスカレーター

ここからは2泊1日+エックスと続いた一人遠足の
「おもひで」を「ぽろぽろ」と(^_^;)

中山競馬場には曲がるエスカレーターがある。初めてそれを見た俺はえらく感嘆し、「中山競馬場のエスカレーターって曲がってんだぜ、すごくね?」とヨメに土産話をした。するとヨメは一言

「それってなんか意味あんの?」だって。

そりゃあ意味あるかって言われたらお前、多分無いけどさぁ…(^_^;)Cimg4605 Cimg4603 Cimg4604

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家に着くまでが遠足です。

さながら今日の俺にとっては、
「ワウディーに着くまでが遠足」。

夜行バスで6時過ぎに盛岡駅到着後は家までテクテクと歩き、「横になったら終わりだ」とそのままセブンにイチゴサンドを買いに出掛け朝食。Cimg4654バッグの荷物をワウディー用に入れ替え9時過ぎにはワウディー入り。シャワー・歯磨きなど朝の身支度を整え、朝一のレッスン「エックス55新曲披露」へ。昨日ライブ本番では温存したツアーTシャツもここで解禁。Cimg4657

レッスン参加は実に10日以上ぶり。さすがに10日も出てなかったら周りは知らない人ばかりの浦島状態…なはずも無く(^_^;) エックスでのヘタレっぷりも相変わらずだったが、昨日のライブの名残か今日の俺は声がよく出てた…、って声の出は関係無ぇか?(^_^;)

てことでエックス出て本当に「俺の遠足全部終わったなぁ」って感じ。

やりきった!!大満足!!!\(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

二泊一日一人バス遠足(^_^;)

明日はフミヤの「スプリングフィーバーツアー」神奈川公演(^^)

なのだが、

今日どうしても仕事を休めないことやら、
b-STAGE前後からワウディーに行けてない体の緩みへの懸念やら、
ゆうちゃんの保育園入園を控えた家計の寂しさやら…、

そんな諸般の事情で
今日深夜出発→22日早朝帰還のバスで二泊一日の行程に…、
フィーバー感ゼロ(^_^;)

ただ、せっかく早朝に東京入りできるんなら横浜に直行せず中山競馬場に寄り道していこうかと。財布がフィーバーすることに期待(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちごサンド\(^o^)/

Cimg4653 最近毎日これ食ってる、美味し(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

保活

就活よりも婚活よりも、今最も難しいのは
子供を保育園に入れるための活動
「保活」だそうだ。

盛岡の「保活」がどれほど厳しいのか
ヨメがどれほど「保活」に尽力したのか
正直全く知らないが(^_^;)
ゆうちゃんがめでたく4月から保育園に通えることになった(^^)

ついこの間まで精子だったのに
半月後にはもう園児だよ、

早ぇなぁ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

贈る言葉

b-STAGEのあとは打ち上げ&チーム10代のメンバーの一人が明日東京へ発つということで送別会。

正直そこにいたメンバーの中では一番絡みが無かったので、激励コメントも上手いこと言えなかったが、

出発の前の日にみんなでステージに立って、
その打ち上げでみんなが激励のコメントをしてくれて
b-STAGEに出てないよっちゃんやまさかのRYUくんも来てくれて…

なんて送別会は人生の中でもそうそうあるもんじゃない。

この幸せな偶然は忘れないでほしいなぁ。

そんな気持ちも込めて、
実は上げ漏らしてた(^_^;)↓の映像を贈ります。

1.チーム10代

| | コメント (0) | トラックバック (0)

b-STAGE vol.6 「ほぼ」本番映像

演者の皆様、STAFFの皆様お疲れ様でしたm(__)m
そして、見に来ていただいた皆様、
本当にありがとうございましたm(__)m

では、知人が出ている演目のみですが本番さながらのゲネ映像集をどうぞ。
あ、ワウディーチームに関しては
「本番がゲネさながらだった」というナイスなご意見も頂きましたが、
それはそれで…ね(^_^;)

(プログラム順)
2.☆POP GIRLS☆

3.REAL HIPHOP JUNKIES

6.groove

9.Musical☆Train

11.Cafe au lait

12.CLASSICS

16.We makes one's choice.

17.春信-春のおとずれ-

19.エンディング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

b-STAGEセットリスト

もう今日だ(^_^;)Cimg4578

ゲネを一通り見た俺が特にオススメなのは

(プログラム順に)
1.TEAM
 (第1部) Crow
 (第2部) チーム10代

2.☆POP GIRS☆

4.Cosmic Space

そして、未だベールに包まれる18.インストラクター…

CrowとCosmic Spaceはどちらも北上の子達なんだけど、去年も一番良かった気がするな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

