« 安田記念 | トップページ | POG2010-2011ドラフト会議 »

2010年6月 7日 (月)

人生二度目の救急車

本丸のドラフト会議以外にも、盛岡麺めぐりやらオッズパークロト共同購入やら様々なお楽しみがあったツアー第一弾のPOGドラフト会議だったのに、このネタが真っ先に記事になってしまうのは痛恨の極み。…が、そのくらい俺ら夫婦にとって衝撃的な光景であったということ。

競馬場から帰ったゆうちゃんは明らかに熱っぽくちょっとぐったりしていたのでそのまま布団で横になっていた。その数分後、突然のケイレン。熱性ケイレンについてさわりの知識くらいはあったが、左半身だけがケイレンしているのを懸念して念のため119番。すぐ医大に搬送された。医大でも左半身だけがケイレンしたことについて懸念していたが、結局熱性ケイレンと診断。容態も安定したと見て22:30頃帰宅した。

ところが、深夜2:00頃二度目のケイレン。これまたさわりの知識で「熱性ケイレンが一晩に2度以上繰り返されることはマレ」と思っていただけにあわてて再度医大へ。そのまま救急病棟で夜を明かし、ゆうちゃんは現在入院手続き中。

俺ら夫婦が見ている育児書には「熱性ケイレンは5人に一人は発症する珍しくない病気で、安静にしていればケイレン後は眠りにつき熱も下がる…」とか書かれているが、ヒトがケイレンしている姿ってそういう知識を凌駕するものがある。手足はビクンッ、ビクンッと跳ねるというか弾かれてるようだったし、特に目がね。白目をひん剥いて、まぶただけピクッ、ピクッと動く、もちろん焦点なんてあってなくて、こっちの姿も声も認識していない。俺は夕方の1回目しか見てないけど、深夜の2回目も目の当たりにしたヨメは「もう2度とケイレンしてる姿は見たくない」と言ってる。本当にそうだと思う。

てことで、つどいの森こもれびの宿一泊二日の予定だったPOGドラフトツアーは、医大救急病棟での二泊目を越え、今日は医大小児病棟での三泊目へと延長中。早く治しておうちで寝ような、ゆうちゃん!!

|

« 安田記念 | トップページ | POG2010-2011ドラフト会議 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/48566316

この記事へのトラックバック一覧です: 人生二度目の救急車:

» お気に入りの掛け布団 [お気に入りの掛け布団]
このサイトは掛け布団について解説したサイトです。是非ご覧になってください。 [続きを読む]

受信: 2010年6月 7日 (月) 13時34分

« 安田記念 | トップページ | POG2010-2011ドラフト会議 »