« JBCスプリント&JBCクラシック その2 | トップページ | イージーダイエットって »

2010年11月 3日 (水)

JBCスプリント&JBCクラシック その3

JBCは2001年に創設された地方競馬最大の祭典(JBC特設サイトhttp://www.keiba.go.jp/jbc2010/index.html)である。どこが最大の祭典かっていうと、なんと一日に二つのG1(正しくはJpn1)レースをやっちゃうのだ。これはJRAでもやっていないこと。しかも、開催場所は全国の地方競馬場を毎年持ち回り。これまで大井(4回)、名古屋(2回)、盛岡、川崎、園田で実施してきている。そして今年、JBCはついに開催10年目を迎え、今回初めて会場となった船橋競馬場は競馬場開設60周年を迎える。まさにアニバーサリーな今日という日を迎えているのだ。

がしかしだ、毎年毎年毎年毎年…この記事は書いてるんだが、
地方G1に対する注目度が低すぎる!!(怒)。
JBCの予想もまともに紙面を割いてるのは我らが東スポ(←サスガ!!)ぐらい。

本当に毎年同じことを書いてるので、
去年の記事↓をコピペしちゃうぞ(^_^;)

これには、地方競馬を全く取り上げようとしないメディア(テレビ・新聞・雑誌等…)の問題もあるし、
相変わらず相互発売に非協力的(開催日ではないので物理的には難しいのだろうが)なJRAの問題もあるし、
まぁいろいろ問題はあるんだろう。

「G1のときは毎週馬券買ってるよ」と言ってる競馬ファンであっても、
実は「地方のG1は買ってない(買ったことすらない)」という人も多い。

馬券を買わないことが悪いと言ってるのではなくて、
そもそも
「今日G1が2レースもやられてるってこと」
「その馬券はオーロや水沢やテレトラックやネットで簡単に買えること」
「そのレースもオーロや水沢やテレトラックやネット(しかも無料)でリアルタイムで見れること」
をほとんどの人が知り得ないというところが問題なのだ。しかも、同じ地方競馬場をかかえている岩手県民でさえも。

てことで、
ミジンコ未満くらいの影響力だとしても、このブログでは
JBCをはじめとした地方G1についてもJRAG1と同じように触れ続けたいと思ってるし、
馬券もヨメの許す範囲で(^_^;)買って行きたいと思ってるし、
サラブレの「ジーワン17連発予想コンテスト」のようにちゃんと地方G1をG1として扱っているイベントは取り上げたり参加したりしたいと思ってる。

いつの日かまた岩手でJBCを開催する日が来るかもしれないしね。

ふじポンも
☆オーロでJBCを買う☆っていうお仕事」
で待ってる
ってよ、
もちろん予想の際は東スポをお忘れなく。←東スポの回し者?(^_^;)

|

« JBCスプリント&JBCクラシック その2 | トップページ | イージーダイエットって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/49921577

この記事へのトラックバック一覧です: JBCスプリント&JBCクラシック その3:

« JBCスプリント&JBCクラシック その2 | トップページ | イージーダイエットって »