« ヤングピロシーズツアー2014個人的総括 後編 | トップページ | 2014年レギュラーツアー日程 »

2014年4月 3日 (木)

水道光熱費2013年度実績

こちらも年度の総括で。

買電額(円)
4月 8298
5月 4717
6月 2114
7月 2548
8月 2142
9月 2765
10月 4131
11月 9079
12月 15787
1月 23040
2月 23075
3月 18118
2013年度計 115,814円

売電額
4月 15504
5月 18624
6月 19104
7月 11712
8月 16992
9月 12528
10月 10992
11月 11040
12月 4896
1月 4320
2月 11616
3月 13296
2013年度計 150,624円

水道代(円)
4月 8133
5月
6月 8585
7月
8月 8359
9月
10月 8585
11月
12月 8359
1月
2月 8359
3月
2013年度計 50,380円

買電額115,814円-売電額150,624円+水道代50,380円
=水道光熱費2013年度計15,570円

うーん、水道光熱費年間ゼロ以下達成ならず…(-_-;)。
9月からの電気代の値上げはかなり効いた
(それでも水道を除く年間光熱費はゼロ以下)。

ついでじゃないけど、太陽光発電効果も。

売電は前述の通り
年間150,624円。

そして自家消費相当額(発電したが売らずに使った分)が
年間16,705円。

=太陽光発電効果年間計167,329円。

年度が替わると(雪が解けると?)
「太陽光どう?」
と声をかけてくれる方がちらほらでてくるが、
何年たっても答えは変わらない。

「(屋根の向き・形状が問題ない場合)しっかりした業者に適正な価格で適正な設置を4kw以上してもらえば必ず元を取れ、必ず年間光熱費はゼロ以下になり、しかも容量を増やせば増やすほど経済的なメリットは大きくなる」

家を建てた3年前には、ある程度シミュレーションできるこうしたメリットさえ懐疑的に見るハウスメーカーもあったけど、当時に比べると今は太陽光発電標準搭載を謳うメーカーも随分増え、隔世の感がある。

光熱費ゼロどころか年間エネルギーゼロ以下、
それどころか住宅ローン分を全部太陽光で賄おうなんてプランもあるくらいだもん。

|

« ヤングピロシーズツアー2014個人的総括 後編 | トップページ | 2014年レギュラーツアー日程 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/59407297

この記事へのトラックバック一覧です: 水道光熱費2013年度実績:

« ヤングピロシーズツアー2014個人的総括 後編 | トップページ | 2014年レギュラーツアー日程 »