« たかが未勝利戦、されど… | トップページ | 蓄熱暖房機は時代遅れなのか…? »

2012年1月14日 (土)

光熱費定例?報告23年11-12月分

だんだん追跡が面倒に…(^_^;)。

まずは11月。Cimg6805

電気買代 4,183円(前年5,418円)
電気売代 12,583円(前年0円)
水道代 3,953円(前年4,971円)
ガス代 0円(前年8,295円)

光熱費計 -4,392円(前年18,684円)

で、前年比23,076円の削減。

そして12月。Cimg6804

電気買代 13,693円(前年6,415円)
電気売代 7,056円(前年0円)
水道代 3,953円(前年4,971円)
ガス代 0円(前年11,942円)

光熱費計 10,590円(前年23,328円)

で、前年比12,738円の削減。

12月になっていよいよ
光熱費がプラスに転落(言い回しが妙(^_^;))。

原因は
①雪をかぶった太陽光発電のパフォーマンス低下
②蓄熱暖房機常用
の2つ。

それでも前年比12,738円の光熱費を削減できているだけまだマシ。①②の状況がさらに顕著になる1~3月ではどんな数値が出るのか…。

ちなみに、8月以降5ヵ月間の投資効果(光熱費削減効果)は累計109千円。初期費用2,500千円回収まで残り2,391千円だ。

それにしても蓄熱暖房機の暖かさはホント想像以上。マイナス11度の朝もホンワカ(^^)。

|

« たかが未勝利戦、されど… | トップページ | 蓄熱暖房機は時代遅れなのか…? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/53730168

この記事へのトラックバック一覧です: 光熱費定例?報告23年11-12月分:

« たかが未勝利戦、されど… | トップページ | 蓄熱暖房機は時代遅れなのか…? »