« オール電化の損得勘定 | トップページ | ここから市民権を得られるか!? »

2012年8月19日 (日)

水道料金考察

水道料金についてもちょっぴり。

太陽光発電(個人的には○)、オール電化(個人的には◎)と比べ、水道料金についてはどこをどうしてどうなったかが分かりづらい。

が、現実的にほぼ毎月アパート時代より水道料金は下がっている。身も蓋もない話だが設置されている機器の能力としか言いようがない。

ちなみに一般家庭で使用される水道の使用量は以下の順なのだそうだ。

トイレ

風呂

炊事

洗濯

洗面

それに対し、

より高い節水能力のトイレ、
追い炊きできるようになった風呂、
食器洗い乾燥器


アパート時代と違うわけだから水道料金の結果としては至極順当なのかもしれない。

ちなみに、この
トイレと風呂と炊事(食器洗い)の機能向上はそのまま家事労働の軽減につながるものでもある。

その点からも次に買うべき家電は洗濯機ということになりそうだが…。

|

« オール電化の損得勘定 | トップページ | ここから市民権を得られるか!? »

コメント

2層式は2回以上洗濯機を回すなら(かつその際水を捨てないのなら)使用水量的には最強(最少)の可能性有り。乾燥機能無しを割り切れれば乾燥にかける電気もゼロ。

投稿: あぶらず | 2012年8月19日 (日) 21時56分

我が家の洗濯機は、設置条件(浴室内)から
未だに2層式。(この前壊れて新規購入)

でも、簡単な操作・洗濯+脱水の同時進行を考えると
2層式も侮れないと思うのが持論。
(洗濯量にもよるけど)

自己管理で節水しなきゃ無いのが難点かな。

投稿: mak | 2012年8月19日 (日) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/55461537

この記事へのトラックバック一覧です: 水道料金考察:

« オール電化の損得勘定 | トップページ | ここから市民権を得られるか!? »