« 蓄電池は儲からない その1 損得勘定編 | トップページ | 好発進\(^o^)/ »

2015年3月27日 (金)

蓄電池は儲からない その2 それでも欲しい蓄電池の魅力編

先の記事で書いたように
投資としては全く見合わない家庭用蓄電池。

購入の動機はもっと本質的なところに求めるべきだろう。

1.非常用電源として。

てか、そのための設備だから(^_^;)。
ちなみに先程から例に出している京セラの7.2kwhの設備で
一般的な家電使用(照明・冷蔵庫・テレビ等)に12時間耐えられる。

2.エコに暮らせるツールとして。

いわゆるピークシフトという考え方。
「昼はできるだけ電気を使わない」を
「夜貯めた電気を昼に使う」ことで実現。

3.錬金術として(^_^;)

ローンで導入すると
(先の例、26年度基準なら)
いきなり90万もの高額な補助金が手元に!!
月々の支払いをしても
まとまったお金が欲しいという人には
かなり魅力的。
ただし、決して「儲かった」わけではない(^_^;)。
余力は繰り上げ返済に回しましょう…

【まとめ】

安心とエコに
100万円…
どうする?(^_^;)

|

« 蓄電池は儲からない その1 損得勘定編 | トップページ | 好発進\(^o^)/ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/61345162

この記事へのトラックバック一覧です: 蓄電池は儲からない その2 それでも欲しい蓄電池の魅力編:

« 蓄電池は儲からない その1 損得勘定編 | トップページ | 好発進\(^o^)/ »