« WIN5的中!!? | トップページ | スープストックセット(Standing On The Rainbow 2011ツアー in 仙台club NeoBrotherZ) »

2011年11月19日 (土)

しこしこベイビー(Standing On The Rainbow 2011ツアー in 仙台club NeoBrotherZ)

チェッカーズアマチュア時代の楽曲。

「チェッカーズで知らない曲は無いっ!!」とうぬぼれてた(しかも25年以上)俺をこの一曲が叩きのめしてくれた、良い意味で(^_^;)。

この曲も含めアマチュア時代の音源を4曲くらい回したと思うけど、どれも「これアマチュアなの!!?」っていうレベルなんだよねぇ。残念ながら岩手のアマチュアバンドでここまでの完成度のものって聞いたことないもんなぁ、多分今後も聞くことないだろうなぁなんて思いながら聞いてた。結果的にプロでトップと言える位置まで駆け上がってるわけだからね、彼ら。

そこに付随するのかしないのか、「チェッカーズってバンドとしての世間の評価が不当に低いよなぁ」てのも改めて感じたね。当時のアイドルバンドのほとんどが(多分)ゴーストライターによる作詞作曲で、(多分)スタジオミュージシャンによるレコーディングで、(多分)ライブもカラオケだったであろうことを考えると、あれほどバラエティに富んだ楽曲を自らの手で作り、演奏してた(特に後期)のはもっと評価されても良いよなぁと。今チェッカーズがテレビで紹介されるといつもチェックの衣装で「♪ちっちゃなころから悪がきでぇ」唄ってるやつばっかりだからなぁ、もちろんそれもチェッカーズなんだけど、そのチェッカーズしか世間は知らないんだろうなぁと思うと、実にもったいない(^_^;)。

で、「しこしこベイビー」である。

タイトルから連想されるように「♪両手でしごくとなおよろしっ、Wao!!」とまぁ下ネタな曲である。チェッカーズにはこういった楽曲がチョイチョイ見られるし、彼ら自身がメディア(特にラジオ)等でセックスをネタにすることも多かった。キュートビートクラブバンドのCDでは「マサハルとセックスを3回すれば…」などと叫んでいるシーンもあったと思う。

チェッカーズしか聞かなかった時代を経て、
カラオケに行っても「チェッカーズならこうハモるんかなぁ」とか
ダンスをしてても「チェッカーズならこうリズムとるんかなぁ」とか
すっかり音に関してはチェッカーズ基準になってしまった俺だが、

当時童貞だった俺に彼らが最も影響を与えたのは音ではなく
「エロに対するおおらかさ」だったかもしれない。

おかげさま?で今や俺もすっかり真正エロおやじだ(^_^;)

ただ、俺が憧れたチェッカーズのエロさはもっとさわやかだったり色気があったりしてたはずなんだが…。D0166925_10511541

そして職質へ。笑
(http://torumaster.exblog.jp/14945774/)

|

« WIN5的中!!? | トップページ | スープストックセット(Standing On The Rainbow 2011ツアー in 仙台club NeoBrotherZ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/53279621

この記事へのトラックバック一覧です: しこしこベイビー(Standing On The Rainbow 2011ツアー in 仙台club NeoBrotherZ):

« WIN5的中!!? | トップページ | スープストックセット(Standing On The Rainbow 2011ツアー in 仙台club NeoBrotherZ) »