「ほぼ」嵐

DANCE live vol.2からの映像をあと二つ。

まずはトイズ・ファクトリー。アニメーションやるチームをナマで見ること無かったのでなんか新鮮。

そして中学生チームSPIRAL BAMBIによる嵐の「Crazy moon」

一曲丸ごとコピーする有用さを何度か書いてきてるんで、こういう曲でダンスへアプローチしてるのは嬉しかった。これ踊るために相当PV見たんじゃないかなぁ。演出で流れているPVと見比べるても動きの端々に嵐「っぽさ」が出てるでしょ。例えばポイントするときの高さや角度とか、移動のときの足の運びやタイミングとか…、これってPVのイメージが焼きついてるからだと思うんだよね。まさに「やや」ではなく「ほぼ」嵐(^^)
「フリを覚えるなら1000回踊れ、形を覚えるなら1000回見ろ」ってあながち間違ってないなと思ったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

たやっちさんのブログ

ブログでコメントのやり取りしてたとは書いたけど、肝心の先方のブログを紹介してなかった気がするので、興味のある方は是非こちらへ↓。

【かえってきた この木 なんの木 田屋ネ右樹】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

「男前にしてくださいっ!!」

ゆうちゃん語録をもうひとつ。

透け透けの白い短パンでボディシェイプをやりきった俺は再びゆうちゃんと合流し、ベルコDolceという理容室へ。

初めて入ったこの理容室で、店長のJ文字さんに放った一言がこの
「男前にしてくださいっ!!!」

教育テレビのアニメかなんかのセリフらしいけど、使いどころが(^_^;)

↓男前?Cimg4539

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「これは何色?」 「白っ!!?」

リトミックのあと一回ゆうちゃんと別れて俺はワウディーへ。

ところが痛恨のジャージ忘れ(-_-;)
Tシャツはあったのでパンツをレンタルすることにした。

…が、それは

色が真っ白な短パン、特に厚手なわけでもなく俺の黒字に柄のトランクスは透け透け。

昼で知ってる人がほとんどいないであろうことと、たまたまボディシェイプの参加者が少なそうだったことで、そのパンツを使用してのレッスン参加に踏み切ったが鏡の自分の姿を見たらもう苦笑するしか…(^_^;)

一緒に参加された皆さん、お見苦しい格好をお見せしてしまい申し訳ございませんでしたm(__)mいやホント…。

そんな辱めを受けた俺に追い討ちをかけるように木木くんが
「夜もがんばりましょう!!」と
2度目のボディシェイプに誘ってくれたけど、
ゴメン今日はホント無理、精神的に…(^_^;)

<追記>
なんだかんだ言って、結局夜のボディシェイプもしっかり参加(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「これは何色?」 「赤っ!!」 「じゃぁこれは?」

タントぉ!!!

いや、確かにママのタント「青」いけどね…(^_^;)

昼過ぎに仕事が終わったので久々にゆうちゃんのリトミックに付き添った1コマ。しかも、他の誰よりもでかい声ではっきりと答えてた。

惜しむらくはその「タント」の意味を知るのは俺とヨメのみだったってこと。俺らは大ウケでも先生や周りのお母様方はキョトンだったもん(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トレッドミル

トレッドミルのとき何を見るか(何を聞くか)って結構大事だよね。

昨日は5:30-15:30の変則シフトで16:00にはワウディー入り。

やってるレッスンはベリーダンスとジュニアのバレエだったので混ざるわけにもいかず(^_^;)珍しくジムエリアオンリーで体を動かすことに。体ブルブルさせるやつ(なんつったっけあれ?)とか腹筋とか…
そして、トレッドミル。

ちょうど救命病棟(松嶋菜々子が出てるシーズン)やってたんでそれ見ながらだったんだけど、それがまた泣き泣きの回で。テンションが上がらない上がらない(^_^;)、体より先に目から汗が出るわけ(^_^;)

木村多江とその子供の物語に泣き、
後半は旦那も子供もいない老教師が末期のすい臓ガンで一人逝ってしまう話。

(松嶋)「柏木さんは一人で逝ってしまったんです。寂しがる人も、哀しがる人も無く…。」
(江口)「一人じゃない。お前がいたじゃないか」

…ダメだ、もう走れない(^_^;)

最後は訃報を聞いて集まった教え子達の「椰子の実」合唱。

名も知らぬ 遠き島より
  流れ寄る 椰子の実一つ
   …

結局1時間トレッドミルで歩き続け、
いろんな意味でスッキリ(^^)
これはこれで「あり」か…。

今日も早上がりで夕方からワウディー入り、
地獄のボディシェイプか
泣きのトレッドミルか
悩むぅ…(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

choo choo 万能説発動!!?(^_^;)

誤解が無いように言っておくが、これは俺が無理やりゆうちゃんを引っ張って行ったって話ではない。彼女は中盤のダンスバトルのあたりから既にステージに出たがっていて、「エンディングだし…」「choo chooだし…」ってことで、ついに解き放った結果が↓である。

かくして、観客の中に知人はヨメ一人という完全アウェーのイベントのエンディングに割り込んだ、もうすぐ38歳の父と2歳の娘。ただ、周りが比較的暖かく受け入れてくれた(と思う、多分)し、ゆうちゃんも、そしてことのほかヨメが面白がってくれたのでまぁ良かったかなと(^^) あらためてchoo chooが世代と距離の壁を越えることを実感したよ。

