« Aの願い事 | トップページ | タイ土産 »

2013年7月20日 (土)

さぁ、選挙に行くよ!

毎回毎回手を変え品を変え
「選挙に行こう」ネタを書いてるわけだが、

「選挙なんて行かない」
と言う人はやっぱりいる。

「どーでも良い」と思ってるんだろうけど、

競馬も
野球も
ライブも
ワウディーも
エロも
家も
家電も
仕事も
子育ても

すべてが政治の上に乗っかってるんだけどなぁ。

「誰に投票すればいいのかわからないから」って言う人もいるけど、テストじゃないんだから「誰が正解」なんて無い。

あえて言うなら
「とにかく誰かに投票することで『俺もここにいるぞ』って手を上げる」こと自体がもう正解。

政治をしている人たちに対して
「俺もいるぞ」って手を上げなかったら
俺はどんどん無視されてって

結果
大好きな

競馬も
野球も
ライブも
ワウディーも
エロも
家も
家電も
子育ても

ちょっとずつ
楽しみづらい世の中になっていく
かもしれない。

例えば平成24年12月の衆議院選挙。
20代投票率 38%
30代投票率 50%
60代投票率 75%

これじゃ、
20代30代を無視(もしくは犠牲に)してでも60代のための政治をしようとするのはむしろ当然。

ほんの2km先へ
ほんの15分
足をのばせばいいだけの話。

さぁ、選挙に行くよ!

|

« Aの願い事 | トップページ | タイ土産 »

コメント

投票率52.61%…

ネット投票解禁とか、投票所に行った人にクーポンあげるとか対処療法が言われてるけど、

根本的には親や学校が子どもに対して、選挙の意義や歴史や役割・投票方法を教える政治教育をもっとしなきゃ。そして20歳になって「初めての選挙」をしっかりケアする、そこは親の責任だと俺は思ってる。

投稿: あぶらず | 2013年7月23日 (火) 10時15分

銀河英雄伝説より

「全体の51%を取れば支配できる。51%が多数の意見で成り立つ場合、全体の26%を押さえれば、支配できる」

”目上?政治家とは、それほどえらいものかね。私たちは社会の生産に何ら寄与しているわけではない。市民が納める税金を、公正にかつ効率よく再配分するという任務を託されて、給料をもらってそれに従事しているだけの存在だ。私たちはよく言っても社会機構の寄生虫でしかないのさ。それがえらそうに見えるのは、宣伝の結果としての錯覚にすぎんよ。”

政治家を「先生」と呼ぶ輩の気が知れないが、
政治家を選んだのは自分達。
意思表示しない方には、国の方針に発言しないで欲しい。
(酔った勢いで、暴言モード^^;)

投稿: mak | 2013年7月21日 (日) 22時43分

うちは明日投票所で。
Aが自転車で行きたいみたいだから(^^)。

あきさんブログの記事興味深いね。
「若年層の投票率が1%下がった場合、(中略)若年層1人あたり年に13万5000円分の経済的不利益を受けるという計算になる」って。
棄権の代償が年13万5000円とは…!!

投稿: あぶらず | 2013年7月20日 (土) 21時15分

先ほど、期日前投票に行ってきましたよ。

投稿: あきさん | 2013年7月20日 (土) 14時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/57825203

この記事へのトラックバック一覧です: さぁ、選挙に行くよ!:

« Aの願い事 | トップページ | タイ土産 »