« 高校の文化祭? | トップページ | It's a Gloomy Monday(SEAMO×SPYAIR) »

2015年12月 5日 (土)

光冷暖の家

千田工務店さんの大槌住宅展示場
光冷暖の家に行ってきた。

道中
Img_20151205_080428

光冷暖のギミックは
本体であるラジエーターと壁や天井のクロスに
特殊なセラミックを施し、
遠赤外線のエネルギーを共鳴させ室内を暖める(夏は冷やす)というものらしいが
正直その理論をすべて理解したとは言い難い(^_^;)。

ただ、

普通に暖かい
音が全くしない
風が全くない
本体が熱くならない

のは間違いなく体感できた。

たった2機の本体で35坪程度はあると思われる
家全体を暖めきっているのは
正直(良い意味で)ショックでさえあった。
だってこの家にはエアコンも蓄暖も
もちろんファンヒーターや石油ストーブも無いのだ。

1階リビング。蓄暖やエアコンは設置されていない。Img_20151205_101914

その一方で
粗探しレベルだが懸念も無いわけではない。

まず筐体がかなりでかい(^_^;)。

このサイズ。
Img_20151205_112811

しかも先述の仕様上、
壁や天井へ張り付けるよりは
ある程度空間の真ん中に設置するのが望ましいと思われるスタイル。

このデカブツを
インテリアとしてもしくは間仕切りとして
どこにどう配置するのか
間取り・設計の段階から考える必要があるかもしれない。

そしてもう一つは極寒の盛岡でも
この暖かさを得られるのか?という懸念だ。
なにせ大槌と盛岡では外気温で4℃前後の差があるのだから。
ただ、
これについてはもう是非どなたかが
盛岡で空調は光冷暖のみというお家を建てて
真冬に私を招待して証明していただくしかないけれど(^_^;)。

そんな粗さがしはしてみたものの、
我が家だったらどこに設置しようかなぁと
思わず妄想してしまうほど
魅力的な「光冷暖」。

今後どれだけ浸透していくか
楽しみな技術である。

リンク: 千田工務店を選ぶ理由-千田工務店[オフィシャルサイト]スマートハウス+ゼロエネルギー住宅+長期優良住宅,太陽光発電|岩手県北上市.

|

« 高校の文化祭? | トップページ | It's a Gloomy Monday(SEAMO×SPYAIR) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109210/62849523

この記事へのトラックバック一覧です: 光冷暖の家:

« 高校の文化祭? | トップページ | It's a Gloomy Monday(SEAMO×SPYAIR) »