« 競馬が変わる2011年!! その②JBCレディスクラシック | トップページ | 競馬が変わる2011年!! その④フレキシベット »

2010年12月 8日 (水)

競馬が変わる2011年!! その③中央競馬・地方競馬の勝馬投票券の相互発売の拡大

リンク: JRAのPATで交流重賞が買える! (1/2ページ) - 競馬 - SANSPO.COM.

これは2011年ではなく2012年になるらしいが…。

現在JRAのレースをネットで買う場合PATというシステムを使う。だが、このシステムでは先にあげたJBCやオーロパークで行われるG1南部杯の馬券は買えない。それらの馬券を買うにはSPAT4、オッズパーク、楽天競馬といった地方競馬独自の投票システムに加入しなくてはならないのだ。それが面倒で今まで地方のレースには手を出さなかった人も当然いることだろう。

これが、2012年からは地方の主要レース(おそらく交流重賞は全て)もPATのシステムで購入できるようになるのだ。

これには「一つの投票システムで買えるレースが増える」という馬券購入側のメリットだけでなく、「地方競馬の売上げが飛躍的に伸びる」という窮地に追い込まれている地方救済の効果も見込まれる。なぜなら現在地方競馬の投票システム加入者55万人に対し、JRAPAT利用者は309万人と6倍近い分母を持っているからだ。この309万人が地方のレースも買えるようになるのだから地方競馬の売上げ大幅増は確実と言って良いだろう。

毎年存続の可否を問われ続ける岩手競馬も来年一年を持ちこたえれば、2012年度以降少なくとも売上げはV字回復するはずだ。それを加速させるためにも交流重賞をあと1レースくらいは増やしたいところだが…。

|

« 競馬が変わる2011年!! その②JBCレディスクラシック | トップページ | 競馬が変わる2011年!! その④フレキシベット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/50249544

この記事へのトラックバック一覧です: 競馬が変わる2011年!! その③中央競馬・地方競馬の勝馬投票券の相互発売の拡大:

« 競馬が変わる2011年!! その②JBCレディスクラシック | トップページ | 競馬が変わる2011年!! その④フレキシベット »