« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

夜も…

幸せだ(^^)Cimg6907

| | コメント (0) | トラックバック (0)

X年に一度のHIROSHIうるう年スペシャルレッスン!本日開催!!

次回は8年後、2020年2月29日(土)開催の予定?笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝食(^^)

Cimg6894他のコンビニも追従してくれると回り道しなくても良いのだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

むしろ本物を食べたい(^_^;)

Cimg6905

| | コメント (4) | トラックバック (0)

(自称?)家電ダンサー(^_^;)の選ぶ加湿空気清浄機 その7 おまけ

買っておいて身も蓋もない話を二つほど。

まずひとつめは、加湿をメインに考えるなら実は加湿空気清浄機ではなくスチーム式の加湿器を複数台用意するほうが効果的である(かつ安い)可能性が高いということ。

加湿空気清浄機は一般的に湿度50~60%を目指すように設定されているが、購入後丸3日間稼働させているリビングの湿度は残念ながら未だに40%に満たない。カタログ上の加湿適用床面積の範囲内であるのにだ。

店員の一人が実に正直にこう指摘してくれた。「例えば20畳のリビングだと部屋のハジからハジまで10mくらいあるじゃないですか(ちなみに我が家は8m強)。単純に考えて気化された水分が10m先まで飛んでいくと思います?」と。もちろん空気は循環するので、本体周りの潤った空気がいつか部屋のハジまで回っていく可能性はあるのだが、だったら少しスペックが低くても複数台の加湿器を置いたほうが確実に湿度は上がるというのだ。現時点では彼の言っていたことが全く正論だったと認めざるを得ない(もちろん購入前よりは確実に湿度は上がっているが)。

もうひとつは、対インフルエンザへの過信は禁物ということ。

そもそもこのカテゴリーでウイルスに強いと評価されていたのはサンヨーのウイルスウォッシャー。「ウイルスを洗う者」という名前をわざわざ付けているほど対ウイルスに特化した技術だったのだが、ご存じのとおりメーカーそのものが無くなってしまった(それを吸収したパナソニックから後継機を出すという発表もない)。「サンヨーに比べたら他社の対ウイルス技術は気休め程度」というコメントも聞かれるレベルでは、現行の空気清浄機能だけでインフルエンザをはじめとするウイルスを抑え込むのは難しいのかもしれない。

ただし、ウイルスは湿度40%を切る環境で活動を活発化させるらしいので、イオンによるウイルス抑制に期待するほどの効果が無かったとしても、加湿すること自体が有効なインフルエンザ対策となる。

となると、やっぱり加湿をしっかりしなくちゃいけないってことになり、「なら加湿器を何台か買うほうが良いんじゃないですか?」という結論に(^_^;)。

俺の週末全否定みたいな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月28日 (火)

(自称?)家電ダンサー(^_^;)の選ぶ加湿空気清浄機 その6 結果発表

店名が実名だとアレなので
仮に<ヤ>と<コ>と<ケ>ということにしよう(^_^;)。

ちなみに、ブランドは指定しなかったのだがどのお店も先述した通り
パナソニックの
①VXG80
②VXG50
③VXG35
で価格提示してきた。

<ヤ>
①店頭46,800→45,400
②店頭27,800→27,800
③店頭21,800→21,800
店頭価格計96,400円から1,400円値引きし
95,000円。

<コ>
①店頭46,800→43,500
②店頭27,500→27,000
③店頭19,500→19,500
店頭価格計93,800円から3,800円値引きし
90,000円。
(「他店が下をくぐったら戻ってきてください」と名刺を渡された。テレビの時もそうだったがこの店は価格の叩き合いには滅法強い印象がある。)

<ケ>
①店頭46,800→42,000
②店頭27,800→25,000
③店頭19,800→17,000
店頭価格計94,400円から10,400円値引きし
84,000円。
さらに、まとめ買いならと
2台目を5,000円値引き!
3台目を10,000円値引き!!してもらい、
(そういうキャンペーンだったらしい)
最終的に69,000円に!!!

<ケ>圧勝!(^^)!

ちなみにこの価格
同じ商品構成を価格コム最安値で買った場合の
70,286円をも下回っているのだ(@_@)

予想以上の値引きにちょうーしに乗って
VXG35をVXG50にクラスアップ(^^)。
(さらに同じ値段でダイキンにしてくれと綱引きするも、これは失敗(^_^;))
結局77,000円でお買い上げ。

大満足&大成功(^^)

あえて言えば1,000円プラスして
1台はダイキンにしても良かったかと…
←しつこい?(^_^;)
Cimg6900

| | コメント (2) | トラックバック (0)

(自称?)家電ダンサー(^_^;)の選ぶ加湿空気清浄機 その5 戦う前から勝負は決まっていた?

プラズマクラスターのブランドに興味はない、
ダイキンは価格競争について来ない、
「じゃぁパナソニックしかないね」
これが俺と店員の真相(^_^;)。

いや、良い商品だよ。

①イオンも発生してます(ナノイー)。

②ホコリも集めます(メガキャッチャー)。

③省エネです(エコナビ)。

④静かです(シームレスドライブ)。

でもなんだかんだで今回は価格の勝利。

実は価格コムで下調べした段階では

大→パナ
中→ダイキン
小→ダイキン

になるのかなぁと想定していたのだが、

中・小とも店頭ではパナソニックが圧倒的に安く、「メーカー問わないので大中小で見積もり出してください」と言うとどの店も「パナ縛り」で出してきた(^_^;)。

まぁ値段の件は最終章に譲るとして、実際に使ってみて面白いのがメガキャッチャーのギミック。空気の汚れを察知すると本体の前面カバーが少し大げさなくらい持ち上がり「吸い取りまっせぇ」という気合を見せてくれる(^_^;)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

(自称?)家電ダンサー(^_^;)の選ぶ加湿空気清浄機 その4 光速ストリーマでいろいろ分解

むしろオンリーワンはこっちじゃないかという業務用の大手ダイキンの加湿空気清浄機。

ぶっちゃけ俺が最も欲しかったのはここのである。その特徴は…。

①光速ストリーマでフィルターに捕獲したアレル物質を分解する。
  (他社の空気清浄機は吸い込んでつかまえるところまで)

②除去できる物質にホルムアルデヒドを謳っている。

③加湿フィルターと加湿する水を除菌するので、キレイな水で加湿される。

④加湿する空気が冷たくない。

一方で懸念は

①静かなの?

②エコ(ノミー)なの?

の2点だけ。

これについてはダイキンが劣っているというわけではなく、これをウリにしている後述のパナソニックがあったというだけで重箱の隅をつついているようなもの。

じゃぁ購入に至らなかった最大の理由はと言うと…

風量5.5㎥クラスのMCK55Mをパナソニックと同価格の
25,000円にしてもらえなかったから(^_^;)。
(ダイキンに風量8.0㎥クラスは無い)

かなりのダイキン推しの店員についてもらい、販売応援のダイキンのセールスまで巻き込んで
「俺はダイキンのを買いたいんです。25,000円にしてくれたらこれ2台買います。」と訴えたのだが叶わず…。今思い返せば、店頭価格31,800円から27,000円まで下げてもらい、さらに食い下がった結果最後は26,000円まで歩み寄ってもらったんだから(最終的にパナソニックとの価格差はたった1,000円)買っときゃ良かったかと実はちょっと後悔してたりもする…(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

(自称?)家電ダンサー(^_^;)の選ぶ加湿空気清浄機 その3 プラズマクラスターはシャープだけ 

価格交渉の結果の前に主要ブランドに対する見解も少し、自称家電ダンサーなんで(^_^;)。

店頭に行けば一目瞭然だが加湿空気清浄機のカテゴリーは
シャープ・パナソニック・ダイキンの寡占状態である。

特にシャープの知名度はダントツで
「目の付け所がシャープでしょ」なんて言ってるのは昭和の人間だけ、今や
「プラズマクラスターはシャープだけ」のシャープなのである。

確かに「イオンによる除菌・脱臭(プラズマクラスター)」、「高性能HEPAフィルターの採用」と優れた商品であることは間違いない。ただ、似たような技術は他社も採用しておりもはやオンリーワンとは言い難い。極論を言うとシャープが最も優れているのはそれらの技術を「シャープだけ」と言い切ってしまうCM力なのだ(と思う)。

なので、「プラズマクラスターが欲しい人はそれで良いのでは…」としか言いようが無い(いや、良い意味で)。もはや空気清浄機=プラズマクラスターな雰囲気すらあるので「プラズマクラスター持ってる」ことがステイタスになるのかもしれないし。

ただ、そのブランド力と引き換えに価格設定は超高め。
1階用にと考えていた風量8.0㎥クラスで比較すると(価格コム最安で)
シャープ 57,800円
パナソニック 32,487円
と、約1.8倍。

仕様を比べても加湿・空清のスペックにほとんど差は無く、この差額25,313円は「プラズマクラスター」ブランドの値段としか考えられない。そして、残念ながら俺には「プラズマクラスター」の名前に25,000円を支払う甲斐性は無い…(^_^;)。

蛇足…

商品そのものと全く関係なくて迷惑な話だろうが、プラズマクラスターを設置しているワウで俺や土信田さんやぷらづまがバッタバッタとインフルで倒れているのを見てるだけに、俺の中で「プラズマクラスター神話」がすでに崩壊しているというのもシャープには逆風(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

(自称?)家電ダンサー(^_^;)の選ぶ加湿空気清浄機 その2 下調べ

量販店に向かう前に自分が買いたい商品のスペック(銘柄まで絞り込めれば尚良い)、相場を確認。

まず、LDKから和室までぶち抜いて約20畳になる1階用には
風量8.0㎥クラスのものを1台。
価格コムでの最安値はパナソニックVXG80で32,487円(価格コム平均は46,764円)だ。

そして、
12.3畳の子供部屋用には
風量5.0㎥クラスのものを1台。
価格コム最安値はダイキンMCK55Lで18,500円(平均値24,320円)。

最後にクローゼット込で8.7畳の寝室に
風量3.5㎥クラスのものを1台。
価格コム最安値は東芝KN35Xで14,580円(平均値18,850円)。

店頭で価格コム最安値を提示したところで
「価格コム価格言われても…」
と言われる(実際に口には出さないだろうが)のが落ちなので、
3台分の平均値を合計した89,934円切りを今回の目標に設定。

下調べはこんなところで、いざ店頭での価格交渉へ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

(自称?)家電ダンサー(^_^;)の選ぶ加湿空気清浄機 その1 購入動機と購入時期

加湿空気清浄機なんて興味ある人いんのかね?

まぁ、これ俺の日記だし、土日はほぼこの件で忙殺されたことを思えば書かない理由もない。ファイドウさぼってまで仕上げるべきネタかどうかははなはだ疑問ではあるが…(^_^;)。

てことで、本題。

まずは購入動機。

うるおいたい!ただそれだけ(^_^;)。

人生で初めてタミフルのお世話になり、そのインフルエンザが娘ABにもあっさり「伝染るんです。」しちゃったのも家の乾燥状態と全く無関係とは言えまい。高気密高断熱24時間換気オール電化は「湿度?なにそれ?」な仕様なのだ(なので洗濯物は室内でも良く乾く)。同じく去年家を建てた同僚は家の中を移動するときに加湿器も一緒に持ち歩いているらしい、あながち大げさな話ではない。

そして購入時期。

「加湿」空気清浄機は「加湿」できることがウリなので冬に向かう10~11月に新製品が投入される。が、残念ながらその時期購入資金が枯渇していた我が家は「一冬我慢しよう。そして、『加湿』シーズンが終わる春先に安くなったところを狙おう」作戦でこの時期を待っていた。ところがウッカリしていたことに加湿「空気清浄」機は「空気を清浄」できることもウリなのだ(^_^;)。春先に花粉が飛び始めると需要がもう一伸びするのである。早い話が「そんなに価格が下がらないうちにシーズンを終える」珍しい商品なのだ。まぁそれでもさすがに発売直後よりは価格は下がっているのだが…。

ということで、思いのほか安くはならないけどカラッカラな家で一冬過ごしてみて、「やっぱ無理だわ!」と悟ったこの時期に購入に踏み切ったというわけ。ここで「来シーズンの新製品を狙おう」なんて欲を出すと苦しんだ記憶が薄れて「もう一冬頑張っちゃう?」なんて話になりかねないし…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

2月25日(土)PM3:55~4:25めんこいテレビ『ゼロエネ住宅への挑戦』放映! その3

千田社長が喋らなさすぎたのはまぁご愛嬌としても、番組そのものがぼんやりしていたのは否めない。

例えばタイトルが「ゼロエネ住宅への挑戦」なのに、
「ゼロエネ住宅」とはなんぞや?という話がまったされなかったりとか…。

なので俺がここでやっちゃう(^_^;)。

っつーか、国土交通省がちゃんと定義してるんだけどね、こんな風に↓。

「住宅の断熱性能等の向上に資する先導的な省エネ技術の導入や再生可能エネルギーの活用等により、年間の一次エネルギー消費量が正味 概ねゼロとなる住宅。」

語弊を恐れず超短く言うと
「エネルギーを使う以上に創る家」ということ。

「使うエネルギー」を少なくするのが
断熱・気密に優れた建物や
高効率な住宅設備(LED照明、エコキュート、エアコン等)。

「創るエネルギー」をもたらすのが
太陽光発電や太陽熱温水器というわけだ。

そこで重要なのが
ゼロエネ住宅には補助金が最大165万円支払われる(予定)ということ。

そしてゼロエネ住宅の肝となる太陽光発電導入時にも1kwあたり88,000円の補助金がもらえる(盛岡市、2012年2月現在)。

例えば盛岡市で4kwの太陽光発電を搭載したゼロエネ住宅を建てると補助金が184.2万円支払われるうえに、発電して余った電力は買ってくれるということになる。

ゼロエネ住宅がエコロジーで良さげだということはなんとなくわかっちゃいるけど、ゼロエネ仕様の家を建てると200-400万円のコストアップになるとも言われてて、実際のところどーなのよ?ってみんな思ってるわけでしょ。

一方で、
「補助金は予算まで」
「売電単価は年々減額傾向」
「消費税は近々アップする見込み」
となれば、ゼロエネ住宅や太陽光は早めに着手するのにこしたことはない。

うーむ…。

そこに千田社長が登場してドンッ!と言うわけ
「今建てれば確実に得になります(ドンッ!)」
てさ。

どーよ、番組としてのわかりやすさやインパクトはこっちのほうがあると思わない?

でも、ちょっと社長のイメージや意図とずれちゃうか…(^_^;)

まぁ番組の内容はともかくとして
太陽光発電については「いつか載せようかな」と考えてるなら、「早ければ早いほど良いよ」てことだけは言っとく、いやマジで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2月25日(土)PM3:55~4:25めんこいテレビ『ゼロエネ住宅への挑戦』放映! その2

仕事から帰宅し録画してあったこの番組を見た。

千田社長…

いくらなんでも喋らなさすぎ(^_^;)

生でもないのに放送事故かと…(←失礼m(__)m)

いや、この方うちの担当営業で、
確かに喋り上手と言うよりは朴訥な感じではあったけど、
太陽光や自社の住宅品質については確固たる信念を持ってる熱い人だったのよ。

緊張してたんかなぁ…。

ここ↓では彼も「らしい」喋りを見せてるのに…

http://www.kenja.tv/index.php?c=detail&kaiinid=10859

番組としてもこっち↑のほうが断然面白い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヤンピロとともに去りぬ…

Cimg6890_2

リンク: お買い物Part1<ゴリラポッド>: 馬とツバメとチェッカーズ.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

あかりをつけましょぼんぼりに~♪

Cimg6886

無駄に躍動感のあるこんな↓ショットも(^_^;)。Cimg6874

そして、このあと悲劇が…。

つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10時のおやつは一人10円(^_^;)

Cimg6891

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月25日(土)PM3:55~4:25めんこいテレビ『ゼロエネ住宅への挑戦』放映!

リンク: 2月25日『ゼロエネ住宅への挑戦』放送です!|千田工務店の2代目日記.

我が家を建ててくれた千田工務店の
「省エネ大賞コンテスト(あぶらず家も出席)」の模様と
「ゼロエネ住宅」への取り組みが30分にわたり紹介される(らしい)。

俺が躍起になっている
「光熱費ゼロ」を飛び越えて時代は
「ゼロエネ」へ。

もちろん方向性としては望ましい取り組みなのだが、すでに家を建ててしまった身としてはその技術の進歩を指をくわえて見守るしかなく痛し痒しなところ…(^_^;)20120220240220top

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

ヤングピロシーズ新春ツアーファイナル(DANCER'S HIGH!!) その2 スペシャルゲスト!!?

!!?

土信田さん…!!?(^_^;)

映像の冒頭でリーダーとぷらづまが
「やっぱりナマのほうが良いよね♡」
「そりゃナマだよ」などと
言い合ってるのが実に卑猥な感じで良い(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

フェブラリーS

2012年最初の中央G1。そして久々に⑨武豊が悩ましい(^_^;)。

ただ、今からワウディー経由で北上に向かう日程で
レースは見れなさそう。

とりあえず買目だけ。

馬連⑩⑮-③⑦⑨⑩⑪⑬⑮⑯

WIN5
東京9R ⑨⑪
京都10R ⑨
東京10R ②⑩
京都11R ⑩
東京11R ③⑮

結局馬連もWIN5も⑨武エスポワールシチーは軽視したけど

勝っても負けても
「やっぱり武豊か…」
って言われるんだろうなぁ、今日は(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤングピロシーズ新春ツアーファイナル(DANCER'S HIGH!!)

スペシャルゲストにはSymphoNYのあのお方!フミヤのライブにおぎやはぎが来てくれたくらいのサプライズ!!←わかりづらい?(^_^;)
(↓撮影まこっちゃん、ありがとー!!)

そして、何が嬉しいって

今回出れなかったぴょんちゃんのラップがしっかりサンプリングされて再現されてたことと、同窓会でお持ち帰りされて来れないはずのぷらづまが現場にかけつけてくれたこと。

今回のヤンピロに関してはマジで思い残すこと何もねーわ。

リーダーを始めメンバーの皆様、各現場に応援に来ていただいた皆様
ありがとうございましたm(__)m

明日から気持ちも新たにCAT'S EYE踊ります(^_^;)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

ハイパー雪だるさん2012 その2  からの…

本場?のハイパー雪だるさんを見に
娘ABと安比へ。朝7:00出発(^_^;)Cimg6858

Cimg6859


…からの今からダンハイ。218dh

FACESの爆音Timeの中でも
1分で眠りにつける自信がある、今なら(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

ハイパー雪だるさん2012

仕事が16:00まで押し、ヤンピロ打ち上げは17:00スタート(先週の日曜日の話。)。

でも、「日曜日にゆきだるまを作ろう」という娘Aとの約束はなんとなくだけど絶対守らなきゃいけない気がしてた。

てことで、打ち上げに出かける前に突貫工事。Cimg6853s

Cimg6854s_2

15分後、ハイパー雪だるさん2012完成?(^_^;)Cimg6845s

一応娘Bに見せるためにあんぱんまんをねらったのだが…。

ちなみに、ハイパー雪だるさん2009はこちらCimg4191s

そして、ハイパー雪だるさん2010はこちらCimg5779s_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

2月18日(土)Dancer's High!(FACES)出演決定!!

「Dancer's High!」
♪DANCE EVENT
2月18日(土)
@FACES Mainroom 21:00~
【DANCER】ヤングピロシーズ and more...
【DJ】MASAKI / ANBAI and more...

オリジナルメンバーからヤマピー・ぴょんちゃん・ぷらづまが抜け
関口誠人が抜けたC-C-Bみたいな事になっちゃってる新生ヤンピロが、その存亡をかけて挑む渾身のステージ!!

リードボーカル抜きの6人であのネタが成立するのか!?
それとも新ネタ披露!!?
まさかのサプライズゲスト!!!?

刮目せよっ!!

にしても
ヤングピロシーズ以外のダンスチームが未発表とは…、
ワンマンショー?(^_^;)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

想い出の九十九里浜(MI-KE)

今日のカラオケは送別会の2次会ということで「(今年還暦を迎える)主賓の知ってる曲」縛り。かなり新鮮だった(^^)。そんななか俺は今回初めてご一緒した方♀とこの↑一曲。初顔合わせなのにわりとうまいことハモれてお互いがビックリ。そしてラストはまさかのサライ合唱(^^)。

で、

1/27(金) 新年会(盛岡市)…済
1/28(土) 懇親会(北上市)…済
2/3(金) 送別会(盛岡市)…済
2/5(日) 打ち上げ(盛岡市)…済
2/10(金) 歓迎会(盛岡市)…済
2/11(土) 新年会(雫石町)
2/16(木) 懇親会(雫石町)
2/18(土) 歓迎会(八幡平市)
2/18(土) ダンハイ(盛岡市)
2/24(金) 送別会(盛岡市)

と、今日でちょうどツアー(^_^;)も折り返し。

来週の
(木)森の風宿泊

(土)安比スキー&歓迎会+ダンハイのダブルヘッダー
が大きな山場となりそうだが

その前の
POG新年会(明日)は俺にとって最もお気楽なイベント(^^)。男ばっかだからどーやってお持ち帰りしようかなどと考えることもないし(^_^;)。

ふらっと行って
ふらっと食って
ふらっと呑んで
ふらっと風呂入って
ふらっと寝て
ふらっと帰るんで、

みんなよろしくね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

くノ一忍法帖 影ノ月

今日のyoutube巡りで遭遇。

忍法暴れ乳って…。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

微熱かナ(伊藤麻衣子)

微熱どころか結果インフルだったのだが…。

発症からすでに数日経過しているらしいことや、初めて飲むタミフルが激しく効いたせいで、今日は朝から35度台を連発し、今や低体温中の俺。

事情が事情なだけに家では娘ABから完全に隔離され、セカンドリビングでの寝食を強いられる始末。3度の飯はヨメがトレーにのっけて部屋先まで運んできてくれる。まるで引きこもりだ(^_^;)。

眠いわけでも、気分が悪いわけでもないのに布団に入ってなくてはならず、午前中はずっとネットを見てた。おかげで「たかみなの母」と「オセロ中島」について一瞬異常に詳しくなった。

午後からは例のサイトでエロビデオ探訪。ヨメ&娘ABが留守なので今日は音を気にすることもなく、久々にイヤホン無しでの鑑賞。去年の10大ニュースでは名前を挙げなかったが、宮間葵という女優がかなり気に入っているのでそこをじっくりフォロー。

とまぁ俺なりに病欠を満喫してはみたものの、やはり大手を振って外に出にくいというのは否定できない。今日はほっといても午後休みのシフトだったのでこのぐらいの体調なら間違いなくカーディオには出ていたはず。

昨夜から4食続いた食っちゃ寝生活+行くはずだったカーディオ回避は、体のためとはいえ「プラマイゼロ!むしろマーイ!」(byこりゃめでてーな)だ。

木曜日通常出勤からの

金曜日 送別会

土曜日 新年会

日曜日 キャッツアイ
(韻を踏んでみた(^_^;))

なシナリオで社会復帰するぜっ!!

体の緩み方次第じゃ日曜日はキャッツアイからの
ファイドウ→イージー→カーディオ→ポールのよりハードなシナリオも!!?(^_^;)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

CAT'S EYE(E-Girls)

今月の日曜HIPHOPは「土信田セレクション昭和アニソンシリーズ(^_^;)」からこの一曲。土信田さんが「今回は歌いながら踊れるやつです」と振っていたが、「歌うだけならすでに完璧」な人がほとんどだろう。あとは振り付け次第。その振り付けはJAZZHIPHOP&HOUSEで結構ハードめ。来週から入るであろうサビはキャッツアイジャンプ(^_^;)からどう繋ぐのか?期待大!!

映像はE-Girsのが見つけられないので、オリジナル→MAX→森三中の三段落ち(^_^;)でどうぞm(__)m

にしても
♪ハウス、ハウス、ハウスシチュー…
は、土信田さんにしちゃ雑だったな。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

浅野忠信&仲里依紗、16歳差熱愛現場報道 | 日テレNEWS24

リンク: 浅野忠信&仲里依紗、16歳差熱愛現場報道 | 日テレNEWS24.

うちの「りいさ」も浅野忠信クラスの彼氏を連れてきてくれると老後が安泰なのだが…(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

第7回省エネ大賞コンテスト表彰式並びに懇親会 その2

コンテストなので成績上位者の発表もあり…。

これ↓単月部門。Cimg6842s

特筆すべきは1位の人の買電金額
「316円」!!!
どういう生活したら電気代が316円になるんだ?(^_^;)
でも、2位の人も626円だからなぁ、1ヶ月1万円生活みたいのを実際にやってるんだろうか…。

ちなみにあぶらず家はひっそり50位に…(^_^;)Cimg6843s

そしてこちら↓は通年部門。Cimg6841s

1位の年間381千円プラスという数値はもちろんスゴイが、むしろ50位までの全ての方が通年の電気代ゼロ以下を達成していることのほうに希望を感じる。(今年度は通年実績が無いため対象外だった)あぶらず家も来年は通年部門上位50傑に名を連ねたいところだ。

あ、でも寒いの我慢したり、暗いの我慢したりってのは無しね。入りたい時に風呂入って、使いたい時に食洗機回して、見たい時にテレビもパソコンも見る(もちろん無駄遣いするってことでは無く)。目指せ、結果オーライッ!!な感じで(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小向美奈子にカムバック賞

ヤンピロメンバーにDVDを渡す現場を見ていたHIROSHIが
「小向美奈子っすか」
と聞いてきた。

男同士でやり取りされるDVD=小向美奈子。

そのくらいの市民権を得てるということなのだろう(…か?)。

先日発表になった「ビートたけしのエンターテイメント賞」ではAV賞そのものを5年ぶりに復活させてまでのカムバック賞選出。月間セルAVランキングでも10~12月度の3連覇中。1作目は20万本超えの売上だ。まさにAV界にとって「表彰モノ」の女優と言って良いだろう。

2作とも見てみたが「ゲーノー人が本気でAVやったらこんなに面白いのか!!」というレベル。…ってこの感想は前も書いたか(^_^;)。

そんなゲーノー人もので注目は12月度AVセルランキング2位の小松千春。まだ見れてないが、このクラス(以上)のゲーノー人がAVに流れてくるなら2012年も大いに楽しめそうだ。次なる大物ははたして…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »