« 邂逅 | トップページ | キュアピーチ・キュアパインがやってくる! »

2011年1月 2日 (日)

邂逅 Another Side

前の日記では久々に大学の先輩に合ったというだけの話を仰々しく記事にしたが、俺にとっての大事件は実際に会う15分前に起こっていた。

実は先にこちらに気付いたのは先輩の奥様。
プリキュア撮影会に並んでいる俺・ゆうき・りいさを見つけて声をかけてくれたのだ。

「今日は旦那も来てるんでまもなくこっちに来ますよ」と。

そして彼女は娘を連れて列の最後尾へと並びにいった。

さぁ困ったぞ。

本当に失礼な話なのだが、彼女が何者なのか全く思い出せない。

年のころは30代中盤以降、ゆうきより少し大きい娘を連れている。
いかにもワウディーにいそうな雰囲気だ、メンバーだろうか。

でも、「旦那」の話をしてたな。

旦那も俺を知ってるってことか?

ワウディーの男性ロッカールームでの着替え風景が脳裏をよぎる。

あいつか、それともこいつか…。

誰もピンと来ない。

待てよ、さんさの時に誰かの奥さんを紹介されたな。

あれは競馬仲間のT津くんだったろうか。

T津君には小さい娘もいたかもしれない。

うーむ、どうする。

間もなくっていってたから多分
もう数分で旦那もここに現れる。

誰かわからない一家が俺を囲むことになるぞ。

(↑x10回くらいの脳内会議実施)

とりあえず家にいるヨメに電話だ。

「俺を知ってるみたいな奥さんが旦那を連れてここに来るって言ってるんだけど全く思い出せないんだよ。君も知り合いかもしれないからちょっとサティまで出てきてよ」

そして、邂逅へと続くわけ。

邂逅なんて言葉を使ったけど
懐かしさや久しぶりというのより
とにかく「あぁ、知ってる人だった」と
ほっとしたというのが本音。

返す返すも奥様には大変失礼なお話で
本当に申し訳ございませんm(__)m

でも、
顔は知ってるけど名前が出てこないってことはままあるけど
どこのだれだか全く思い出せないってのは結構焦るぜぇ、マジで。

|

« 邂逅 | トップページ | キュアピーチ・キュアパインがやってくる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/50472264

この記事へのトラックバック一覧です: 邂逅 Another Side:

« 邂逅 | トップページ | キュアピーチ・キュアパインがやってくる! »