そうそう、帰りがけに声をかけてくれた方に「盛岡から来た」と言ったら「軽石さんから教わったんですか?」と聞かれ、勢いで「そうです」と言ってしまったが(^_^;)、軽石さんのレッスンはパウの体験で一回受けたきりです、スミマセンm(__)m

さてと、レポの最後にと言っては何だが今回唯一悔いが残ったのが北上の皆さんに来週出るb-STAGEを告知できなかったこと(^_^;)

なので、ここで改めて。
DANCE Live vol.2の会場に集まった皆さん、
こちら↓もヨロシク、どうかひとつm(__)m

Cimg4504

>>>観覧チケットがローソンチケットにて2月20日の10:00から販売されます
公演名/b-STAGE vol.6
公演日/3月14日(日)
公演会場/盛岡劇場・メインホール
公演時間/①11:30 ②15:00
ローソンチケットLコード/26157
大人 \1,600(中学生以上)
子供 \800(3歳~小学生)

>>>購入方法
●ローソン店内「Loppi」にて直接購入
●インターネット・モバイルでの予約「ローチケ.com」にて予約(要会員登録)
●ローソンチケット電話予約0570-084-002(Lコード26157)※24時間自動音声対応

>>>備考
★全席指定となり購入順に前列から順に座席番号が指定されます。座席を選択して頂くことは出来ません。
★発表会参加者とKids・Jrの引率ご父兄は観覧チケットは必要ありません。
★1公演めのチケットで2公演目、2公演目のチケットで1公演目をご観覧頂くことは出来ません。
★公演会場内での撮影は出来ません。
★チケットは3歳から必要となります。3歳以下でもお座席が必要な場合はチケットが必要となります。
★チケットの半券はball体験レッスン(通常¥1000)の無料体験チケット(4月10日まで有効、お一人1回限り)となりますのでご友人をお誘い下さい。その方がご入会の場合はご紹介してくれた生徒サンにプレゼントを準備させていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DANCE Live vol.2(さくらホール 小ホール)

Cimg4531 「北上でダンスのイベントあるみたいだけどどうする?」的なことは前々からヨメに言われていた。でも「北上だし…」「日曜の夜だし…」と今ひとつネガティブな返事でうやむやにしていたのだ、今日の昼までは。

ところが土信田さんの「はむつんサーブを見かけて…」の一言で、「ナマのアニメーションを見たい!!」と一転(^_^;)。レッスン後あぶらず一家は急遽北上さくらホールへと舵を取ることになる。Cimg4518

もちろんお目当てはこの人↓。

今までもチャンスはあったのだが縁が無く、ナマで見るのは今日がはじめて。それにしてもたいしたものだ。ブログ上では何度かコメントのやり取りをさせていただいているが、今日はしっかり挨拶も出来たし、良かった良かった(^^)

さて、ここからはイベントそのものの所感。

入場料無料な上に、お茶菓子付き(^^)。椅子席も用意されてるが、しっかり暖房が効いているので床(しかもワウディーのスタジオのような床)に直座りでも全然寒くない。ご覧の通り、ビデオも写真もフリーで撮らせてくれる。ブラリと見に行くのにはサイコーなイベントだね。

あえてツッコムならそのジャンルの偏り。↓のフリーダンスバトルを見るとわかるんだけど、演者のほとんどがアニメーション系とブレイク(あとロックが少々)。

いわゆる純なHipHopダンスっぽいものとかHOUSE、ポッピン、ガールズ系の動きはほとんど無かった。見せ所も「合わせ」や「フォーメーション」や「構成」よりはソロ・フロア・アクロバティックな動きが中心。それが良いとか悪いとかじゃなくて、イベントにもいろんなスタイルやバランスがあるんだなぁって。サッカーで言うところの「個人技の南米」と「組織力の欧州」みたいなもん?違うか(^_^;)

さて、そんなイベントのセットリストはこんな感じ。Cimg4534

セットリストの最後には言わずと知れたあの曲が!!!?

……つづく(^_^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

The Battle Of...(SOULHEAD)

今月のJ-POPダンスはこの曲。(↓このアルバムに収録)

曲も良いのだが、今回はフリをかなり作りこんでいる感が…。

それについて土信田さん曰く、
「昨日、東京の新幹線ホームではむつんサーブ(りきっちょ)を見かけて、ダンス魂に火がついた」んだとか。

このコメントがその後の俺の行動を大きく変えていくことになる。

…が、つづく(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

雛人形②

Cimg4517

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

ボディシェイプ

久々に心折られたぁ、きっつーー(-_-;)

後半10分は俺にとって「亀仙人の甲羅」であるメガネをはずしてなんとか最後まで持ちこたえたけど(^_^;)

おそるべしボディシェイプ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »